プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2015年03月19日

言葉の重み

私が海外で働くようになってから早いもので、丸2年が過ぎた。

組織に属していることもあり自由奔放なブログを書けなくなった事が原因で、
ブログを中止していたが、やはり自身のためにも少しずつ復活して行こうと思う。

今日は、海外で働く上での管理職の目指すべき事について触れてみよう。

同じ言葉でも、それを誰が言ったかによって重みまったく違います。

企業においては、いわゆる「デキる社員」の意見にはやはり重みがあり、
管理職としては耳を傾ける価値が十分にあります。

「デキる社員」とは言うまでも無く、

パフォーマンスの高い社員。

報連相がしっかりできる社員。

報連相が信用を作る第一歩なのに、意外と30代、40代の人間でも出来ない人が多いのに驚かされる。

デキる社員は、報連相がちゃんと出来る。

デキない社員は、報連相がちゃんと出来ない。

と言い替えてもいいぐらい報連相は、組織の中で重要な事である。

また、与えられた職務、そして目標に対し、期待以上の結果を出し続ける社員。

結果を一瞬でなく、「出し続ける」のがデキる社員です。

例えば、、、
出来る社員A 「社長、我社も週に1回ノー残業デーを導入しましょう!」

社長(ふむ、なるほど。みんな頑張っているし、A君が言うのも一理あるな、、、)
となります。デキる社員の主張は、正統な意見として非常に説得力があります。

しかし、、、
デキない社員B「社長、我社も週に1回ノー残業デーを導入しましょう!」
社長(いやいや君、結果も全然出せていないのに、何を楽することばかり考えてるの?)

出来ない社員の主張は何とも説得力に欠け、単なる愚痴やワガママにしか聞こえてきません。

まともな経営者であれば「君、自分の義務も果たさずに権利ばっかり主張しちゃいかんよ」
となるでしょう。

話は逸れますが、採用面接においてやたらと
「有給」「福利厚生」「昇給」、、、 このあたりを気にする方がいます。

一番重要なのは職務内容や会社の雰囲気、そして自身の過去の経験を踏まえた上で
この会社にはどういう貢献ができるのだろうか、という事なのにもかかわらず、、、

採用すらされていない段階で、権利部分ばかり主張する社員は、私の経験上仕事が
出来ない方が多いです。

仕事も頻繁に変わっており、退職理由は全て「会社・環境のせい」にしがちです。

本人は一生懸命に自分の正当性を主張するのですが、すぐにボロが出ちゃいます。

この言葉の「重み」「説得力」に関しては、管理職においては尚更で、自分が思っている以上に
部下は遥かに上司のことを非常に厳しく常日頃から観察しています。

「仕事ができない」「話を聞いてくれない」「私たちのほうが一生懸命働いている」に始まり、
「日本語できる社員をエコひいきしてる」「上司にはペコペコ、部下に威張っている」、
更には「たばこ臭い」「お酒臭い」「ケチ」「シャツがヨレヨレ」「ダサい」等々、、、

挙げればキリがありませんが、中には「おい、おい!そこまで言うの?」「仕事と関係ないやん!」
と上司としては言いたくなりますが、こういう部分までしっかり「観察」されていると認識すべきです。

これらの上司の日頃の何気ない言動からの評価が、いざという時或いはここぞという時に、
「あなたに言われたくない」「言葉が薄っぺらい」というような感情に繋がり、
部下のパフォーマンスに大きな影響をおよぼしたりします。

いや~、厳しいものです、、、^^;

「人生に何一つ無駄はない」 by オリンピック金メダリスト

「人生に何一つ無駄はない」 by 38歳ニート

う~ん、言葉は不思議です。

言葉に重みのある人間になるため、外国人管理職である我々は、日々精進し続けなければいけませんね、、、  

Posted by ゼモグループ at 04:13Comments(0)教訓