プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2008年10月29日

渡り蟹

ついに来たガ二! 国産渡り蟹 メス。

子がパンパンに詰まった生きた上物である。

活け物であることがとても重要。死んでしまったものを茹でるのよりも数倍うまい。

値段も非常に高い。

スーパーなどで売られている安いものは、ほとんど輸入の冷凍ものである。

渡り蟹は、北海道から九州まで棲息。

今のようにタラバガニやズワイガニが食卓をにぎわすようになったのは最近の事で、
僕が子供の頃は、かにといえば、国産の渡り蟹が主流で、
もっとも普通の食用ガニであった。

今や国産物は、あまりとれないために影が薄くなったのであるが、まことにうまいカニである。

ケガニやズワイガニにはない、絹のような滑らかな身質であり、上品な甘みがある。
ミソや内子(卵巣)のうまさも、こ〜りゃたまらんのである。

甲羅のスミにびっしり詰まった子をほじくりだして食べるのが格別である。

これを活けのまま当店名物の「あそこ鍋」に入れる。
醤油仕立てのおだしにカニミソが溶け込むとなんとも言えない風味とコクをかもし出すのだ。

百聞は、一味にしかず。一度、ご賞味あれ!。

後の雑炊は、もうカん二ん!して、というほど旨いよ!

同じカテゴリー(料理)の記事
久々のカレー
久々のカレー(2018-03-28 21:43)

スキル
スキル(2014-03-20 12:23)

和職人
和職人(2014-03-15 17:11)

一人前の料理人
一人前の料理人(2014-03-13 19:36)

特製カレー
特製カレー(2012-04-23 23:53)

ほていうお
ほていうお(2012-03-11 21:12)

Posted by ゼモグループ at 21:00│Comments(0)料理
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。