プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2010年11月25日

両 立

両 立
  {フィレンツェ ポンテベッキオ にて}

 
空手とボディビルの両立は、非常に難しい。

空手の動きは、スピード、スタミナ、パワー、瞬発力が要求されるのに対し、
ボディビルは、でかさとバランスが要求される。

この両者では、使う筋肉の質が相反するのである。

さらに、何が難しいかというと、ボディビルの場合は、部分的高負荷トレーニングを行うので、
いつもどこかの部位が強い筋肉痛に見舞われるが、
日ごとにトレーニングの部位を変えていくことで、問題はない。

しかし、空手の稽古では、常に全身の筋肉を一体化させて使うために、
部分的に極度な筋肉痛が残っているといい動きが悪くなるというか痛い。

痛い=動かないで、という体の指令だとすると、それを鞭打って動かすことで、
せっかく筋破壊されてでかくなろうとする筋肉もスピーディーな
エネルギー消費の高い動きにより、でかくなりきれないでいるような気もする。

また、空手の稽古が控えていると思うと、限界越えの高負荷チャレンジを躊躇してしまうのだ。

ボディビルでは、あくまでの自分のペースで痛いとこや痛めてるところは、
避けながらトレーニングスケジュールを立てることができるが、
空手の場合は、相手があるので、自分のペースでというわけにはなかなかいかない。

社会人が仕事を持ちながら続けるには、フルコン空手は、かなりリスクが高いようだ。

その点ボディビルは、空手よりはるかに社会人向けの競技といえる。

この相反する競技の両立法を僕は、今模索中である。

筋肉隆々のナイスマッチョで黒帯を締める。

意外と難しいテーマなのである。

同じカテゴリー(格闘技)の記事
稽古納め
稽古納め(2010-12-23 03:25)

弱点の強化
弱点の強化(2010-12-06 11:35)

千本稽古
千本稽古(2010-12-03 18:26)

黒帯への道
黒帯への道(2010-11-17 23:09)

一人は弱い。
一人は弱い。(2010-11-15 22:44)

柔軟性
柔軟性(2010-08-17 18:02)

Posted by ゼモグループ at 22:09│Comments(0)格闘技
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。