プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2014年05月30日

アウェーの契約

今日は、買収したホテルの登記がやっとできた。

実に売買契約を結んでから、半年くらいかかっている。

一体,何回、打ち合わせをしたことか〜〜!

日本の3倍は、ペースが遅いし、手間もかかる。

この国は,我々には、アウェイなので、もめて裁判になったら、負ける可能性が高い、というか、
たぶん、負けるから、石橋をビシバシ叩いて渡る、相手の言葉を信じてやることはない。

全て、弁護士、書面を介して、進め、口約束はしない。

法務局も大昔の日本の区役所、町役場といった感じで、
ベリーアバウト、公式な書類を平気で修正ペンで訂正するなど、
あり得ないことが、平気でおこる。

タイは,だいぶましになってきてるようだが、ジャカルタ、カンボジア、ミャンマーに至っては、
役所の人間が謄本を偽造するというので、全く手に負えない。

いったい何を信用して契約を進めていいのやら・・?

今日は、最後に、権利書らしきものが出てきたが、明らかに古い書式とボロさであったので、
ひとまず、偽造ではなさそうであったので一安心した。

さあ、これから、ホテル事業のはじまり、はじまり~~。
  

Posted by ゼモグループ at 20:06Comments(0)タイで起業編

2014年05月30日

タイへの移住

昨日は、日本から社員を受け入れた、今度,開業するホテルのナイトシフトスタッフである。

若い頃から劇団に所属して夢を追い続けた方だが、この期に及んで観念したか、
タイの魅力に取り憑かれたかれたのか、日本を捨ててタイへやってきた。

最近人材採用をしているが、色んな方がタイへの就労を希望しているし、結構な人数が応募してくる。

今月は2人、来月は,日本人を6人新規雇用する事になっている。

タイの企業が日本人を雇用するには、利益を出している事、日本人一人の雇用に対し、
資本金が200万バーツ、タイ人を4人雇用してる事という条件があるので、
なかなか、日本路雇用のハードルは高い、日本人が欲しくてもこの条件を満たすのがなかなか難しようだ。

実際にタイには、10万人の日本人が住んでると言われているが、
正規のビサで働いているのは、半分に満たないのではないだろうか?

ワークパミットの取得も年々厳しくなってるようです。

なぜ、昨今、タイへの移住希望が増えているのだろうか?

僕は、導かれるような機会を得て移住したが、一から仕事を求めて、移住するというのは、正直あまり僕には、理解ができない。

確かに海外から日本をみると日本の将来性は本当に心配になる。

人口の減少、高齢化は日本でも嫌という程言われているが、中にいる人は、さほど危機感を覚えていない。

水にカエルを入れ、下から少しずつゆでるとカエルは、茹であがるまで気づかずに水に浸かってるというが、
まさしく,そういう現象なんだろう。

だから、海外に出てどうなるねん。

そうなることかは、さておいて、なぜかこの国は、日本人が好きになる何かがあるんでしょうね。

もうちょい住んで、探してみるとする。  

Posted by ゼモグループ at 02:17Comments(0)タイで起業編