プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2016年02月24日

冷めたコーヒー

僕は、冷めたコーヒーが好きである。

少しぬるいではなく完全に冷めたコーヒーだ。

うちのメイドは、コーヒーをしばらく放置しておくと、片付けてしまうが、
僕は、それを制して置いとかせる。

「コーヒーは、熱々でなないと」、と父もぬるいコーヒーを出された喫茶店で、よくぼやいていた。

確かに入れるときは、熱いお湯でないと粉っぽい感じが出るのでいただけないが、
実は、コーヒーは冷めた方がうまいし、冷めてもうまいコーヒーが豆である。

料理人だった僕は、毎日厨房に立つ。

仕込みが終わるとホッと一息してコーヒーをいれる。

熱々の一口目は、寒い底冷えのする厨房では、格別だ。

大抵,熱々で飲み干す前にお客が来だして忙しくなるので、
そのコーヒーは、放置される。

大体、コーヒーを入れて油断すると客がくるというジンクスもある。

忙しいときは、厨房は戦争と化す。

忙しさが一段落すると、放置されたコーヒーに目がいく。

最初は、もったいなからと吞んでいたが、やがてそれが習慣となり、冷めたコーヒーのうまさに気づく。

そして、もう一つ、冷めたコーヒーは、店が繁盛した証しでもあるので、
そのうまさは、頑張ったご褒美的な味もする

何でもそうだが、熱い、冷たいは、人間の味覚を麻痺させるので熱い、
冷たいという温度の味わいはあるが、本来その素材の味は、かき消される。

素材の味を知るには、本当は、常温が一番いいのだという事も冷めたコーヒーが教えてくれる。  

Posted by ゼモグループ at 16:42Comments(0)教訓

2016年02月17日

ホエールジャンプ

今日は、夕方にプールに浮かんでいると三日月がキレイに見えていた。

クジラになった気分になってきたので、ホエールジャンプの練習をしてみた。。

なんや、それ? って?

胸くらいの深さのプールに立ち、思い切り上にジャンプして、体をひねって、
横とか、後ろにバッシュアーーンとやる。

クジラがホエールジャンプをするのは、なぜかというのと、皮膚についた貝やら、
汚れを取るためらしいと聞いた事があるが、実際のところは、どうかを試してみたくなったのだ。

確かに落下の水圧で、皮膚がやや痛いくらいに刺激があるので、汚れは、落ちそうであるが、
もう一つ気づいたことがある。

落下の時に重力を感じ水面に当たるときに結構な負荷がかかるのだ。

水中は、無重力ではないが、非常に負荷が少ない。

水中では、いくら負荷をかけようとしても限界があるが、一度、水中から飛び出して、
重力を感じ落下する事で、重力的な負荷を大きく感じる事が出来るのだ。

骨は、負荷を与えることでカルシウムを取り込み強くなるので、
重力を感じて骨を強くする目的もあるのではないか?

また、昔は、地上で生活していたほ乳類なので、重力を感じる事で、少し懐かしい気分にもなれるのではないだろうか?

そういえば、イルカさんやアザラシくんもジャンプが好きみたいだし。。

まあ、そんな事を悟るためのホエールジャンプの練習でした。

なんでもやってみなくちゃわかんない!  

Posted by ゼモグループ at 22:38Comments(0)体験

2016年02月16日

罪なき鳩達

プールで泳いでいたら、鳩が二羽プールサイドに水を飲みに飛んできた。

僕は、無意識に水をかけてみたら、さっと逃げていった。

逃げる鳩達に,一体何の罪があるのだろう。

強いて言うなら,このプールサイドにとまり、たまたま僕がいた不運。

人生にたとえてみるとどんな所にとまるかは、とても大事。

水をかけられるか与えられるかは、実は、運次第かもしれない。

ナポレオンは、成功のためには、健康、運、根気が必要だと言ったらしいが、
今の世の中の止まり木は、職業だとすると、職業選び、会社選びは、運命に影響する一大事なんでしょうね、、

運の操作は、難しいかもですが、健康で根気よく働いていれば、やがて運がやってくるのかもしれないね。

僕が無意識に水をかけたのは、このプールの水は、少し塩素がきついから。

今日の鳩達は、運がよかったのかもしれないね。  

Posted by ゼモグループ at 20:25Comments(0)教訓

2016年02月13日

ライン

ラインを始めて、もう4年目くらいになる。

ラインまでは、メールやいろんなチャットを利用していたが、
4年前に海外に出るようになってからは、すっかりライン1本になり、メール以外の他の物は、一気に使わなくなった。

仕事で使う事も多く、グループラインの活用は、大きな連絡時間の節約になる。

いつ、どこでも連絡が出来るというメリットは、あるが、
いつも仕事に携わってるという状態になり、ONとOFFの区別はなくなる。

僕のように、決まった拘束時間がなく、24時間、年中無休で仕事に関わる事に慣れてしまっている人間には、何の問題なく、
むしろ、いつでもどこでも早く連絡がつくという点で、とても重宝しているが、
一般のお勤め人の方には、仕事で使うというのは、人により、苦痛を伴うかもしれません。

世界中どこにいても同じようにメールも電話もできるというのは、
世界で働くには、本当にありがたい事です。

それも無料で!!

最近は、唯一の開放時間であった飛行機内でのWi-Fiサービスもはじまり、
もう逃げ場はないが、これも緊急連絡がとれるのでありがたいサービスである。

幸い僕は、ラインで困った事は、一度もなく、ラインのおかげで、仕事やプライベートで良かった事の方が遥かに多い。

今後,ライン以上の物が出てくるのかが、楽しみである。  

Posted by ゼモグループ at 07:33Comments(0)よもやま話

2016年02月13日

世界なんちゃって対決

今日も2件の打合せとめくるめくライン攻撃との格闘を終えた僕は、1人Mコーティエにたたずんでいた。

バレンタインの売り出しで、広場では、様々な露店、演奏、イベントが開催され賑わっている。

バンコクのモールはいつも活気にあふれている。

次の駅までBTSに乗ろうとしたが、券売機が混んでいたので、徒歩にした。

しばらく歩くとローカル散髪屋が数件、ローカルと言っても日本人だらけの
バンコクでは、日本式風なんちゃって散髪屋で、日本語のカタカナメニューもある。
理容師の資格制度がないのでだれでも理容師ができるので、技術と衛生がやや心配。

髪がだいぶ伸びたので、一度ローカル散髪屋チャレンジ!と思い、
数件物色して、ややこぎれいな店を選んで入る。

カット150バーツ、シェイブ100バーツ、カラー400~500バーツと表示されている。

全部オーダーして650~750バーツで散髪開始。

ぬ・ね・手際は大変良く、カットもまあまあうまい。

カミソリ歯が、使い回しなら断ろうとおもったが、使い捨てだったので、続投。

毛染めも大変丁寧で、少しでも毛染め液が顔につくと拭いてくれる。

毛染めは、今まで日本で受けたどこよりも丁寧かもしれないし、無駄な動きがないのだ。

数をこなしてなんぼのせだろうか、想像以上の腕前である。

支払いは、まとめたせいか500バーツだから1700円ほどだ。。

これは、なかなかお値打ちだ。

染め液がどんなんかは、さておき、合格である。

小腹がすいたので、ラーメン屋に向う。

そこは、バンコクで2番目のお気に入りのキセキラーメン200バーツ(700円)。

ここは、日本価格だが、すごいボリュームのラーメンだ。

パリで1300円のラーメン行列を見て以来、少しラーメンを研究しだしているのである。

ヨーロッパをはじめ、世界的には、ラーメンは,日本の料理のように扱われている。

中国人にパクられたなんちゃって寿司屋の仕返しだ~~。

しかし、日本のラーメンはなんちゃってではない、中国人も日本のラーメンはうまいというから。。  

Posted by ゼモグループ at 01:29Comments(0)タイで起業編

2016年02月10日

パリ対バンコク

昨日は、時差ボケと称したさぼりの日で、吞んじゃ寝、吞んじゃ寝で1日を葬る。

今朝は、1ヶ月ぶりのトレーニングでスタートを切ったが、パリではよく歩いていたので、
そう体力は落ちていない様子。

この時期バンコクの早朝は、肌寒く18度。

プールは、遠慮したい感じで、ランニングからスタート。

いつも通りのウエイトをこなし、少し汗もでたので、やっぱりザブーン!!

冷た!! でもきもちいい!。

昼間は、さすがに33度まで上がるが歩くのには、やや暑いが寒かったパリの思い出があるので心地よい。

1人のときは、どこでもなるべく歩くようにしている。

歩くと色んな物が見えるし、健康に良いと信じている。

色々と新ビジネスの打合せを済ませて遅めの昼飯は、お気に入りの鶏そば、七星。

2回目だがこってり濃厚なスープのラーメンで、うまい!。なんと80バーツ(約250円)

パリでは、なりたけラーメンというのに行列ができているが1杯1300円。

どちらが、値段との相談で商品価値があるかは、食べれば、だれでもわかるが、七星は、空いていた。

やはり市場的なことでしょうね、、

帰り道は、パリの疲れを癒すべくマッサージ屋へ。

やはり足は、かなり張っていて、気持ちいいというより痛かった。

やや下手でもあったが、、60分で250バーツ(800円ほど)。

タイだとラーメンとマッサージ60分で1050円

パリだと並んで食べるラーメンが1300円

ぬ ぬ ぬ! 

やはりタイは、住みやすいね。。  

Posted by ゼモグループ at 23:50Comments(0)タイで起業編

2016年02月09日

パリの生活

結局仕事21日間、観光4日で25日間のパリ生活であった。

パリは、思っていたより狭い街で南北9キロ東西12キロほどなので、その気になれば、歩きで1周できる。

街の統一感からも見られるようにルールを守り型にはめて統治するのが好きな国のようだ。
フランスだけで年間6500万人、パリで3500万人の観光客が訪れる観光大国の割には、空港は整然としていて、あまり混雑した様子がないのが不思議である。

帰りのリファインドは、わかりやすい場所に堂々とあり、
機械で承認をもらい口座に振り込まれるという合理化も進んでいるので、あっと言う間に終わる。

ショップも商売気は、あまりなく、整然とたたずんでいて、あまり買物で人がうろつく感じもない。

タイ空港などは、リファウンドはなるべくしたくない的感じが見え見えで、
空港の一番端に受付があり、さらに中に入って受付を捜し換金。

受付も少ないので、混むことがあり承認をもらう、場合によっては、購入したものもチェックされる。
ギリギリに行くと出来ない事がよくあるのだ。

ショップも多く,売る気満々で人がウロウロしてるのが目立つのだ。

1人の人の導線が長ければ長いほど、同じ人数をこなすのにも時間とスペースが必要になり混雑するという事だ。

そういった部分でも空港自体の設計ややり方にも混雑を防ぐ工夫があるのだろうか?とも思ったりする。

フランス革命以後は、市民が中心の政治で労働者にとっては、とてもいい環境と社会保障制度が充実している。

日本は、企業のための政治であるので、根本的なところが違うような気はする。

アフリカ人は、フランスに住みたがる理由を、フランスは、働かなくても生活できる国だからと言うくらいだ。

例えば、学費は、大学まで無料、出産は、無料で、児童手当も所得に応じて手厚い。

家族で生活するには、日本のように学費が生活を圧迫しない点で、生活はかなり楽だろうと推察される。

昨日、話したガイドさんは、2年ほど児童手当の申請をし忘れていたが、
2年遡ってくれたという点も日本では、あり得ないことだ。

ガン、脳梗塞、心筋梗塞等,命に関わる病気になれば、医療費も無料になるというから、生命保険にあえて入る必要もない。

そういう社会保障が大変充実している事もあり、人口は、今、なお増えているらしい。

高い消費税20%も国民は、還元を受けているという実感があるらしく、高いという文句はほとんどないという。

日本もせめて少子化を防ぐためには、学費の負担は、無くなる制度は、急いだ方がいいと思う。  

Posted by ゼモグループ at 14:43Comments(0)パリ

2016年02月09日

観光から悟るパリ市場

今日は、早朝よりチャーター車で郊外の城めぐり~ベルサイユ宮殿の予定で出発したが、
ベルサイユ宮殿は、長蛇の列。

聞くと今日は、日曜日で入館料が無料の日らしい。

長蛇の列は、ほとんどが中国人で観光バスがずらりと並んでいた。

並ぶ時間がもったいないので、ベルサイユは、パスして、城巡りへ。

何カ所か回ったので、名前は忘れたが、どれも味のある白であった。

夕食は、和食も食べておこうという事で、奥田という店へ。

メニューは、お任せの懐石コース1種のみで、評判の店と聞いたので、ガイドを誘って行ってみた。

このガイドさんは、アメリカと日本のハーフでガイド歴30年のベテラン。

本当にパリに歴史と最近事情にも詳しく、色々な話を聞けて面白かった。

パリは、何の気無しに仕事のオファーでやって来たが、話を聞いたり、自分の目で見るうちに、
和食の市場としては、とても面白いと思った。

ただ、法的、人的、資金的なことで出店には,様々なハードルはあるけれど、
市場としては、バンコクよりはるかに面白いという感じである。

特にラーメン、うどん、お好み焼きなど日本のB級グルメか超高級和食、寿司が狙い目だろう。

もし、再び飲食をやるなら、パリは、アリ、だな。  

Posted by ゼモグループ at 12:56Comments(0)パリ

2016年02月09日

パリを観る

今日は、朝9時~ガイド付の美術館巡りで幕開け~~

オランジェリーでモネの睡蓮と、オルセーでは、ゴッホ、セザンヌらと出会う美術館のハシゴ。

お昼は、トリュフの専門店が営む小さなレストランでトリュフ三昧。

昼からは、マレー地区を散策して、雑貨品などを見て回った。

夕食は、サンバンサン祭りのバスツアーで知り合ったソムリエが勤める日本人シェフの1つ星レストラン「ケイ」へ。

この本場で日本人シェフがフランス料理で星を取って頑張っているのには、やや感動。

ソムリエさんもこのワイン王国でソムリエを勤めるのは、本当に大変な事だと思う。

料理は、9品もあり、少しずつ。

最近の洋食の傾向として、和食の懐石風に少しずつ出すというスタイルが流行のようですね。

ソムリエのすすめるままにワインを飲みつつ今日もパリを堪能。

おいしゅうございました。  

Posted by ゼモグループ at 12:54Comments(0)パリ

2016年02月09日

本格的パリ観光開始

今日からは、仕事から離れて、パリ観光を楽しむとする。

今日は、ます、ガイド付の電動自転車にてパリの市内めぐり。

街角にあるギロチンを作るテストが行われた場所やメートル法が開発され、長さ基準が展示された場所など、
ガイドなしでは、まず気づかないようなおもしろポイントを自転車で見て回る。

天候もさほど寒くはなく、初めての電動自転車であったが、なかなか楽チン、これは、一度乗るとやめられない。

市内を4時間ほどかけて20キロほど走り回ったが、さほど疲れなかった。

夕食は、バスディナー、2階建ての大型バスで2階が全面ガラス張りの30席ほどのレストランになっている。

グラス等がこけないように工夫されていて、パリの景色を見ながらのディナーコース。

こういうツアーは、正直、味は期待できないのが世の常であるが、味もまずまず。。値段も内容からすると納得価格。

パリを楽しむならおすすめです。

そのあとは、もうひと頑張りでリドのキャバレーショーへ。

3時間ほどの長~~いショーであったが、ややトップレスの場面などもあり、目の保養になりました。

さすがに疲れて、途中、得意の居眠りをしてしまいましたが、パリを満喫する1日でした。  

Posted by ゼモグループ at 12:51Comments(0)パリ

2016年02月05日

パリの食品衛生法

パリの食品衛生法は、とても厳しい、ヨーロッパの衛生法のお手本になっているらしく、
棚は、扉付、冷蔵庫は、温度計を設置、生ものは、一度冷凍殺菌してから、
食品の陳列は、温度管理されたショーケースに、手袋をして調理、ダスターは、使い捨ての紙で、などなど、、

コントロールも抜き打ちでよく入るらしく、経営者は、ピリピリしてる。

日本にもそういうガイドラインはあるが、実際に取り締まられる事は、何か起こらない限りない。

調理師免許などの制度もないので、食品衛生の基礎知識もない貧しい人が、料理人の大半なので、
国が頑張って取り締まらないと行けないという背景はあるのだろう。

日本では、比較的、料理人=経営者の店が大半だが、この国では、料理人からオーナーになるのは少なく、
料理人は、単なる労働者なので、食べるものを作るという部分での責任意識も非常に低いこともある。

生食の扱いで鍛えられた和食の料理人とは、食品に対する厳しさ常識の度合いがかなり違うのだ。

そうかと思うと、5つ星ホテルのカフェの片隅にオープンされた散髪台がある。

まさしくお茶を飲むテーブルの真ん前にである。

ただのディスプレイかと思っていたが、今日は、貸切パティーが開催されている中、散髪も行われていた。

こっちの方が、よほど不衛生だと思う。

街を歩いても日本で言うたこ焼きのような、むき出しの路面店はなく、
皆、ガラスで覆われた中で調理が行われている。

この辺が、街がすっきり統一された雰囲気を醸し出してきた理由でもあるんだろう。

タイや日本でヨーロッパ人が街をおもしろがるのも分る気がする。

パリの街には、きれいでおしゃれな統一感はあるが、すぐ飽きて、面白みはない。

美人は、3日で飽きるが、ブスは、3日で慣れて味がでる心理であろうか!

パリの食品衛生を見ていると、日本は、表面的には、かなり放任されている。

私の24年間の飲食経営時代もわけも無く抜き打ちで保健所が来た事なんて1度もなかった。

スーパーには、むき出しの食材がバイキング方式で置かれているし、
寿司を代表に素手の調理は,ごく普通である。

さしみを一度冷凍してからなんてことは、あり得ないというか、冷凍を使う店としてむしろ評価が下がる。

お国違えば、食文化、衛生の概念もかなり違ってくるということだ。

生食の習慣がない国は、特に神経質で、食中毒もよく起すようだ。

パリでは、数年前に中国人が、なんちゃって和食を出しまくり、
食食中毒を出しまくって社会問題になり、衛生管理も強化されたらしい。

取り締まりで大半の店がなくなり、生き残った日本人経営の和食店は、どこも大繁盛で、
フランス人は、中国人経営の和食店には、行かないという。

しかし、昨今、世界的には、空前も和食ブームがつづいているので、
しっかりとした技術を持った日本人シェフには、どんどんヨーロッパもせめて欲しいところである。  

Posted by ゼモグループ at 07:03Comments(0)パリ

2016年02月04日

寂しい1日(2月3日)

今日は、18日間、お世話になったアパートをあとにしてホテルに移動日。

あまり1人きりで暮らした事がないので、なかなか寂しかったが、寂しい思い出が染み付いた部屋には、
何かしら愛着を感じて、あとにするのがやや寂しかった。

もう2度と来る事はないと思うと感慨深い。

店の方にもあいさつに寄って別れをつげた。

短期であったが、毎日働いた場所とスタッフとの別れは、やや寂しいものだ。

ホテルについて、ホッとひといき、ようやくパリにきた気分になってきた。

「なりたけ」というこってりラーメン屋が流行っていると聞いていたので、行ってみることにした。
ホテルから1キロほどで徒歩でいける。

約20人くらいの行列で、やめようかと思い、近くの他のラーメン屋を物色したが、ぱっとしないしガラガラ、
なりたけのガラス越しに見える日本人の手さばきがなかなかプロ的だったのと、
聞くと15分くらいだというので、並ぶ事にした。

日本では並ばない僕だが、パリでは並ぶ。

1杯10ユーロ~だから約1300円。

日本のいいラーメンの1.5倍である。

パリは、消費税20%と労務費がやたら高くつくらしく、飲食も粗利を相当見ておかないと商売が成り立たないらしい。

最低賃金も9ユーロほどで、1270円ほどだから日本の1.5倍、人件費も高い。

おまけに労働法規は厳しく、残業や休日出勤、サービス残業なんて言葉は、あまりないので、
ブラックで成り立ってきた日本の飲食業のような収支とは、根本的に違うようだ。

結果的には、ブラックをまかり通す中国人がヨーロッパの飲食の覇者になるという構図を作り出している。

日本式ラーメンで少し寂しさが癒えたが、このまま帰るのもやや寂しい。

昨日のツブ貝が無性に思い出され、昨日の店に立ち寄り1杯だけ白ワインをひっかけてホテルへ帰り、
寂しい1日は、幕をおろした。  

Posted by ゼモグループ at 07:06Comments(0)パリ

2016年02月04日

ハーフだらけ?(2月2日)

今日は、夕方からバスツアーで知り合ったガイドさん(日本とフランスのハーフ)
とその友達で参加していた日本人が努めている居酒屋風バーへ行った。

立ち飲み風のカウンターと20席ほどのテーブル席があるこじんまりとした店だ。

オペラ通りのピラミッドあたりを少し入ったところにある。

店主は、これまた日本とフランスのハーフで、愛想のいいスマートなハンサムである。

コンサルで入った店にも日本&フランスのハーフが2人いたが、一生分のハーフさんと出会った感じ。

日本では、会った記憶はない。

2人でキリモリしているが、2人ともテキパキとよく働く。

好物のツブ貝の煮付けがあり、ワインもうまい。

調子に乗って3人で3本が2時間くらいで空いた。

空きっ腹と仕事が終わった安堵感も手伝って、結構酔っぱらってしまい、帰り道の記憶はあまりない。

店はよく繁盛している。

パリでは、まだまだ和食のチャンスは多いみたいだ。  

Posted by ゼモグループ at 07:03Comments(0)パリ

2016年02月02日

サンブァンサン祭 IN ブルゴーニュ

昨日で一応,今回のパリの仕事は、おわり、あとは、少しの引き継ぎがある。

さすがに、久々の現場指導は、気が張ってた。

体も節々が張って来ていたので、今日は、身も心もホッと一息というとこだが、せっかくのフランス。

今日は、早朝からサンブァンサン祭りがあるブルゴーニュのワイナーでランシーというところへいって来た。

店にある日本人向けの新聞で見つけた日帰りバスツアーで、ガイドとソムリエが同行するというのが気に入った。

ちょうど仕事が終わる翌日だったので、何の気なしに予約しておいたのだ。

パリでは、名の通った「みゅう」という会社のツアーで、参加25名は、全員日本人で女子率は、80%。

どうも海外では、日本人は、女性の方がアクティブのようだ。

テロの影響でツーリストは、数人であり、ほとんどは、パリに在住、ロンドンから来たという人もいた。

ガイドの話を聞いていいると、これは、年に1回しかないお祭りで、毎回、開催される産地が変わるらしい。

昨年は、ボルドーで行われたようだ。

ランシーは、ピノロワイヤルの産地であまり日本ではなじみがないようだ。

パリからバスで約3時間、ぶどう畑にかこまれたやや盆地の人口300人の小さな村だ。

古いフランスの田舎村で,雰囲気はとてもいい。

村は、1周で1キロないくらいで、村の11カ所に年代別のマルシェで試飲のワインやフードが売られている。

購入は、チケット制で、年代別に7種類の試飲とワイングラスのセットが15ユーロ。

首からぶら下げる入れ物もセットでくれて、ワイングラスを首からぶら下げて、町を徘徊する。

2日で3~4万人くらい訪れるらしい。

かなりマニアックなのか、日本人を含むアジア人の顔ぶれはほとんどなかった。

味は、一般的なピノロワイヤルよりやや酸味が強いかんじだったが、場所がやや北部なせいだとソムリエさんが言う。

しかし、どれもすっきりと鮮度感がありおいしい。

食材はなんでもそうだが、移動すると味が落ちる。

すいすいすすんで、7杯飲むとすっかりほろ酔い。

寒さと霧の雨も心地よい感じになり、ソムリエさんも帰りはべろべろになっていた。

気まぐれな参加であったが、想像以上に楽しいバスツアーであった。  

Posted by ゼモグループ at 01:21Comments(0)パリ