プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2014年04月12日

アンソニーロビンス

昨日から初来日のアンソニーロビンスのセミナーに参加している。

3日間、半缶詰め状態の朝から夕方までぶっ通しのセミナーだ。

トニーは、クリントン元大統領のコーチングもしたという世界ナンバーワンコーチャーだ。

正直、僕は、このセミナーに参加する前日まで彼の事をまったく知らなかった。

学生から社会に出るなり社長であった僕は、社会の事を教えてくれる上司もいなければ、先輩もいない。

僕は自発的に自分に必要な学びを求めて、数々のセミナーに参加して、
社会人としての基礎知識というか成功哲学を学びあさった時期があった。

本も数冊か読み成功する人の思考には、どれも一定の共通項がある事を学んだ。

しかし、自分の限界というか、自分が決めた引き際を悟ると、学びというものがとてもめんどくさい事になってくる。

昨日までの僕は、人生はあっという間であり。人生は、限りがあるが、できる事の限界はなく、
どこまで行っても果てしないという事を変に悟り、仕事だけを追う人生は、つまらないものだと思ってしまっていたんだ。

今もその考えに変わりはないが、仕事という概念ではなく、生きるという事の追求とそれに伴う自己革新、
成長は、死ぬまでして行かなければならないのではないかという若い頃に抱いた野心とは少し違う観点で、
自分を高めて行く事の素晴らしさと、利己ではなく、利他にために生きるという人生を追求することも
大きな価値があり、そういうことが自分をより豊かならしめるのではないかという事に気づいた。

そしてその価値を自分ではなく他に提供して行くという活動を今後の生き様としてして行こうではないか。

そういう思いが少し芽生えたこの2日間であった。

参加する前は、正直、何の期待もしていなかったが、さすがに世界一のコーチャーは、ひと味違う。

1日の講演料が最低1億円という話を眉ツバ的に聞き流していたが、彼は、その価値が十分にあると確信した。

だって、僕をその気にさせているのだから。

明日の最終日、どんなサプライズを僕にもたらすのか、とても楽しみである。
  

Posted by ゼモグループ at 22:05Comments(0)教育