プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2016年10月22日

サンフランシスコ 初日

生涯4度目のアメリカ上陸は、サンフランシスコです。

ここは、学生時代の友人との貧乏旅行で1度サラッと訪れたが、何をしたかの記憶はほとんどない。

ゴールデンゲートブリッジを歩いて渡り、疲れたので、帰りは、観光バスをヒッチハイク、
途中下車で海洋博物館に立ち寄り、堀江憲一が太平洋を横断した時のあまりにも小さなヨットに驚いたことだけは、記憶にある。

どうやら、僕は、楽しい、きれい、うれしい事より、辛い、しんどい、ドラマ性のあるものが好きのようだ。

人間は、楽しい事よりしんどい事、危機を感じたことのほうが、防衛生命本能が働きよく記憶しておけるもののようだ。

同じ危機にあわないようにと、記憶回路の強度を本能的増してくれるんですね。

だから、楽で楽しい経験より、辛く、辛どい経験の方が、後の人生には役立つんですね。。

今日は、17時に関空を出て、サンフランシスコまで9時間30分、、
地球の自転を追いかける飛行なので、シスコ到着は、同じ日の10時、以外にあっという間についた。。

飛行機慣れしてきているせいか、西海岸は、そう遠くはないと感じる。

機内では、僕に不足している4つの原型のひとつ、恋人を増やすために、愛の映画を鑑賞した。

普段は、アクション系が好きで愛の映画は、まず選択しない僕だが、ここでもジェームズセミナーの教訓が生きている。

空港からレンタカーを借りるが、ほとんど何も調べずにきたので、レンタカーカウンターまでもひと苦労。

レンタルは、以外とスムーズにいき、いざ左ハンドル、右側通行の運転へ。

車は、真っ赤なモスタングのオープンカーを予約したが、並んでるとこに無かったので、屋根付きに変更。。

配車は、実に適当で、あんたは、この辺からどれでもいいから持って行きなさいみたいな感じで、カギも車に入れてある。

駐車場出口でしっかりセキュリティーされてる様で、車を決めてから、はいあんたのは、この車ね。。
見たいな感じで、キズやヘコミなどの相互チェックもなし。

簡単でいいが、事故ったときはどうなるんやろ??

たぶんその辺もサラッと処理されていきそうなアメリカンスタイルである。

慣れないスポーツカー、道路、交通ルールにナビ頼りの運転は、かなり神経を使う。。

今日は、運転は、ホテル止まりで、散策は、ひたすら徒歩とする。

さすがに部屋につくと睡魔、僕の体内時計は徹夜明けの深夜をさしている。

時差ボケ予防に根性で起きとこうとしたが、ベットに横たわるとそのまま睡魔に犯される。

起きると夕方、気を取り直して、徒歩の装備をして、いざ、フィッシャーマンズワーフへ、
ナビでは、1時間くらいとでいたので、へのカッパやと思い、出発したが、そうは、シスコは許さない。

僕のホテルからワーフまでは、丁度シスコ名物のアップダウンを上り下りするコースだったのだ。

大阪で言うちんちん電車のようなケーブルカーを脇目にしながら、歩きにこだわる。

街の観光は、断然歩く方が面白いからだ、疲れたら電車は、いつでも乗れる。。

ユニオンスクエアー周辺を離れるとチャイナタウンのあと、少し閑静な住宅街に突入、
それを越えると浜の潮風の香りとともにバンドの音が聞こえてくる。

港の向こうには、アルカトラズ島も出迎えてくれる、そこは、シスコの有名なフィッシャーマンズワォーフ。

お目当ては、やっぱりシーフード。

炭水化物をはねた機内食からなにも食べていなかったので、小腹が空いている。

店頭でカニやエビを茹でて、そのまま喰わすレストランが、並んでいる中から、
かにのサバキと風貌が熟練してそうなおやじの店を選ぶ。

一人なので、色々は無理なので、今日は、カニ1本に絞る。。

ここの名物がには、ダンジネスクラブ(アメリカイチョウガニ)ボイルしただけのシンプルなカニ1杯に、
クラムチャウダースープが少しついて、3700円、ビール600円とTAX、チップなどで、
ひとり5000円くらいでカニを堪能した。

急勾配の坂を含んでもう3時間くらいウロウロしたので、そろそろ足がはってきた。
帰りもがんばって歩こうと決意したが、先にそびえる坂というか、山やな、をみると悪魔が、電車に乗れとささやいた。

グッドタイミングでケーブルカーが僕の前に停まるではないか、これは、天使のお導きだと素早く飛び乗る。。

金は、どうやって払うのかも知らず、車掌に聞くと7ドルだという、、ほんまかな? 高いなあ。

と思ったが、あの坂をまた歩くことを想像すると負ける、、

しかし、電車がでて、料金を払おうとすると何やらガガガーと音がして、電車が止まる。

運転手が降りて来て、車掌となにやら、下を覗いてる。。

3分くらい様子をみていたが、おりなさいと天使がささやく。。

さくっと、おりて、歩く方の決意をあらたに固めて、てくてく前へ。

僕が丘の頂上を越えてしまうまで、ケーブルカーは上ってこなかったので、かなり重傷であったようだ、、
さっさと、歩く決意をして時間と金を無駄にせずに済んだ。

ちなみに後で調べるとケーブルは、1回2ドルだ。。

他の路線バスも乗れるMUNIパスの1日券でも売りつける気だったのだろうか? それでも6ドル。。

あやうくぼられるとこだった。

道中、スーパーに寄ったり、フェアモントホテルのロビーで休んだりと、
やはり、街の観光は、ひたすら歩くに限りますね。。

同じカテゴリー()の記事
ラオスで当たった!
ラオスで当たった!(2016-04-06 13:56)

初の石垣島
初の石垣島(2014-03-21 22:56)

出 発 前 夜
出 発 前 夜(2010-09-03 19:28)

旅はいいもんや!
旅はいいもんや!(2009-05-29 17:05)

長崎の旅(3日目)
長崎の旅(3日目)(2009-05-29 01:16)

長崎の旅(2日目)
長崎の旅(2日目)(2009-05-27 23:53)

Posted by ゼモグループ at 16:47│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。