プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2008年08月09日

男の三悪+2悪

俗に「飲む、打つ、買う」を昔から男の三悪という。
30歳くらいまでにこの三悪について悪い癖を身につけると一生引きづることになる。

現代は、この三悪に加え、「DV、篭り」が出て来ている。

僕なりの解説は、こうである。

飲む=酒は、飲んでも飲まれるな!酒におぼれる典型的なタイプは、小心、神経質である。
アルコールがもたらす覚醒作用の中に自分を投じた時に普段出せない自分を出せる。
そんな瞬間にストレスの発散を見出してしまうのである。
趣味などのストレスの発散法を身に着けていない教養の低い人間に多いのが、
酒に飲まれるアル中タイプである。
また、身体能力における肝機能が丈夫な人ほど、アル中になりやすい。

ちなみに僕は、人並み程度に十分飲めるが、
肝機能が弱いのか、酔うとところかまわず、寝てしまう。
先輩に座って5万円取られる高級クラブに連れて行ってもらって、
美女が横に座っても、しばらくして酔ってくると座ったまま寝てしまう。
「お前は、2度と連れて行かん!」と良く叱られたもんだ。

打つ=昔の博打は、一角千金を夢見て傾倒し、おぼれ、破滅する人間が多かったみたいだが、
最近の人は、娯楽のひとつとしてうまく遊びに取り入れている。
しかし、博打で身を持ち崩す人間は、後を絶たないようだ。
博打は、賭け遊びである。儲けようと思った瞬間に仕事となる。
博打を仕事と認識した瞬間に破滅が始まる。

僕はと言うと、遊びのパチンコを数回、
それも1000円まででした程度と海外で遊びで少しした程度。
他の博打は、一切したことがない。

博打は、したらあかんが、僕の信条だ。

買う=世のもてない君のためには、なくてはならないシステムであると思う。
男は女を求めるように神様が創ったから、ある意味必要悪であると思う。
自分の甲斐性でやれるほどほどをわきまえるべきである。
僕はと言うと、若き頃、社会勉強と称して、先輩に連れてもらった程度。
また行きたいとは、思わなかった。
愛のない性行為に何の興味もない。

DV=男は、女を守るために女より強い力を神が与えた。
これをする男は、問題外である。

篭り=高齢化社会の産物として親の過保護が生み出した悪である。
これは、子の責任ではない。明らかに親の責任である。
男の引き篭もりが増えていると聞くが、情けない話である。

世の中にある、甘い誘惑と目先の快楽。

三悪をうまく消化して行くのが、男の身だしなみである。

同じカテゴリー(教訓)の記事
知らぬが仏
知らぬが仏(2017-03-01 01:12)

謙虚と感謝
謙虚と感謝(2016-03-31 14:08)

冷めたコーヒー
冷めたコーヒー(2016-02-24 16:42)

罪なき鳩達
罪なき鳩達(2016-02-16 20:25)

言葉の重み
言葉の重み(2015-03-19 04:13)

サービスの心得
サービスの心得(2014-03-03 00:23)

Posted by ゼモグループ at 20:28│Comments(0)教訓
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。