プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2016年03月31日

謙虚と感謝

えらいこっちゃ~~!  

せっかく再開したブログが2月中~また停滞してしまった。

3月は、この月末の土壇場で1回のみ、、とほほ、、

この1ヶ月は、移動も多くやや忙しすぎた。

最近、周りの人は、一定レベル以上(何がかというと社会的な地位とか経済力)の方とつき合う事が多い。

大阪での小商売人時代の僕は、市場や調理場で肉体労働者階級との付き合いが多かったので、そのギャップがある。

一定レベル以上の方々と話したり、いわゆる先生と言われるような方の口からは、
やたら、謙虚、感謝が大事だという話が出る。

確かに豊かな社会で一定レベル以上の人達とのおつきあいの中では、とても大切な事であり、
自身の成長のためにもとても大事な要諦であると私も理解している。

しかし、、無から有を生んでいくようなサバイバルなビジネスの一線において、
はたして、それらは、どこまで役立つものなのだろうか?

かつて人類は、狩猟生活の時代が長く、今の遺伝子の基礎は、この狩猟時代に作られたと言われてる。

目の前にマンモスが現れた時に、謙虚に、お先にどうぞ!!としていては、エサにありつけない。

やはり貪欲に、根性と勇気を持って、我、先に前に飛び出し、
マンモスを倒したやつが英雄になるのではなかったのだろうか?

スポーツの世界では、どちらかというと意地悪な人を押しのけていくようなやつが勝ったりもする。

今の豊かな経済環境では、根性や勇気が謙虚や感謝という言葉に置き換えられているような気がするが、
実は、それらを乗り越えた一定レベルの方達が、支配をしやすくするために、
周りの人間に謙虚と感謝を啓蒙してるのではないだろうかとも思うのです。

謙虚で感謝のある人は、扱いやすいからね。

日本人同士は、それでもいいけど、今やビジネスは、グローバル化が止められない。

世界のビジネスは、戦いである。

喰うか喰われるかのサバイバルです。

謙虚、感謝なんてことを若いもんに啓蒙しすぎるから、おかまい無しのサバイバル中国人にやられてしまうのです。

若者は、もっとサバイバルに、生意気くらいがちょうどいい。。  

Posted by ゼモグループ at 14:08Comments(0)教訓