プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2017年02月21日

パリの物件視察

今日は、パリ市内の物件3カ所を視察した。

パリの賃貸物件には、営業権などるものがついているものが多く、
その物件の立地や事業の業績、顧客、内装設備等の価値が加味されて値付けがされる。

相場みたいなものも存在するようだが、そこは、売り手と買い手のタイミングと交渉次第のようだ。

日本にもかつては、権利売買みたいなものも存在したが、今の時代では、やめる店の価値はゼロである。

むしろ現状復帰などに金がかかるくらいだから始末が悪い。

1年ぶりにパリ市内をブラブラしたが、やはりパリの町並みは情緒がある。

夕食は、フランスで修行をした星付きシェフに紹介されてビストロフレンチをいただいた。

これからしばらくは、フレンチ三昧の生活だ。  

Posted by ゼモグループ at 14:10Comments(0)パリ

2017年02月20日

1年ぶりのパリ

昨日11時30分のトルコ空港に乗り込み、一路タイからパリへ。

トルコ空港で乗り継ぎがあり約14時間の大移動である。

トルコ空港のビジネスクラスは、食事は、コック姿の乗務員がサービス、
おもちゃのキャンドルをテーブルに置く等の演出がなかなかいい。

料理の方は、味、内容ともに及第点だ。

トルコ空港への到着が30分遅れたので、トランジットがギリギリで猛ダッシュでひやりとしたが、
蓋をあけたら、出発も遅れ余裕で間に合っていた。

夜の11時30分 2度目のパリに到着。

昨年は、同じ時期に飲食の料理指導で来て、1ヶ月住んでいたので、懐かしい感じがした。

空港には、現地の事をコンサルしていただく方が迎えにきてくれて、ホテルへ直行。

ホテルに着いたら、目の前にカフェが開いていたので、ちょっと寄って軽く一杯、早速パリムードを味わいいい気分。

部屋に入ってホット一息していると、いきなり非常ベルが鳴りだす。

何かわからずあたふたしてると今度は、停電、真っ暗な中、廊下覗くと、お客さんがゾロゾロ非難しているではないか!

火災だ、みたいな声もあり、身の回り品を携えて私も非難。

こんなとき、携帯のライトは、とても役立つ。

人間は、暗闇では、身動きできない。

火災設備の誘導灯がいかに大事かを悟る。

フロントに降りるとお客さんがたくさん、上半身裸のままの男性、パジャマ姿の女性が、臨場感を醸し出す。

ホテル側も状況がわからない様子だが、火災ではないようだったので一安心である。

しばらくフロントにいると、今度は、キューブレーーキ音と衝突音。

外に出ると信号機に車が突き刺さり、信号機がくの字に曲がってるではないか!

幸いけが人は居なかったようだが、ハプニング続きのパリの始まりである。

待ってても埒が明かないので、暗闇の部屋にもどり、今日は寝る事にした。

今回は、不動産視察が目的でやって来たが、この先のハプニングを暗示する初日、ますますが楽しみになって来た。  

Posted by ゼモグループ at 18:55Comments(0)パリ