プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2008年04月24日

天然とらふぐ

今日は、久々に天然のふぐが入ってきた。

そろそろふぐもオフシーズンなので、市場であぶれた3尾を格安で買えた。

少し、皮に傷があるが、まったく問題ない。

ところが、腹を割ると白子と真子の両方が入っているではないか!

いわゆる両性である。

ふぐは、両生類ではないが、たまに両性の物がある。
とらふぐの場合、白子は、食べれるが、真子は、毒があり食べれないとされているのだが、
果たしてこの両性のふぐの白子は、食べても大丈夫なのだろうか?

もしものことがあったら、大変なので客に出すのは控えるが、
自分で食す勇気も少しないが、試したい。

もし、明日以降のブログが途切れたら、僕は、ふぐ毒に当たったものと思ってくださいまし。

同じカテゴリー(その他)の記事
東京のすし屋
東京のすし屋(2012-08-10 16:28)

ブログ4周年
ブログ4周年(2011-10-22 00:28)

天神宵山
天神宵山(2011-07-24 17:30)

水の都計画
水の都計画(2011-07-03 22:50)

あほくさい国会
あほくさい国会(2011-04-18 18:33)

Posted by ゼモグループ at 20:11│Comments(0)その他
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。