プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2016年02月13日

世界なんちゃって対決

今日も2件の打合せとめくるめくライン攻撃との格闘を終えた僕は、1人Mコーティエにたたずんでいた。

バレンタインの売り出しで、広場では、様々な露店、演奏、イベントが開催され賑わっている。

バンコクのモールはいつも活気にあふれている。

次の駅までBTSに乗ろうとしたが、券売機が混んでいたので、徒歩にした。

しばらく歩くとローカル散髪屋が数件、ローカルと言っても日本人だらけの
バンコクでは、日本式風なんちゃって散髪屋で、日本語のカタカナメニューもある。
理容師の資格制度がないのでだれでも理容師ができるので、技術と衛生がやや心配。

髪がだいぶ伸びたので、一度ローカル散髪屋チャレンジ!と思い、
数件物色して、ややこぎれいな店を選んで入る。

カット150バーツ、シェイブ100バーツ、カラー400~500バーツと表示されている。

全部オーダーして650~750バーツで散髪開始。

ぬ・ね・手際は大変良く、カットもまあまあうまい。

カミソリ歯が、使い回しなら断ろうとおもったが、使い捨てだったので、続投。

毛染めも大変丁寧で、少しでも毛染め液が顔につくと拭いてくれる。

毛染めは、今まで日本で受けたどこよりも丁寧かもしれないし、無駄な動きがないのだ。

数をこなしてなんぼのせだろうか、想像以上の腕前である。

支払いは、まとめたせいか500バーツだから1700円ほどだ。。

これは、なかなかお値打ちだ。

染め液がどんなんかは、さておき、合格である。

小腹がすいたので、ラーメン屋に向う。

そこは、バンコクで2番目のお気に入りのキセキラーメン200バーツ(700円)。

ここは、日本価格だが、すごいボリュームのラーメンだ。

パリで1300円のラーメン行列を見て以来、少しラーメンを研究しだしているのである。

ヨーロッパをはじめ、世界的には、ラーメンは,日本の料理のように扱われている。

中国人にパクられたなんちゃって寿司屋の仕返しだ~~。

しかし、日本のラーメンはなんちゃってではない、中国人も日本のラーメンはうまいというから。。

同じカテゴリー(タイで起業編)の記事
パリ対バンコク
パリ対バンコク(2016-02-10 23:50)

アウェーの契約
アウェーの契約(2014-05-30 20:06)

タイへの移住
タイへの移住(2014-05-30 02:17)

プーケット
プーケット(2014-03-13 01:39)

語学力
語学力(2014-03-07 16:03)

Posted by ゼモグループ at 01:29│Comments(0)タイで起業編
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。