プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2012年01月27日

マンネリ化

ジム通いも今年で4年目だ。

4年もほぼ毎日通うとほとんどの会員が顔見知りになる。

特に最近は、宴会で当店を使ってくれたりするもんで、益々親しくなっている。

当初は、いちいちのあいさつが面倒なので、極力かかわらないように寡黙の壁を立ててきたが、
4年ともなるとさすがに少しづつその壁は、崩れ、
最近は、ジムに着くとあいさつばかりしている。

少し環境を変えないと、この生活もややマンネリ化してきたな~~~。   

Posted by ゼモグループ at 21:53Comments(0)よもやま話

2012年01月26日

スポーツと格闘技

今朝も稽古のダメージで体が痛む。

前蹴りが相手の膝とカウンターになり、足の裏を打撲した。

まだまだ弱いとこだらけだ。

稽古内容的には、やはりスパーリングをする、しないとでは、
体に受けるダメージが全く違う。

師範代も話していたが、基本と移動稽古、型だけしていれば、
とても空手は、体にいいスポーツなのだが、やはり、
スパーリングが入るととたんに格闘技化し、体へのダメージが一段上に上がる感じだ。

そこが、型主体の空手とフルコンタクトの空手との大きな違いであろう。

組手のあるなしで全く違うものにあるといっても過言ではなるまい。

スポーツと格闘技の大きな違いは、相手との接触の有無ということなのだろう。

  

Posted by ゼモグループ at 19:59Comments(0)空手

2012年01月26日

新人よ!変化せよ。

先週は、久々にボディビル的筋トレをしたので、上半身が筋肉痛で覆われている。

日々の過度な柔軟も節々に痛みを落としている。

おまけにこの寒さで関節と筋肉が悲鳴を上げてる。

早朝6時20分、外は、まだ暗く、凍てつく寒さである。

今年の朝稽古は、出席率がよく、内容も充実している。

さすがにみな1年以上続き、帯色も上がってきたので、
スパーリングもそれぞれに個性のバリエーションが出ておもしろい。

今日は、1年前に少し来てご無沙汰になっていたメンバーが、
今年からまた頑張るということで来たが、
さすがに週1回でもしていた人と、していなかった人とでは、1年で雲泥の差がつある。

これぞまさしく継続の力である。

新人君、是非1年は、がんばって、変化する自分を見つけてほしいと思います。   

Posted by ゼモグループ at 01:53Comments(0)

2012年01月25日

北新地、最後の芸者

昨夜は、友達同士の新年会で久々の北新地。

最近は、友人が新地で店を出していることもあり、会合は、新地が多い。

店のオーナーのサプライズで北新地の芸者衆がやってきた。

新地に未だ芸者が存在していたとはと、恐れ入ったが、
さすがにご年配ばかりというか、もうおばあちゃんの域に達している年期の入った方達だ。

席に着かれた時は、なんか生気を吸い取られるような気がしたが、
さすがに小歌と日本舞踊を披露してくれた時は、ホロ酔いも手伝って、
思わず手拍子が出てしまった。

そのほか、昔ながらのお座敷遊びなるものをいくつかしながら、
結構な盛り上がりを見せて、あっという間に宴は終わった。

これも古き良き日本の伝統文化であるが、若い人がやらないので、
この方達がおやめになったら、もう北新地に芸者と名のつくものはいなくなる
と思うと一抹の寂しさを感じる。

僕の年代が、芸者遊びを体感できる最後の年代なのだろうか?

芸者の世界もお客様あってのことなので、
そういう遊びをする人がいないくなったのが、衰退の源である。

時代は変われど、クラブやキャバクラでホステスのケツを追いまわし、
色恋に散財する輩は、相変わらず多いが、こういう伝統文化の余興を楽しむという心は、
もう日本人は、忘れてしまったのだろうか?

それともAKB48なるものが、その代役を現代で果たしているのか?

握手するためにCDを買うなどというのは、まさしく、
金で芸、色を買うリアルなシステムである。

お座敷で膝の痛みをこらえつつ、舞う芸子さんにAKB48を被らせる僕であった。   

Posted by ゼモグループ at 02:38Comments(0)よもやま話

2012年01月20日

カップヌードル

テレビでは、豪雪で大変な地域の映像が流れている。

雪と言えば、大阪育ちの僕には、年に1~2度お眼にかかる程度のものだが、
雪を見ると不思議と心が躍るのは何故かしら?

雪と言えば、ふとカップヌードルが思い出された。

昨夜は、どうしても食べたい衝動にかられ、深夜のドンキホーテで購入。

実に10年以上ぶりにカップヌードルを食した。

懐かしい味そのままで、汁の1滴まで飲みほした。

両親が共働きであったこともあり、ガキの頃は、
インスタント食品のお世話に鳴ることが多く、
インスタントラーメン系はなくてならないアイテムであった。
懐かしさは一塩である。

カップル―ドルが最高にうまいシチュエーションは、
スキ―中の雪山山頂で食べた思い出から、雪=カップヌードルとなったのだろう。

また、冬場のヨットの海上練習の後、冷え切った
体で食べるカップヌードル(シーフード)も格別のご馳走であった。

なぜシーフードかというと、ハーバーの自販機には、
シーフードしか置いてなかったからである。

そう考えると、食というのは、食べるシチュエーションがとても大切であるということだ。

そんなことで、カップヌードルは、僕の食文化の中にしっかりと根付いた食べ物の一つである。

僕が死んだら、是非、棺桶には、カップヌードルを入れてもらいたい。

三途の川で食べるカップヌードルを是非、試してみたいもんである。   

Posted by ゼモグループ at 21:12Comments(0)よもやま話

2012年01月19日

ささやかな楽しみ

今日の大阪は久々の雨。

農家も喜んでいることだろう。

天候に左右される仕事は、ほんとに大変だ。

農家に限らず、当店のようなサービス業も少なからず天候の影響を受ける。

気温は、客足だけでなく、出る料理にも影響を与える。

適度な寒さは、鍋料理がよく出るが、今日のように冷え込み
小雨がちらつくと客足自体が減ってしまう。

料理人も熟練者のなると、その日の気候で仕込みをコントロールできるようになる。

朝は、気候を肌で感じながら、仕入れ、仕込みの段階からの、
お客様との暗黙のキャッチボールが始まっているのだ。

そういう自分予想を立てながら日々の仕事に臨んで、
うまく当たると嬉しいし、外れたらなぜ外れたか考える。

そんなことも仕事のささやかな楽しみの一つとしている。   

Posted by ゼモグループ at 22:55Comments(0)仕事

2012年01月18日

コツは、コツコツと。

今日は、お楽しみ朝稽古。

例によって2時間ほどの睡眠でいざ、道場へ。

今朝は、風の動きがなく、しんと冷え込んだ厳かな朝だった。

今年は、例年より寒いらしいが、今年の僕もさらにアップグレードしたのか、

あまり寒さを感じない。

今日も5人が集まり、今年は、幸先の良い出席率である。

5人で多い?とお思いでしょうが、一人、二人の時もあったから5人は多いのよね。

5人ぐらいいると稽古も活気が出ていい。

今日は、前半の基本、移動の後、直ぐに受け返しのスパーリングに入り、約50分ほど続いた。

久々のスパーリングは楽しかった。

僕は、力を抜いた技の攻防重視のスパーリングが好きである。

空手をやってるという気分も万歳である。

例によって数か所の打撲を負ったが、
今日は、後ろ回し蹴りのコツを指導いただきピンと来るものがあったのでよかった。

やはりコツというのは、コツコツやってるうちに、ハッと見つかるもんなんだ。

僕の組手のテーマは、上段の回し蹴り、後ろ回し蹴り、

後ろ蹴りの一撃で相手を仕留めることである。

自分が納得できるレベルに精度が高まれば、また、試合に出るつもりである。

家に帰り仮眠を取って、今度はジムへ、さすがに節々がきしむので、

今日は、軽くスイムだけにしておいた。

やはり最低、週2は、道場で動かないといけないな。
  

Posted by ゼモグループ at 20:48Comments(0)

2012年01月16日

寂しいスクラップ

昨年9月に店長が倒れてから4カ月。

ようやく体ももどってきたようで、今年からやや正常シフトにもどしている。

よって、私は、昨日、4か月ぶりのOFFを取った。

さすがに疲れが蓄積していたのだろうか?

1日中寝て過ごしたが日課の柔軟だけはしておいた。

寝すぎるとよけい眠たい。

昨年末は、ついに50年以上続いた店の近所のスーパー万代が閉店した。

大阪でのスーパーマーケットと言う形態での売り方では、先駆者的な店であった。

大店法の改正で近くにいろんなスーパーができ過ぎ、人の流れが分散し、
疎化してきた商店街での商いを不景気とともに断念したのだろう。

万代さんは、会社としては、拡大傾向にあり他の立地での展開は進めているが、
今回は、、不採算店のスクラップということなのだろう。

ここの万代は、万代の創業期にがっつり稼いだ繁盛店であったが、
時代の流れとともに儲からない店舗と化してしまったのだ。

商売は、いかに立地が大切かということである。

シビアな経営判断とはいえ、創業期の店舗を閉めるというのは、
経営者にとっては、苦渋の決断であっただろう。

噂では、万引きがひどく、経営難に陥ったとも聞く。

確かに店の形が万引きをしやすい構造になっておるのと、
不景気の上、外国人が多い立地ゆえの事なのかもしれない。

景気よく、バンバン売れていれば、多少の万引きなどは問題にならないが、
売れが悪いと、そういう些細なことも大きく経営に響いてくるもんだ。

経営は、繊細かつ大胆に行うことが肝心である。

ってことで、人が集まる施設が消えると当然、人の流れは一層悪くなるわけで、
コバンザメのようにこのスーパーにひっついて商いをしていた
小売店も時間の問題的につぶれることだろう。

小売りと外食は、やや違うが、人の流れが悪くなるというのは、
少なからず当店にも悪影響が及ぼされるだろう。

跡地にスーパー玉出が来るという噂もあるが、何か引人力のある施設にきてほしいもんだ。

当店も年に1回節分の日に限り、小売りに足を踏み入れるが、
今年は、万代が売らない分売れるのかな?
 
はたまた、悪影響で売れないのか?

難しいところだが、僕は、ひそかに販売数を昨年より多く見積もっているのである。   

Posted by ゼモグループ at 21:47Comments(0)よもやま話

2012年01月14日

水泳の目標

今日のトレーニングは、水泳のみ。

昨日に続き、タイムへの挑戦をしてみる。

タイムを出すのにも経験が、物をいい、自分のスタミナと距離との
バランスを図ってペース配分をうまくしないといけない。

ここで重要なのは、自分のスタミナを知るということだ。

自分のスタミナは、自分にしか分からず、それは、トレーニングの中で知っていく。

今日は、ひとかき目から調子がよく、いつものペースである
500M10分を20秒も縮めることができた。

もう少し、泳ぎ込めば、9分では泳げるような気がする。

今年の水泳目標は、500M9分ということにしてみよう。  

Posted by ゼモグループ at 22:09Comments(0)よもやま話

2012年01月13日

足指の鍛錬

ここ半年、僕は、足指の鍛錬を心がけてきた。

きっかけは、貴乃花親方がテレビの取材で、今も毎朝の柔軟を欠かさずしており、
最後に足の親指だけで立つという芸当を見せたことだ。

相撲の稽古では、脚のつま先で立つというのがあるようだ。

組手での前蹴りの際に相手が上げた膝で自分の足の指を突き指する事がよくあったので、
前蹴りを思い切り蹴り込むのに躊躇してしまう。

スネも同様に蹴った方が痛いということがままあったので、
スネの部分鍛錬は、欠かさずしてきたおかげで、
最近は、蹴ったスネが痛いという事はなくなってきた。

貴乃花親方の足指立ちを見て、これだ!と思い、やってみると、
とても立てるどころではない。

相当な足指の強さがないと立てないのである。

約半年間、湯船の中で浮力を使って、足指立て伏せのような事を繰り返してきたが、
最近は、だいぶと強くなってきて、椅子などにつかまりながらではあるが、
つま先で立てるようになってきた。

こうなると何が変わるかというと、先ず、蹴りにスピードがでるような気がする。

かつて、回し蹴りの名手と言われた山崎照朝さんは、
回し蹴りのトップでは、かかとが完全に相手の方を差し、足の親指1本で立っていたという。

突きの威力は、握力の強さから出ると言われるのと同様に、
蹴りの威力も足指の握力からでるのではなかろうか?

足指の握力というのは、あまり意識しないだろうが、
ここに意外な蹴りのパワーアップが隠されている。   

Posted by ゼモグループ at 21:10Comments(0)空手

2012年01月12日

キープ、マイペース

今朝は、体の節々が痛む。

昨日の久々の稽古が響いている。

年末年始は、仕事やらなんやかんやで運動不足ぎみだった。

少しやらないとすぐになまってしまう。

衰えるのはほんとに早い。

節々の痛みで心はやや折れていたが、習慣のパワーでジムへと足が勝手に向く。

ジムも年始の休みや連休の休み、休館日などが重なって、今年は、まだ3回しか行けていない。

今日も3日ぶりになる。

胸トレ、柔軟、型稽古で約1時間30分のトレーニングとサウナ。

ん~~、やっと新年のマイペースを取り戻した感じだな。

  

Posted by ゼモグループ at 22:11Comments(0)生活

2012年01月10日

明日は初稽古

今日は10日えびすである。

前半はよかったが。後半は、いまんとこさっぱりで、僕は、ブログにうつつをぬかしてる。

例年の事だが、えべッさんで大阪の景気がいいのは、
えびす神社近辺と難波界隈のみで、他の地域はは、
逆に客足が取られるので、商売繁盛致しまへん。

明日は、久々、今年の初稽古である。

僕の初稽古は、新年4日にこっそり済ましたが、皆集まるのは、明日がお初。

暦のいたずらで、20日も空いてしまった。

他の連中は、かなりなまっていることだろう。

新年、お初なので、全員あつまるといいのにな~~。

  

Posted by ゼモグループ at 22:20Comments(0)空手

2012年01月07日

完遂!180度の完全開脚

昨夜は、久々に早く帰ることができた。

風呂にゆっくり浸かり、日課の柔軟を始めたが、いつもよりかなり開きがいい。

こっこれは、いけるかも!?

いつも通り徐々に開いて、えいっ、と痛みをこらえて、開くと、恥骨が地面に到着。

やった!

ついに、昨年の目標であった180度の開脚を6日遅れで達成した。

空手を再開した頃、空手の先輩でもある整骨院の先生から、
通常は40歳代からの完全開脚は不可能だと言われたのがきっかけで、
それならなおさら、何がなんでも開いて見せると決意してから、1年と7カ月。

ついに45歳での完全開脚を成し遂げた。

最近は、やってもやっても、堅くなってる感じだったので、
やはり無理なのかなとあきらめモードだったが、
約10時間ほどの立ちっぱなしの労働はかなり脚に負担があったのだろう。

今日は、勤務時間が短かったので、脚の疲労が少なかったのが要因と思われる。

ここで、40歳からの180度開脚を成し遂げるための僕なりの極意を記しておきたいと思う。

極意1、 稽古開始時間の30分前には、道場に入り、
入念に柔軟を行い、稽古後もしっかり伸ばして終えるべし。

極意2、風呂上がりの柔軟は、44度以上の熱い湯に下半身10分以上浸かってから行うべし。

極意3、酢の物、ヒアルロン酸を積極的に摂取すべし。

極意4、焦らずゆっくり、痛みに耐えて耐えて耐え抜くべし。

極意5、常に呼吸を意識して行うべし。

極意6、日常生活の動きにおいても常に関節を伸ばす動きを心がけるべし。

極意7、柔軟は、断崖をよじ登るがごとし、毎日休むことなく行うべし。

  

Posted by ゼモグループ at 20:32Comments(0)空手

2012年01月05日

初サウナ、う~~ん

当店は、本日より通常営業にもどりました。

2.3日はお昼からの営業で、早く閉めていたのだが、
今日から、またまた3時までの営業で、正月気分は、今日で返上。

仕事入りも夕方からとなったので、今日は、午前中に道場へ。

家での軽い柔軟、筋トレは、していたものの仕事での疲労蓄積も手伝って、動き悪っ。

ジムの方も今日から始まりだったので、初サウナも入って、やっと、もとの生活に戻れた感。

習慣とは、怖いもんで、サウナもトレーニングもたった4日間まともにしないだけで、
変な疲労感というか、疲れを感じていた。

昨年は、さしたる疲労感を感じることなく仕事も空手もハッスルできたのは、
やはり、継続的運動とサウナ浴のおかげであったことを、改めて思う。

今日は、前半型で、後半~深夜は、いつもの静けさに琴の音色がただただ響くばかりであった。

世間は、まだまだ、お正月モードのようですね。   

Posted by ゼモグループ at 01:49Comments(0)健康