プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2009年05月19日

一富士二鷹三茄子

そういえば、昨日のBDの朝は、鷹の雛を飼っている夢をみたぞ!

と言う事で、今日は、ことわざのお勉強!

「一富士二鷹三茄子」は昔からのことわざで、
夢に見るものの中でめでたいものの順番を指すことばです。
とくにお正月の初夢でこれらを見ると大変縁起が良いといわれてきました。

一番の富士山は日本最高峰の霊山、二番の鷹は、鷲とともに鳥の王者。
ですからめでたいのは当然ですが、ではなぜ三番目が茄子なのでしょう?

このことわざは江戸時代の初めごろから言われてきたようです。
このことわざの説明として次の三つが挙げられています。
 
 1.駿河国(するがのくに・今の静岡県中央部)の名物を順にあげた。

 2.徳川家康が、自分の住んだ駿河国の高いものを順にあげた。
   鷹は鳥ではなく、富士山の近くにある愛鷹山(あしたかやま)のこと、
   茄子は初物(はつもの・その年の最初の収穫品)の値段の高さをいう。

 3.富士山は高くて大きく、鷹はつかみ取る、茄子は「成す」に通じて縁起が良い。

と言う事で、43歳のBD早々に縁起のいい夢を見たもんだ。
しかし、今日は、インフルエンザで世間で異常な事態が発生したり、
兄貴の裁判の初公判があったりと縁起がいいのか悪いのか?

行楽地の飲食は、ガタガタ状態と利くが、当店は、
ローカルだけに営業はさほど変わりなくのんびり、
大口の出前がぽつぽつ入るのは、インフルエンザ経済効果なのかしら?

同じカテゴリー(教育)の記事
アンソニーロビンス
アンソニーロビンス(2014-04-12 22:05)

怒り!第2弾
怒り!第2弾(2014-03-03 09:45)

雨
(2014-02-14 23:25)

夏の思い出
夏の思い出(2010-08-24 21:41)

残 暑
残 暑(2010-08-18 20:59)

叱 る。
叱 る。(2010-08-12 18:00)

Posted by ゼモグループ at 18:11│Comments(0)教育
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。