プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2008年03月08日

運命

「運命」を辞書で調べてみますと、
超自然的な力に支配されて、人の上に訪れるめぐりあわせ。
天命によって定められた人の運。とある。

僕は、50歳になると仕事の人生に第1幕を下ろす予定である。(後8年)
僕は30歳まで運命の糸に引っ張られ、今の仕事をがむしゃらにやってきた。

運良く、成功し、30歳からは、自分の人生の一部として仕事を大切にしてきた。

今日は、運命について考えてみる。

   人生を支える6本の柱。

仕事、家庭、健康、趣味、財産、教養

人生と言うものは、この6本の柱のバランスでなり立つ。

世間には、いろんな人がいて、
金儲けはうまいが無趣味で使い方を知らない、とか。
遊ぶのは、好きだけど、まじめに働かない、とか。
教養は高いが、家庭は、バラバラ。とか。
働きすぎで、健康を害している、とか。

色々いてる。が、どれも幸せとはいえん。

人は、必ず、自分を振り返る出来事と直面することが、
人生に中で何度か有る。

僕は、そのときに、いつもこの6本の柱と照らし
合わせて考え行動してきた。

そして、答えを見つけてきた。

6本の柱を作る大切な土台は、人間性である。
逆に人間性は、この6本の柱を通じて形成される。

人間性の向上は、1日の大半の時間を過ごす仕事の中で作られる場合が多い。

仕事を生活(お金)の手段と考えているうちは、人間性の向上はない。

目先の待遇やギャランティーで仕事を選んでいるうちは、
仕事を通じて得られる人間性の向上はない。

自分自身が、6本の柱をバランスよく構築していける
人間になるために、仕事を自己の人間性を向上させるための
教材と認識できなければ、仕事は、つらいだけの何者でもない。

趣味も人間性の向上に役立つものでなければならない。

健康は、健全な精神を保つために自分で守らなければならない。

教養は、人間性の向上に大切な要素である。
何も一流大学に行くだけが教養ではない。
今、このブログからでも何か学ぼうとする心が教養を育てる。

家庭は、人間性の畑です。時間をかけて根気良く耕さないといい実は実らないでしょう。

財産は、人間性の向上の副産物であるべきです。
しかし、その構築を強くイメージして生活しないといけません。

今の自分の運命を変えたければ、自分の人間性を変えるしかない。
運命というのは、自分で切り開くもの。
まず、切り開くべき部分は、自己の人間性である。

そして、その切り開いた運命の結果もやっぱり
超自然的な力に支配されて、人の上に訪れるめぐりあわせ。
なんだろうな。

人生あっという間、宇宙の営みに比べれば、夢、幻のごとくなり。
楽しくやらなきゃ〜〜損、だけど、

この人生の6本の柱を少しでもイメージしながら
生活すると楽しさも倍増、安定していく事でしょうよ。

同じカテゴリー(教育)の記事
アンソニーロビンス
アンソニーロビンス(2014-04-12 22:05)

怒り!第2弾
怒り!第2弾(2014-03-03 09:45)

雨
(2014-02-14 23:25)

夏の思い出
夏の思い出(2010-08-24 21:41)

残 暑
残 暑(2010-08-18 20:59)

叱 る。
叱 る。(2010-08-12 18:00)

Posted by ゼモグループ at 04:40│Comments(0)教育
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。