プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2011年08月31日

まだまだぁ。

ふぅ、何とか営業を乗り越えた。

今日は、久々に仕事がきついと感じる。

昨日の稽古で左足にいいのをもらってしまい少し曲げる度に激痛が走る。

足サポーターをつけてこれだから、サポーターなしでやったらどんなことになるか恐ろしい。

軽快に動けないとなると頭をフルに活用して、
いかに最小の動きで仕事をこなすかというところに意識が集中する。

先の先のスタッフ、お客様の動きを予測しながら動く。

そうすると、意外と普段、無駄な動きをしていることに気づいたりもする。

まさしく怪我の巧妙というやつだが、心身ともに疲労度は高い。

昨日の稽古は、少人数で、今回、昇段を受ける人がもう一人いたので、
模擬審査のような感じで稽古をすすめていただけた。

だいぶスタミナは、ついてきたつもりだったが、10人組手を戦い抜くには、まだまだだ。

自分のペースで動くのと攻撃でダメージを受けながら動くのとでは、
スタミナの消耗度が半端なく違う。

やはり昨日のような稽古を消化しないと駄目だと痛感する。

今日は、朝稽古であったので、根性で行けないことはなかったし、
痛めていても出来る稽古はあるので体を起こそうとする自分と、
早く回復させないといけないから今日は、無理するなという自分との葛藤が始まったが、
今日は、仕事も待っていたので、大事を取ることにして、布団にもぐりこんだ。

経験上、この打撲は、全治に1~2週間はかかる。

この時期に、足の稽古ができなくなるのはつらいとこだが、これも黒帯への道と心得る。

他のできることを強化していこうと思う。

                   押 忍   

Posted by ゼモグループ at 22:45Comments(0)空手

2011年08月29日

健康&ダイエット&バルクアップ飲料

僕の最近の朝食を紹介しよう。

ミキサーに

生鶏卵1個、プレーンのプロティン大さじ2杯、牛乳400CC、
冷凍バナナ1本、濃い目のアイスコーヒー100CC、粉末の青汁1包。

ミキサーにかけてバンバン回すとこまかい泡がでてクリーミーになり、
容積が2倍ほどに膨れミキサー一杯になる。

ポイントは、バナナをほどよく熟したら冷凍しておくこと。

常温のバナナだと温くなっておいしく仕上がらない。

容積が泡でふえるので、全部飲むとお腹いっぱいないなるので、
余計なものを食べずとも空腹のストレスは感じない。
消化吸収が早いので、すぐにジムでハードトレーニングしても大丈夫。

42歳から3年の研究を経て、この朝食にたどりついた。

難点は、おならがよく出るようになるということぐらいだな。   

Posted by ゼモグループ at 23:18Comments(0)健康

2011年08月29日

夏の終わりに・・・。

8月もあと3日かぁ!

目標のトレーニング項目で出来ていないのは、完全股割だけである。

骨格の根本的問題があるとしか思えないほど、進展しない。

きつい柔軟をした次の日は、その反動で、恐ろしいほどカチカチに固まっている。

これ以上は、股関節をはずすしかないような気もするが、めげずにやる。

9月は、比較的、営業が落ち着くので、稽古時間を取れるのがうれしい。

最近は、食べる量を増やしているが、体重は、依然、増えてこない。

消費カロリーが想像以上に増えているのかな?

クーラーなしで寝るというのは、寝ている間の代謝をかなり上げてるようだ。

まあ無理によけいな脂肪をつける必要もないので、今のペースでやっていこう。

体調は、すごぶる良い。

店の食材は、鱧がそろそろ息を潜めて、新物の松茸、サンマなどがちらほら登場。

売り出し中のすっぽんも快調である。

河豚もそろそろ夏休みから目覚めて、うまいもんシーズンの到来だ!   

Posted by ゼモグループ at 21:37Comments(0)空手

2011年08月28日

流される~~~。

今日の大阪は、大雨警報が出た。

店からは、雨漏りと停電の連絡あり。

はやる気持ちで出ようとした、滝のような雨。

しばし、待ったが、意外と長く、待ちきれないので、カッパを着こんで出陣。

こんな雨でも僕のスグレ物屋根付きバイクは威力を発揮する。

ワイパーもあるんだぞ!

途中の道が30センチほど冠水しており、バイクごと流されかける(ややおおげさ)

そこを抜けてしばらく走ると、ぷすっ、とエンジンが止まる。

再び掛けようとするが、全然かからない。

水に浸かったのが悪かったのか!?

仕方なく、雨の当たらないところまでバイクを押し、ずぶぬれになる。

タクシーでいこかな!? このずぶぬれを乗せてくれるかな?

など考えながら、同じ境遇の人達と雨宿りのアーケードの下でしばしたたずむ。

ダメもとで、再度、エンジンをかけてみる。

おっ、かかった!?

スロットルの微調整を恐る恐る、止まらないことを祈りつつ、再び店へ向かう。

途中、冠水してるとこがあったが、迂回してさけて、無事、店にたどり着く。

店では、クーラーの電源が入っておらず、従業員が暑さで赤い顔をしている。

僕は、まず、カッパのまま屋上へ上がり、雨漏りを直す。

大雨になるとゴミがとゆにゴミが詰まって、オーバーフローして、
壁づたいに部屋に侵入してくるのだ。

クーラーの方は、ブレーカーの大元がなんらかの漏電で飛んでいたようだ。

これもすぐに復旧した。

今日は、満席状態に予約が入っていたので、
クーラーがきかないとなると大事だったが、何とか難を逃れることが出来た。

一般客もこんな日に限ってなぜか、多い。

久々にフルパワーで仕事をした。

やや、くたびれたが、明日は、朝稽古でリフレッシュするぜ!!   

Posted by ゼモグループ at 01:01Comments(0)災害

2011年08月26日

自分で遊ぶ

2日前に発症した膝の変な痛みが気になる。

打撲なら当たった時にわかるし、直後に痛みが出るが、
打撲をした覚えもないのに夕方にじわじわ痛みがでてきた。

スクワットが膝に負担をかけるという話は、よく耳にするが、そのせいかしら?・・

この時期に膝を変に痛めるのは、大変よろしくない。

今日は、大事を取って、トレーニングは、控えた。

ほんまいろんなことが、起こりよります。

自分の体と遊ぶのも結構退屈しないもんだ。   

Posted by ゼモグループ at 18:59Comments(0)空手

2011年08月25日

30年の稽古日数のまとめ

僕の空手歴は、ざっとこんな感じである。

空手バカ一代を手にしてからの学び歴は、ざっと30年ほどになる。

稽古の実績は、中学2年の時に約5カ月だが、
当時は、週5日ほどは、通ったので、日数にすると100日ほどになるだろうか?

その時は、白帯のまま道場を去った。

この当時の稽古は、まさに極真全盛期であったので、
1日で辞める人が大半であるというくらいすさまじい内容であった。

私の人生の大半の困難に乗り越える根性は、
この時の荒稽古で身についたと言っても過言ではない。

あの時の稽古のきつさに比べれば、そうそうきつい事は何もないと思えるのだ。

再開したのは、33歳のころ週1回の稽古を約2年。
仕事も忙しい盛りだったので、週1回の稽古をしながら、緑帯まで昇級。

日数にして約150日ぐらいだろう。

週1回だと年数の割に稽古日数は少ない。

そして、昨年5月に44歳で再び再開。

道場にある自主トレノートの記録をカウントすると自主トレの日数は106日であった。

朝稽古は、この1年2カ月で、約54日ほど行われてる中、僕が出たのは、46日。

全て通算すると約400日を道場で稽古したことになる。

総裁の言葉に千日をもって初心とし、万日をもって極みとす。

という言葉をかりれば、まだまだ、初心にも満たない日数であり、かなり飛び飛びでもある。

極真精神を生活の糧としてきた日数は、30年だから万日を超えている。

この1年に関しては、道場での稽古は、道場での稽古は100日ほどだが、
ジムや自宅での筋トレなどをいれると、365日中300日はやってきただろう。

我ながら、ようやるわ。

今日は、膝が変に痛むので、水泳と柔軟と腕立て100回にとどめた。
  

Posted by ゼモグループ at 20:32Comments(0)空手

2011年08月24日

いざ!極真、昇段審査

今日は、師範代朝稽古の日。

お盆休みがあったので、2週間ぶりである。

今朝は、だいぶ涼しく、鈴虫&コオロギ&弱い蝉のオーケストラが秋の足音を思わせる。

いつも通り、一番に道場のカギを開けると、師範代の机の上に審査会の案内が・・・!

つっ、ついにきたか!

時は、9月25日となっている。

私は、茶帯を締めて、まだ1年。

審査は、11月頃かな?と照準を合わせてきたが、2か月ほど早い。

いつも通り、気合いの入った稽古を終えて、ダメもとで、
師範代に、次回の昇段審査を受けさせてもらえますか?

と尋ねた。

時期的にも、技能的には、まだまだというところだが、
黒帯を取るということの意味を深く理解できているなら、時期はそう問題ではない。

黒帯というのは、武道人生の入口に立つということであり、
取ってからが、大事であるからやってみなさい。

という、言葉をいただき、審査を受けることの許しを得た。

僕は、審査に当たり一つの目標を持っている。

それは、審査項目の全てを100%消化するということだ。

経験不足と40代からの空手では、正直、10人組手でいいところを見せる自信はない。

せめて、棒飛び、ボール蹴り、腕立て100回、逆立ち歩行などは、
完璧にこなせるようにしておきたいというところである。

審査項目で自分にできないものを出来るように努力する。

そういうことの自己確認も審査の重要な目的であると思うのだ。

残り1カ月という、ぎりぎりの期間に迫られたが、
悔いのない審査内容に出来るようにこの1カ月を大切に使いたいと思っている。

                   押 忍                      

Posted by ゼモグループ at 22:21Comments(0)空手

2011年08月22日

至難の継続

昨日の夜稽古は、基本自主トレに加えて、ボール蹴りを
前蹴り、回し蹴り、後ろ回し蹴りで各200本づつ蹴った。

ボール蹴りは、なんとなく楽しいので、黙々とやれる稽古である。

ジャストミートしてボールがパコ~ンと飛ぶのが気持ちいい。

気候は涼しくちょうどいい室温であったが、Tシャツは、すぐびしょぬれになった。

しかし、この稽古を延々600本も蹴ると筋肉より関節に来る。

おかげで今朝は、足腰がガクガクでとても筋トレが出来るムードではない。

こういうときは、水泳に限る。

今日は、水泳だけだったのでとても快調で500mを楽に10分を切れた。

スタミナは、だいぶついてきたように思うが、スタミナだけは、
やり続けないとすぐに落ちるから厄介だ。

まあ、スタミナだけに限ることではないが、全てをやり続けることは、ほんまに大変だ。   

Posted by ゼモグループ at 22:55Comments(0)空手

2011年08月21日

がんばれ!電気屋。

雨が涼しい風を運んでいる。

昨夜は、クーラーはなしでやり過ごせた。

今まで、気温なんかまったく気にせず、浸かってきたクーラーだった。

夏場の電気代も今年は、昨年ほど暑くないこともあり、支払いが激減している。

今まで、なんて無駄遣いな生活に甘んじていた事か!?

震災が教えた事の一つである。

私だけでなく、節電モードは、関電の売上を相当下げている事だろう。

噂では、販売量が減った分、単価を上げて、利益確保をしようとしているらしいが、
そんなことを公然と許していいものか!?

電気屋ももっと企業努力をしてほしいもんだ!

  

Posted by ゼモグループ at 17:58Comments(0)生活

2011年08月19日

すっぽん

最近「すっぽん鍋」がよく出ている。

すっぽんは、今から20年ほど前に僕が独学で捌き方や調理法を勉強してメニュー化した。

始めて食べたのは、高校生の時に母に連れてもらった鶴橋のとある店。

最初に生血なるものを飲まされたが、鼻をつまんで一気に飲んだので味などわからん。

ただ、その後は、体が燃えるように熱くなったのを覚えている。

今思えば、生血のパワーというよりワインで割っていたらしいので、
アルコールによる血圧の上昇であったと思う。

ついで、肝、卵、これは、なかなかいける味であったが、量が少なく希少である。

身は、鶏肉のような味だが、小骨がカメを思わせる。

スープは、生姜をたっぷり使って、臭みを消しているが、
それがまた体を温め、味も絶品である。

〆は、やはり雑炊であるが、これは、河豚の雑炊を大関とするなら、
こいつは、まさに横綱と言えるだろう。

最近は、コラーゲンを含む食材として脚光を浴びているが、
すっぽんの生命力はほんとにすごい。

爬虫類は、全般的に、冬眠をして数か月を何も食べなくても生きれるという
スーパーな肉体を持っている。

エネルギーを長期にわたり体に蓄積し、低燃費で生命を維持する能力を持っているのだ。

爬虫類全般には、まだまだ未知数な生命力が隠されている。

その中でも食材として、すっぽんが選ばれたのは、味と身付き具合、調理のしやすさ、
蛇やカエルより見た目がまし、といったところだろうか?!

しかし、料理人の中でもすっぽんをやれる人は、意外とすくない。

まだまだ扱う店が少ないということと、嫌がる料理人が多い。

確かに捌くのは、慣れないと気持ち悪いもんだ。

昔は、天然もんしかなく、値段も高価で、臭みも強く、調理法も難しかったが、
最近は、養殖物が大変よく、値段も一定して手に入る。

生血を飲むにしても養殖の方が天然物より安心である。

まだまだ、イメージで「カメ」というだけで食べづ嫌いな人が多いようだが、
僕から言わせると、海老やカニの方が、よっぽどグロテスクである。

単なる慣れの問題にすぎない。

調理しているとよくわかるが、すっぽんからでる煮こごり(コラーゲン)は、凄い量である。

未だ食してない方は、是非チャレンジしてほしい食材の一つである。


  

Posted by ゼモグループ at 19:42Comments(0)料理

2011年08月18日

ジムのある日

今、ふとカレンダーを見上げる。

今日18日は、私の月誕生日だ。

自分のゆかりの数字には、愛着がある。

今日は、いい事あるかしら!?

と言っても、今日はあと1時間で終わりである。

今日は、やっとジムがお盆明けの営業をスタート。

お盆に4日も休みよるとは、サービス業あるまじき行為とサウナのおっさん達と愚痴をこぼす。

僕は、道場があるからいいが、お昼に来るほとんどの人は、
ジム、プール、もしくわ風呂&サウナだけの人もクラブ通いは、生活の一部と化しているようで、
休まれると生活が乱れて困るようである。

そういう私も、毎に通って歯や3年。ジムがない日は、さびしいし、ストレスを感じる。

ストレス発散のジムが会員にストレスかけてどないすんねん!!

何ゆえ、週1回とお盆、正月に休む必要があるのか同じサービス業を営む者として疑問でならん!

近くに競合店が出来たからでは、遅いぞ!

まあ、わびしい陰愚痴はこの辺にして・・・・。


今日は、週に2回、調理場に入る日。

今日は、蒸し豚を焚いたので、その煮汁を使って、カレーライスを作った。

カレーライスは、賄い用だが、常連客には、
裏メニューでカレードリアなどを作って出す。

1回で100人前ほど作って、冷凍しておき、少しづつ出して食べる。

ここ2カ月は、減量のためにカレーをタブーにしていたので、
今日は久々のカレーで満腹にしてやった。

食後は、チャイを作って、ささやかなインド風に浸る。

あっ、今日のいいことは、ジムでスクワット連続100回ができたこと。

だましだましは、できていたが、ちゃんとおろしてペースをみださない100回は、
なかなかきついんだぞ~~~。

なんて書くと、またスクワット1000回の兄さんが出てきそうだ。

「型稽古」一通りと、腹筋、背筋、腕立ても100回づつしてへっとりしたが、
気力でプール500Mもできたので、今日の自主トレは、満足である。

このペースを続けていきたい。   

Posted by ゼモグループ at 23:37Comments(0)生活

2011年08月17日

強さの指標

今朝の朝稽古は、2名の参加で一人は、1時間であがり、もう一人は30分遅れてきたので、
僕は、お相手にことかくことはなく、組手稽古は、二人を相手に1時間みっちりやれた。

がちんこ組手は、すぐに負傷して後の稽古に影響するので、
普段は、しっかり受け返しといろん技の攻防をしながらゆるめでしている。

中3日の稽古で、ジムもお盆休みに入っていたので、
体を休めてみたが、体はやや、硬くなっていた。

8月も終わりに近いというのに股割だけは、なかなか進歩せんな~~。

やはり股割は、朝晩2回やな。

ジムが休みだと習慣の体重測定を忘れる。

最近は、炭水化物以外は、よく食べるようにしているが、
最近は、何かと忙しくしていて、消費カロリーが増えているせいか、
今日の体重は、65K台に納まっている。

腹筋もそこそこ割れてきたので、そろそろ増量計画にはいるとするか!

体重を5K落としたことで、自重種目の棒飛び、逆立ち歩行、補強は、楽になったが、
今度は、逆立ち歩行10M、棒飛び10回、拳立て、腹筋、スクワットが連続100回、
バック転ができる状態で体重を増やせれば、強くなる。

僕は今、そんなことを思っている。   

Posted by ゼモグループ at 21:13Comments(0)空手

2011年08月16日

猛暑のゴルフ

昨日は、猛暑のゴルフであったが、他のメンバーが、
熱中症寸前にもかかわらず、僕は、全然、平気であった。

行く前は、今までの経験上、くたくたになるのを想像したが、
あの程度なら問題なくやれる、真夏のゴルフも恐れるに足らんという感じだ。

やはりこの1年の空手修行は、僕に相当な基礎体力をもたらしている。

遊びもやはり基礎体力がないと楽しめないな!

前回の記録を紐とくと、1年と8カ月前にした時のスコアが100。

ブログをつけてるとこういう時のお調べが容易でよい。

今回は、103で、ノー練習の久々ゴルフにしては、高出来だ。

前半57の後半46だから、少し練習すれば、うまくなると確信するが、しないだろうな。。

やるとなると、とことんやらんと気が済まないが、ゴルフも少し極めてみたい気になったが、
今は、仕事と空手意外の事は、極力考えないことにしている。

明日は、お盆で週1回の師範代朝稽古は、お休みだが、
メンバーに声をかけて来る人だけでやる。

一人でも来てくれると組手ができるので、大変ありがたい。

誰も来なくてもやるべき事をやるだけだ。
 
                    押忍

  

Posted by ゼモグループ at 23:05Comments(0)ゴルフ

2011年08月14日

久々のゴルフ

明日は、1年ちょいぶりのゴルフである。

ここ数年は、誘われたら行くが進んではやらない。

ましてや、真夏のゴルフなんて~~~。アツッ。

明日のゴルフは、僕が一番お世話になっている方からのお誘いなので行くことにした。

明日の目標は、100を切ることである。

一夜付けの練習は、パターだけを家でやる。

パターがよいとスコア―はぐっと良くなる。

意外と久々の方が無欲で力がぬけていいのが出る俺である。

空手の基礎体力がゴルフには、どう出るか? 楽しみである。

  

Posted by ゼモグループ at 21:38Comments(0)ゴルフ

2011年08月12日

今日の稽古

今日の朝稽古は、二人の参加であった。

柔軟は各自でして、縄飛び2分、3セットの間にサンドバックを挟んでウォーミングアップ。

突き、蹴りの受けをお互いにみっちりやって、約束組手の後、自由組手。

仕上げは、ミットによるコンビネーションの連続で、息をあげ、
腹筋、背筋と腹筋の補強と腹踏みと腹打ち。

総仕上げは、スクワットで1時間30分は、あっという間に終わった。

二人いれば、稽古の中身も幅が広げられるのでいい。

一人はひとりなり、二人はふたりなりに。。。やる。   

Posted by ゼモグループ at 18:28Comments(0)空手

2011年08月11日

荒療治

一昨日は、寝違いしたのか起きると背中の肩甲骨の背骨側に激痛が・・・。

痛みを押して朝稽古に向かうが、激痛が動きを止める。

寝違いってなんでこんな痛いのかいな!?

今朝の稽古は、師範代と他2名。

柔軟も基本も飛ばして、組技寝技なども入れながら、いろんな事を教わった。

マンツーマンに近い贅沢な稽古だ!

最初は、激痛でろくな動きができなかったが、動くうちにだんだん痛みは麻痺していった。

無理をしたので今朝の悪化を心配したが、すっかり痛みは取れていた。

荒療治が功を制したぜ!

今日は、ジムにて柔軟と型稽古だが、いつにもまして、スタート時の体の硬い事!

8月中の完全股割の目標もこの調子では、厳しいぞ!

もう自己負荷のでの限界にきているとみた!

誰かに押してもらわんとこれ以上は、行かないなぁ。

何か作戦を立てなければ・・・・。   

Posted by ゼモグループ at 23:18Comments(0)空手

2011年08月11日

くだもん屋

僕は、くだもん屋でくだもんを買うのが好きである。

くだもんを買っている自分と映画ゴットファーザーでドン・コルレオーネが
暗殺の銃撃に合う前に、くだもん屋で買い物をしてる姿をダブらせて自分に酔う。

暗黒街の帝王も家族のためにくだもんを自ら品定めして買ってる姿がなんともいいのだ。

だから、スーパーでは、買いたくないし、買わない。

値段、品質の問題ではなく買う時の感じを重視している。

イタリアでは、個人経営のくだもん屋がたくさん残っていて、
映画にでているような色とりどりのくだもんがたくさん並んでいて素敵。

イタリアにもスーパーが出回ってるが、イタリア人も僕と同じで、
買う時の感じを重視してるようだ。

日本では、個人経営のくだもん屋は、どんどんなくなっていってるのがかなしい。

日本人も合理性より買う時の感じも楽しむゆとりを持ってもらいたいもんだ。


店のすぐ近くに産地から直接仕入れて売りに来る店はちゃんと借りてるが、
半露天商のようなくだもん屋がある。

僕は、店の朝の様子を見たら、そこへふらっと買いもんに出る。

そこは、たくさんの種類はないが、季節の旬の安いくだもんが出ている。

今日は、でかいスイカが1300円で出ていたので買った。

くだもんは、見た目ではなかなかわかりずらく食べてみないと何とも言えないし、
食べごろというのも実は大事である。

僕は、必ず、店の人の目を見て、これは、おいしか?甘いか?と聞いてから買う。

くだもんは、買ってきては、お客様に気まぐれにサービスで出してあげる。

くだもんを買うときは、その時のお客様の喜ぶ顔をイメージして買うからより楽しい。

くだもんには、皆それぞれの趣向とこだわりがあるみたいだが、
やはりゴリラの遺伝子を持ってるせいかしら?

僕は、ビワが一番好きで、2番がすもも。

ビワは、ガキのころにそこらへんの家の庭に菜っていたのを
盗み食いしてた時の味が忘れられんみたい。

すももは、酸っぱいから嫌いと言う人が多いが、それは、食べごろを間違っている。

ちゃんと熟した食べごろのいいスモモは、それはそれは、酸味と甘味が絶妙でうまい。

バナナは、毎日朝のプロテインジュースに1本入れて飲んでいる。

そんなことで、僕は、くだもん屋が好きである。   

Posted by ゼモグループ at 20:12Comments(0)生活

2011年08月09日

淡い青春恋物語

今日は、早い時間に上品な女性が一人カウンターに座った。

その雰囲気というか出で立ちから地元の人でないことは、すぐにわかった。

僕は、ホールにいて、横から接したので最初は、顔はよく見えなかった。

彼女は、冷酒とはもちりをオーダーした。

しばらくして、僕は、カウンタースタッフと交代してカウンターに立った。

正面から彼女の顔を見ると、どこかで見た事があるような気がしてきたが、
まったく思い出せない。

僕がチラチラ見ていると、彼女の方が、耐えきれず笑みを浮かべた。

僕はその笑みを見て、ピンときた。

その子は、僕が高校~大学にかけて、モーションを掛けていたが、
お付き合いには至らなかった女性であった。

話すうちにだんだんと色々思い出すが、僕の記憶は例によって、曖昧で名前は出てこない。

今だから話せる事だが、彼女も当時は、僕に思いを寄せてくれていたようだった。

当時の彼女はまだ高校3年で、僕は大学生になりたてで、
女性との交際経験もなく、その恋は、うまく実らせられぬままの
淡い純愛であった。

当時は、僕も今のようなちょい悪親父の面影はないケツの青い青年。

貞操観念の強かった彼女との恋をどう進めればよいのかわから
ぬままの自然消滅だった。

彼女は、その後つきあった人と結婚し、今では2児の母となり、
幸せを掴んでいるようだった。

生涯、悠一つきあった一人と結婚したらしい。

まあ、いうなれば、俺は前座みたいなもんであった。

当時は、くったくない笑顔のかわいい女の子であったが、
今は、素敵に年を重ねたいい感じの女性になっていた。

やはり俺の女を見る目に狂いはないな。

話しているうちにお客が入り、混んできたので、
彼女は、気遣って、「またくるね、今度来るまでに名前を
思い出しておいてね」と言って、帰っていった。

記憶の彼方に消えかかった人とこうして再開し、
幸せになってくれているのを知るとなんだか心温まる。

お互いに連絡先などを聞く事もせず、
淡い青春の思い出の一コマを楽しんだ二人であった。   

Posted by ゼモグループ at 20:07Comments(0)人生

2011年08月08日

孤独な戦い

今朝も良く寝れたが、体の節々は、きしむように痛い。

首は飛びぬけて痛いやんけ!寝違いか~~!?

せや、2日前の深夜の稽古で、後転倒立をしたせいだ。

マット運動は、首への負担がかなり大きいようだ。

いったい、いつになったら、これらの痛みから解放されるのだろう?

上のレベルを目指す限り、その日は来ないのかなぁ?

年齢とともに退化しようとする体と、
進化しようとする使い方との間に激しいせめぎ合いがある。

それが、痛みとなって、僕を襲い続けるのだ。

10代の時も同じようにスポーツで、体を酷使していたが、
このような延々と続く痛みはなかったように記憶する。

やはり、老化という自然界が与えた大きな壁は、俺の前に大きく立ちはだかっている。

昨日、あんなに柔らかかった関節も今朝はうそのように縮んで硬い。

いちいち縮まんと伸びとけよ!!と心が叫ぶ。

あかん、疲労溜まりすぎや。

今日は、なんもせんとこかなぁ~~。

いやいや、ここで休んだらもっと硬くなるぞ!

ふたつの思考が僕の脳に入り乱れるが、体は習慣的にジムに向かう。

一通りの柔軟をするのに30分は軽くかかる。

時間が押したので、後は、水泳だけにして、今日もトレーニングをやり過ごす。

どこまでせめて、どこで引くか。

無理をして体を壊しても誰も褒めては、くれまい。

誰も俺の仕事を変っては、くれまい。

孤独な自分との戦いの日々である。   

Posted by ゼモグループ at 22:11Comments(0)空手

2011年08月07日

深夜の稽古

今週は、何かとハードだった。

というかハードにしてしまった。

やっぱ、中8時間の連続稽古参加のダメージは、尾を引くぜ。

しかし、そういうのを乗り越えてこそ、さらに強い体が作れる。

しんどい分だけしか強くはならないのだ。

昨夜もくたくたであったが、自分がきつい時は、相手もきつい、
そいう時に気力を振り絞ってこそ、勝利が見えてくるのだ!
と大山総裁も空手バカ一代の中で言っている。

昨夜の敵は、自分自身であるが、軽くサンドバックでも
蹴って帰ろうというぐらいの軽い気持ちで自分を乗せつつ夜な夜な道場へ。

行く時は、軽い気持ちを持たないと足が嫌がる。

まずは、足を向ける事が大事である。

道場に入り体を動かしだすとだんだんと体の疲れや痛みも薄れ、調子が出てくるから不思議だ。

気がつけば、汗だくで延々2時間、体を動かしていた。

前回から始めたのは、回し蹴り、前蹴り、後ろ回し蹴りによるボール蹴り、各100本である。

足を手のごとく自由にコントロールできるようになるために、
天井から吊るした動くボールを的確に蹴り込む練習だ

深夜の稽古の場合、近所迷惑になるので、音の出る稽古は、あまりできないが、
この稽古は、静かにできるのがいい。

これはなかなかいいと思う。

自主トレもやるほどにどんどんメニューが増えてきて、時間がどんどん長くなっているが、
こなせているのは、スタミナもだいぶついてきたのかな?

何がともあれ、10人組手でスタミナ切れだけは、断じて避けたいと思っているのだ。

  

Posted by ゼモグループ at 14:41Comments(0)空手