プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2008年05月05日

こどもの日

今日は、子供の日である。

店の裏に出ると、マンションのベランダから
こいのぼりが泳いでいるのを見つけて改めて気づく。

子供へのサプライズを何も考えていなかったので、
急遽、今日は、お子様全員に食後のアイスクリームをサービスすることにした。

少子化で年々、子供が街から減り、高齢者ばかりになってきているのは、
統計上ではなく、地域で商売をしているとひしひしと感じる。

放課後の公園やグランドにも子供の姿はほとんどない。

僕の時代では、皆、野球少年だったから、放課後は、
グランドのいい場所をとるのに授業が終わるとグランドまで必死で駆けたもんだ。

3年前から、ついに平成生まれが、社会人デビューを果たし、
我々は、昭和の人間になってしまった。

昭和の人間として、平成の若者や子供達に何を伝えていけるのだろうか?

今の子達(35歳代以前)を見ていて根本的に難しいと思うところがひとつある。

それは、成功の喜びを実感としてあまり知らないということだ。

僕の世代の両親は、昭和の高度成長期の真っ只中にあり、
周りの人は、大半が、がんばれって働き、成功して、
豊かになったり、幸福を手に入れてきた。

社会に出たときは、まだバブル景気の最中で夢を持つ事が許されていた。

しかし、今の子達は、社会に出る前にバブルがはじけ、がんばって働いても会社が倒産。

せっかく手につけた職も機械化で不要、リストラなど、
成功より失敗や挫折の多くを目の当たりに見てきている。

だから、夢を抱いたり、もっと稼ぎたい、稼げる。とか
社会で成功したい、社長になりたい、店を持ちたいとかを具体的にイメージ出来ないようだ。

飲食店は、若いアルバイトを戦力化していかないといけないという課題がある中で、
この問題については、世代間のいろんなギャップを感じながら、
どこまで、職場が教えなあかんねんとジレンマに陥りながら
日々を過ごしている今日この頃である。

以前は、親のしつけに問題ありきとも思ったが、
社会背景が人間を作る要素も非常に大きいいとも最近は、思えるのだ。

同じカテゴリー(教育)の記事
アンソニーロビンス
アンソニーロビンス(2014-04-12 22:05)

怒り!第2弾
怒り!第2弾(2014-03-03 09:45)

雨
(2014-02-14 23:25)

夏の思い出
夏の思い出(2010-08-24 21:41)

残 暑
残 暑(2010-08-18 20:59)

叱 る。
叱 る。(2010-08-12 18:00)

Posted by ゼモグループ at 21:22│Comments(0)教育
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。