プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2011年07月30日

8月に向けて

「スキンヘッドの人は、T字剃刀でひげそりの延長線上で、頭もそるんだな。」

「小犬と散歩しているおばさんが、うんこをしだした
小犬の後ろから必死で携帯で写真を撮っていてた」

「セミを捕まえた少年に{蝉の寿命は1週間だから離しておやり}と諭す大人」

ちょっと目をこらすと不思議というか面白い光景が身の回りには、転がっているな~~。

今日の稽古は、ジムスタジオにて「型」一式と柔軟、サーキットによる筋トレ。

型は、ゆっくり正確に動くのとなるべく早く動くのの2パターンをやるようにしている。

スクワットをやるようになって、気持ち、動きに安定感を感じる。

やはり脚の強さは重要だ。

月末が近いが、月初に立てたスクワット100回目標は、何とかできるようになった。

100回と一口に言ってもスピード、おろす高さで負荷は全く別物となるが、
僕の場合は、フルスクワット(膝が完全に折れた状態までケツをおろす。)
で、早めの100回を目指している。

「型」も全部覚えたし、逆立ち歩行、棒飛びもできるようになったので、
7月の課題は、ほぼクリアになったが、完全股割は、未だできていない。

8月へ持ち越しである。

7月は、減量しながらではあるが、充実した稽古ができたと思う。

さて、8月は、何を課題にしよかいな!?

バック転によるタンブリング(連続して行うこと)

夜の一般稽古への参加。週1回以上。

フルスクワット、連続150回。

拳立て連続100回。

ざっとこれぐらいが課題かな!?

ほんま、やること多いわ。   

Posted by ゼモグループ at 00:11Comments(0)空手

2011年07月27日

審査に向けて

今日は、朝稽古であった。

今朝も涼しい朝であったが、セミの大合唱は、猛威を奮っていた。

ダイエットのせいか寝つきが悪く、ほとんど眠らずに参加した。

ダイエット中は、やる気はでないが、体の疲労度が少なく、あまり寝なくても平気みたい。

やる気が出ないは、実は気のせいで、摂取カロリーが減ったので、
体がよけいな消耗を嫌がってるだけである。

食べるという作業は、実は、とても疲れる体の負担が大きい作業なのである。

今日の測定では、目標の65㎏台に入ったので、少し食べるようにしていくが、
この体重を維持しながら稽古を積んでいきたいと思っている。

今日の稽古は、久々にフルメンバーが参加した。

組手も久々にできたので、とても充実した稽古であったが、稽古後のダメージは、まだ残る。

やっぱり、空手は組手である。

型の方も今日で、昇段に必要な全てを教えてもらったので、動けるようにはなった。

これで、審査に必要な項目は、すべて網羅したし、
ほぼカッコ悪くないレベルには、どれもできるようになった。

後は、ひたすら反復練習で精度を高めるのみである。

問題は、10人組手である。

まだまだ、数をこなして、スタミナもつけないといけないし、打たれ強さも養わないといけない。

やるべき日々の課題は、増える一方である。


  

Posted by ゼモグループ at 18:08Comments(0)空手

2011年07月26日

体との会話

最近は、やや柔軟のやりすぎか、スタート時点では、全然曲がらない。

ベストまで伸ばすのに30~40分くらいかかる。

柔軟もやりすぎは逆効果なのかな!?

いや、ここで、もうひと踏ん張りしないと、次の境地には踏み込めん!!

などと、自問自答しながら痛い股関節と会話している。

今日は、ジムが休館で、明日は朝稽古なので、体を休める事にして、
昼から天気が良いので日光浴。

例年は、5月ごろからぼちぼちでるのだが、今年は本能的に放射線を浴びそうで避けていた。

今日は、今夏、初焼きなので、裏表、30分ずつのレアーにしておいた。

空には、やや霞がかかり、丁度よく日差しを柔らかくしてくれていた。

風も涼しくとても心地よい日光浴日和であった。

減量の方は、順調で、すでに65K台にはいった。

1か月で5㎏落とせた。

今後は、65Kキープでガンガン稽古して、筋量を増やしたいところである。

それにしてもスタミナ稽古における筋トレは、しんどさの割に筋肉はでかくならない。

むしろ小さくなってるようにさえ思える。

やはりスピード、スタミナの筋肉は、大きくならないのだろうか!?

色々と体との相談をして、楽しんでいる今日この頃である。   

Posted by ゼモグループ at 23:08Comments(0)空手

2011年07月24日

天神宵山

今日は、天神祭の宵山だなぁ。

天神祭は、人がそこへ流れるせいか、当店は、来客が減るのであまりありがたくない。

数年前に初めて歩きで、花火を見に行ったが、
人ごみにもまれてウロウロして音だけ花火で終わった。

今年は、大人しくお仕事をする事にしている。

天神祭は、船に乗ると楽しそうだが、その他は、
花火以外に見どころはないように思っているのは、僕だけだろうか?

良く、年中行事を毎年楽しみにするという人がいるが、
僕は、あまりそういう考えがない。

一度経験したことや見たものをもう一度とか、今年もとかは、あまり思わないみたいだ。

そういう時間があるなら、新しいものをみたり、新しい経験をしたいと思う。

もう少し年を取れば、そうでもなくなるのだろうか?

いずれにせよ、天神が終わると、お盆がすぐきて、あっという間に秋になる。

1年は本当に早いな~~~。   

Posted by ゼモグループ at 17:30Comments(0)その他

2011年07月23日

リベンジ、バック転

昨夜は、秋の訪れを想わせるような気候であった。

コオロギも路上ライブをはじめていて、
台風一過とこの涼しさで早めの勘違いデビューをしたのかも?

おかげで扇風機も寒いくらいで熟睡できたが、目覚めると腰に激痛が・・・。

しばし、ベットの上で何でだろう?と考えていた。

そうか!昨日したバック転の練習のせいか!?

逆立ち歩行が、ほぼ、道場の端から端まで(約8m)こけずに歩けた時点で、
僕は、バック転をできるようになろうと新たなる目標を立てた。

高校時代は体操部にいたので、バック転は、普通にどこででもできたが、
さすがに25年運動から離れた生活をすると、する気にもならなかったが、
最近は、できるような気がしてきたのだ。

自主トレというのは、誰も尻を叩いてくれないので、
稽古の成果をあげるには、具体的な目標がないと駄目である。

筋トレなら、目標回数とか、水泳なら距離とか時間とか数字を使うのが望ましい。

バック転というのは、体全体の筋力と瞬発力と手首の強さ、
発達した運動神経がないとできない離れ業であるから、
これができるというのは、体力の総合点が高い事を意味する。

後方へ思い切って飛ぶという勇気もいる。

後方へ飛ぶので頭から落ちて首を折るという危険性もあるので、首の強さもよう要求される。

道場の床は、柔らかいとはいえ、一人きりの道場でバック転を飛ぶ勇気はさすがにまだなかったので、
バック転をするための安全な練習法をしたのが、腰にダメージを与えたようだ。

普段しない動きをするとすぐにダメージがくる。

本格的な練習には、柔らかい分厚いマットが必要だ。

僕の通うジムのスタジオには、それがある。

ジムのスタッフに聞くと「なに使うんですか?」と聞くので、
「バック転の練習」と言うと目を丸くして、上司に聞いてきますと・・。

しばらくして得た回答は、危険だから許可できないというもの。・・・・。

なんためのマットやねん・・・???。

マネージャーとは仲良しなので、再び直談判。

あーだこうだと交渉の末。

最初は、人をつけさせてくださいというので、願ったりかなったりで許可を得た。

学生時代は、普通に出来たことも大人になると何かと面倒である。

若い君達、若いうちにやれることしっかりしなさいよ~~~。   

Posted by ゼモグループ at 19:31Comments(0)空手

2011年07月21日

土用の丑

今日は、土用の丑でうなぎを食べる日。

江戸時代から始まったこの風習は、夏の暑さに耐え抜くために
栄養価の高い鰻を食べてスタミナをつけようというところから始まったらしい。

そもそもなぜ土用の丑に・・・?

土用とは、立秋の前18日間ををさし、ちょうど梅雨が明けて、
夏本番に向かう時期でもあり、衣類や掛け軸などの湿気をとる「土用の虫干し」をしたり、
梅干し・うどん・うりなど「う」のつくものを食べて夏バテ防止をしたのです。

うなぎもまさに「う」のつく食べ物です。

梅干しもちょうどこの時期に土用干しをするので、この時期は何かとする事が多く、
バテ気味になるので、元気をつけなきゃ、という発想であったのかもしれない。

昔は、こういうイベントは、我々の出番で、うなぎ料理も飛ぶように売れたもんだが、
節分の巻き寿司同様に、コンビニ、スーパーが、我も我もとこのイベントで販促を打つので、
昔ほどの出番はなくなりつつあるが、普段よりは、断然うなぎ料理が良く通る。

今年は、節電ムードでバテ気味を予測してか、「夏バテ予防」のフレーズに敏感なようで、
高値の風潮にもかかわらず食べる人は増えるのではなかろうか?

高いと言われた方が食べたくなる。

人間とは、まことに変な生き物である。   

Posted by ゼモグループ at 22:38Comments(0)料理

2011年07月20日

台風一過

今朝は台風が来るという噂で、朝稽古は、どうなるのかなぁ?
と考えつつ、まあ、一人でも自主トレすればいいやと約2時間程の仮眠で目覚める。

セミが鳴いていたので、台風は来ないなと何の根拠もなく思う。

ここで川柳一句

「 台風の 一過を知らせる セミの声 」

今朝は台風のおかげでとても涼しい。

2名は、出張のために欠席が決まっていたが、他2名の参加で総勢4人での朝稽古。

新人が一人いたので、基本稽古、型などに時間を使い、
残りの時間は、受け身、組技の指導を受けた。

えっ、何で空手で受け身、組技??

空手をスポーツとみるとバスケの練習中にバレーボールをするようなもんだが、
武道、格闘技ととらえると、敵は何をしてくるかわからない。

あらゆる場面で戦い抜くためには、あらゆる攻撃に対処する力が必要である。

知識だけでもあるとないとでは、ずいぶん違う。

あれもこれもはできないが、一つの空手というものを軸にして、
他の格闘技をやってみるのは、動きの中で、いろんな部分で相通じる部分があるのでいい。

幸運にもうちの師範代は、合気道、SAWなど、あらゆる格闘技に精通してるので、
稽古の中身が膨らむので、とてもありがたい。

今日は、逆立ち歩行で、道場の端から端までこけずに歩けたのと、
棒飛び連続10回を意外と軽くできた。

柔軟の方もすごぶる調子がいい。

最近、組手をしていたので、体のダメージが少ないのと減量のせいだろう。

減量の方は、やや緩くしていて、67Kで停滞期に突入してるが、
がんばってあと2K落として、体の動きを見てみたい。   

Posted by ゼモグループ at 18:12Comments(0)空手

2011年07月19日

サウナおやじの信仰

数ヶ月前から僕がいく時間には、
必ずサウナの片隅を陣取っているサウナの主の姿が見当たらない。

自称サウナ歴50年のおやじで、サウナと水風呂の時間は、誰よりも長い。

サウナで会うたびにニュージャパンから始まった
自身の50年のサウナ武勇伝を語ってくれていた。

存在が気になっていて、仲良しさんに聞いてみると、
このジムからの帰りに自転車で転倒し、骨折したというのだ。

・・・。

そんなサウナおやじと数日前にサウナで見かけた。

恰幅の良かった出で立ちは見る影を潜め、痩せて、皮がたるみ、
杖までついて、よたよた歩いている。

サウナ時間もすっかり短くなり、僕よりあとに入っていては、僕より先に出てしまう。

よたよたで入ってくるので、もしサウナ内でこけたら大変なので、
サウナ内に一人にするのにとても気を使う。

それにしても彼のサウナへの執着心は何なんだ!?

普通は、あの状態では、サウナは、はいらないけどな!?・・・
っていうか入ったらあかんやろう~~というくらいだ。

たぶん、長年の健康を維持してきたサウナに新たなる元気を求めているのだろう。

強きもの、それは信仰心である。

歳をとってからの事故は、軽いもんでも後のダメージが大きい。

明日は我が身と思って気をつけよう。

  

Posted by ゼモグループ at 17:45Comments(0)教訓

2011年07月18日

全関西空手道選手権大会

今日は、舞洲アリーナへ極真会の全関西大会にでる
選手の応援とお手伝いを兼ねて朝から出向いた。

昨夜は、なでしこジャパンの活躍を朝まで見たので少々寝不足であった。

僕は、あまりサッカーは見ないが、昨日の試合はライブで見ていて、
思わず歓声をあげてしまうほど感動的なものであった。

2度のもうあかんわ、をひっくり返すんだからほんとにすごい。

日本の女性は、男の軟弱化に反比例して、本当に強くなっているようだ。



全関西の試合の方も我が天王寺道場からは、壮年、少年、子供、一般など
いろんな階級へ数名が参加していたが、うち2名が優勝し、見ごたえたっぷりであった。

中には、女子部の60歳以上の方も初参戦されたが、
60歳から極真空手を始めるというのも凄いが、試合に出るというのは、
輪をかけて、すごい勇気である。

いったい何が彼女を突き動かすのだろう?

今度、機会があれば、聞いてみたい。

結果は判定負けであったが、最後まで果敢にいどむ姿は実に美しかった。

僕は、初めて審判のお手伝いをすることになり、中学生の試合の副審を務めた。

試合はこれまで何度も見てきて目は肥えているので、
優劣の判断は、そう難しくはなかったが、
瞬時に反則や、技ありなど見極め旗を振るのは、慣れるまでいささか難しかった。

拮抗した試合を引き分けにするのは簡単だが、
延長戦のきつさを考えるとなるべく1回目で優劣をつけてやろうという気が働くが、
ここまで来るのにそれぞれ、相当がんばってきたこともわかるので、
もう少しやらせてあげようかという気も働く中、
数試合しかしていないが、とっても疲れた。

しかし、審判の目で試合をみるのも自分が試合に出るときのとてもいい経験であると思った。

拮抗した試合では、前へ出るという事と後半の押し込みがとても大事である。

と、わかっちゃいるけど、体が動かないんだな~~~。

まあ、ほんとに奥の深い道であります。    
                   
選手の皆さん、お疲れさんでした。

                     押 忍   

Posted by ゼモグループ at 18:43Comments(0)空手

2011年07月17日

壮行会

昨日は、試合に出場する選手の壮行会があった。

一般稽古の後にするということで、この日は、
仕事を休んで久々に一般稽古から参加した。

実質の稽古時間は、40分ほどしかないので、
どんな内容でするのか楽しみにして参加。

間に間に補強をはさみながらの基本稽古と、
早い動きの連続した移動稽古を間髪いれずに次々行い40分は、
あっという間にすぎてへとへとになった。

短時間だが体への負荷は、十分、いや普段よりきつい内容であった。

やはり稽古は、時間ではなく内容が大事だな。

あれくらい毎日やったら、誰でも強くなるだろうが、
これも集団稽古の威力で一人自主トレでは、あそこまで追い込むのは難しい。

その後の壮行会が思いのほか盛り上がり、
店の人から他の客の迷惑になるので、も少し小さな声でと注意1が入った。

空手家は、皆、声がでかいようだ。

二日酔いも手伝って、今朝は、昼過ぎまで熟睡した。

今日は連休2日めだが、店も思いのほか忙しい。

さて明日は、全関西、うちの道場のメンバーの成績やいかに!?
  

Posted by ゼモグループ at 22:16Comments(0)空手

2011年07月13日

朝から汗だく

今日は、週に1度のお楽しみ朝稽古。

空は快晴で太陽はギラギラまぶしいが、蒸し暑くはなくやや涼しいと感じるのは、
昨夜もクーラーをつけずに夜を超えたせいだろうか?

やってみると意外とクーラーなしでいけるもんで、扇風機も捨てたもんやない。

湿度が大きく影響するが、室内温度は、30度くらいが限度かもな!

道場に入ると道着のズボンを忘れた事に気づく、朝は、寝ぼけて準備するので、たまに忘れる。

まだ稽古時間まで30分もあったので、ダッシュで取りに帰ってもまだ誰も来ていなかった。

おかげで、アップは完了し、柔軟ではすでに汗がほとばしる。

今日の稽古スタートは、僕と師範代だけで、準備運動、基本は飛ばして、
昇段に向けての型の稽古をつけてくれたので、
僕には都合がよかったが、しばらくして2名登場。

ゆっくりペースではあるが、いろんなミットうちやコンビネーションを1時間やると、
道着は、もうびっしょり、意識は朦朧としてくるが、
今日は、風が抜けるので、まだ涼しい方だったので、クーラーはなし。

僕的には、限界の限界までクーラーはない方が、いいと思う。

インターバルで水分補給すると、した分だけ噴き出す感じだ。

準備運動、基本稽古を飛ばすと時間がかなりあり、ほかの事がたくさんできる。

基本は大事だが、準備運動は、稽古時間前に各自で済ますのが、時間が有意義だ。

今日は、なぜか股割が絶好調で、もうほとんど180度に近い。

7月中には割れそうだ。   やるぞ!   

Posted by ゼモグループ at 20:27Comments(0)空手

2011年07月11日

順調な減量

今日は、道場での自主トレとジムでのプールもできて、充実した1週間を切れた。

減量してるので、所々で倦怠感が出るが、そこは気のせいと思って無視するようにしている。

今日の体重は、66.5キロ12日で約3㎏は、落ちている。

今はいてるGパンはかなりスカスカになってきた。

ボディビルの経験のおかげで、食べない生活の仕方は心得ている。

食欲を無視するのは、僕にとって難しい作業ではない。

今回の目標体重は、65㎏にしておこう。

65㎏くらいが、ちょうど僕の体型では、腹筋がやや見えるくらいのベスト体重である。

あと2㎏ほどだから稽古とプールをしっかりやれば、たぶん10日ぐらいで達成できる。

筋量を落とさないように筋トレとプロテインだけはしっかりやらないとな!。   

Posted by ゼモグループ at 18:54Comments(0)

2011年07月10日

夏が来た~~!

今日は、かなり日差しがきつい。

今年の夏も暑そうだ。

梅雨も明けたので、来週は、天気が良い日は、日光浴でするかいな。

今週の稽古は、自主トレメニューに100回フルスクワットを加えたおかげで足が筋肉痛。

100回でこの様とは、やはり足が弱いと痛感する。

3日ほど痛みを引きずってしまい今週は、軽い自主トレ&上半身の筋トレしかできていない。

型の方は、ほぼ滞りなく動け、細部にも意識できるようになりつつある。

逆立ち歩行も道場の半分以上は、できるようになったし、
棒飛びも6回は、連続して飛べるようになった。

この暑さでは、道場にいるだけで汗がたらたら出ると思うとつい足が遠のくが、
スタミナは夏につけろ!と誰かが言うてた。

来週は、やるぞ~~~。

の繰り返しの俺の空手道。     押 忍   

Posted by ゼモグループ at 19:38Comments(0)空手

2011年07月09日

若返る!

7月4日にこのブログで紹介した「サ―チュイン遺伝子」について、
わかりやすく解説したサイトを見つけたので、紹介したい。
長生き、若返りに興味のある方は、是非ご覧ください。
   ↓  ↓  ↓
http://microdiet.net/diet/000244.html

ダイエットを始めて10日ほどになるが、2日ほど、チートデーを挟んだが、2Kほど落ちた。

気持ち腹筋も浮いてきている。

僕のダイエットの第一弾は、炭水化物を徹底的に食べないやり方だ。

変りにタンパク質(プロテインも活用)を含む食材を多く食べるようにしている。

ビタミンはひたすらサプリメントで補う。

そういえば、2年前にボディビルの減量で3カ月で10Kダウンしたあたりから、
良く若返ったと言われるようになった。

サーチュイン遺伝子が目覚めていたのかもしれない。

顔がスリムになると若く見えるというのは確かにあるが、
ただ、落とすだけだとやつれて見えて、高齢の場合は、逆に老けて見える場合もある。
肌の張りを残しつつ体重を落とす事が重要である。

そのためには、やはり、日常的な運動とサウナ冷温水浴が一番であると私は思っている。

ウエイトの高負荷トレーニングもサーチュイン遺伝子を刺激するような気がする。

つまりボディビルダーの生活は、
サーチュイン遺伝子の活性化にとてもいいのではないだろうか!?

まあ、やりすぎるのはどうかと思うが、僕の知る限りボディビルダーは、若く見える人が多い。

ボディビルダーの平均寿命を知りたいもんだ。

  

Posted by ゼモグループ at 14:13Comments(0)健康

2011年07月08日

間合い

昨日の朝稽古は、主に間合いの取り方を重点的に行った。

相手の体のちょっとした動きから次の動きを読んで、
攻撃やすい位置に素早く自分の体を移動する。

相手と自分との間には、お互いの制空権があり、
そのぎりぎりのところをせめぎ合うのが間合いである。

最近よく使われる空気を読む、読めない(KY)などの言いようも、
もともとは、武道の修行から派生した言葉かもしれない。

危なそうなやつには近寄らないのが究極の護身術であるが、
そのためには、空気や殺気を読む力が必要である。

人間関係では、最近、空気を読めない人が増えつつあるが、
現代では、顰蹙を買うか、孤立する程度で済むが、
切り捨て御免の時代では、空気(殺気)の読めいない人間は、
切り捨てられたのだろうから、空気を読む能力というのも命がけに必要であったのだろう。

現代でも通り魔など物騒な事件も多いが、危なそうな人間には、近寄らないのが一番であるが、
もし、近づいてきて、自分の制空権に入ってきたら、
一気にタタキ落とすという実力を日頃からつけておきたいものである。

極真空手の組手においても同様で、一瞬の間合いのミスが死につながる。
は、ややおおげさだが、間合いというのは、武道の道だけでなく
人間関係においても大切なもののようである。   

Posted by ゼモグループ at 18:49Comments(0)空手

2011年07月06日

昭和の香り

この二日の日中の天気で、梅の天日干しをすることができた。

やれやれである。

出来栄えは、上々で、手塩にかけてつくっただけに一粒一粒がとても愛しく見える。

売るのがもったいない気分にすらなる。

そういえば、「ええ塩梅」とか「手塩にかける」なんていう言葉は、
いずれも梅干し作りから派生したもののようだな。

やってみて、わかったが、梅選びから始まって、
塩加減、タイミング、
天気まで考えながらする梅作りの工程は、大変ではあるが、
出来上がった時の喜びも一塩である。

おっと、こんなとこにも塩がでてきたぜ!

いかに、昔の日本人の生活に梅作りが寄り添っていたのかが言葉ひとつからも伺える。

昨日は、久々に仕事は、完全OFFにして、梅の天日干しを見張っていたが、
退屈したので、ふと、網戸作りをしようと決意。

今までの家の生活は、年中冷暖房ガンガン生活であったが、
今年は、なるべく窓を開けるようにしている。

網戸のついてない小さな窓が6カ所あり、ここを開けたいのだが、
網戸がないので蚊の襲撃をうける。

思い立ったが吉日、コーナンへ走り、どういう風にするか材料を見ながら知恵を絞る。

規格の窓サイズでないために既成の網戸は、入らないと分かり作るしかない。

僕は、網戸張り替え用の網とマジックテープと強力な両面テープを購入し、
窓枠にマジックテープで網を脱着できるようにすることにした。

網を窓枠サイズにカットして、マジックテープの凸を縫い付ける。

マジックテープの凹は、窓枠に両面テープで張り付ける。

そんなイメージで寸法を計算し、必要な材料を購入した。

ミシンは、得意で、学生のヨット部時代は、よく破れたセイル縫いをしたもんだ。

押し入れからミシンを引っ張り出したが、使うの15年ぶりぐらいだろうか?

これが意外にも僕に苦戦を強いてくれた。

ミシンというやつは、なかなか思い通りに動いてくれないのだ。

少し進むとすぐに糸切れ、もつれ、イライラしながら汗だくになり、
悪戦苦闘して、やっと最初の1枚が仕上がるに2時間を有してしまった。

こりゃ、やってられんわ、と何回もくじけそうになったが、
仕上がりは、バッチリで、イメージ通りの出来となった。

それからミシンとの格闘、延々5時間。

なんとか、日をまたぐ前に、6枚の網を仕上げる事が出来た。

ミシンも中盤からコツをつかみだし、だんだんと楽しくなってきたころで終わった。

ミシンも思うように動いてくれると楽しいもんである。

昭和の主婦は、梅干し作りや、裁縫で時間を美しく使って、色々悟っていたんだろうな。

梅干しも衣類も手間を考えると買う方が安い時代なのかもしれないが、
手間暇にかけてやってみるのもなかなか良いもんぜよ!(WHY龍馬)

扇風機のぬるい風と梅干しの香り、ミシンの音が、
休日の僕の家に昭和の香りを思い出させた。   

Posted by ゼモグループ at 17:13Comments(0)教訓

2011年07月04日

長生き遺伝子

昨日、母から電話があり、長寿遺伝子に関するテレビ放映があるから見てみ~との事。

めったに電話をしてくることはないが、母も僕のブログの愛読者のようで、
僕が長生きをしたいと思ってるとでも思ったのか、その事を知らせてくれた。

NHKスペシャルの「あなたの寿命は延ばせる~発見!長寿遺伝子~」
というテーマだが、なかなか素晴らしいというか、
日頃、自分自身の体でも感じていたことを
具体的な人体実験とデータで臨床していて、
そやろ、そやろと共感できる部分が多くおもしろかった。

僕のブログを愛読していただいてる方のために少し要約してお話しすると、
長生きするために必要な事は、サーチュイン遺伝子というものを活性化させる事だそうです。

この遺伝子は、だれでもの遺伝子に組み込まれてるものだが、
普通の生活では、眠っていて活動しない。

この遺伝子は、老化の原因と言われているミトコンドリアの老化を防ぎ、
老化とともに敵に回る免疫細胞を正常に動かす働きを持ち、
活性酸素の発生や動脈硬化を防ぐなど、
なんと老化を防ぐ100個くらいの要素に作用するまさしく不老遺伝子なのだ。

つまり、老化を遅らせるためには、このサーチュイン遺伝子を目覚めさせ、
活発に動かすことが重要だというのだ。

では?どうすれば、この遺伝子は目覚めるのか?

体を飢餓状態にすることらしい。

2匹のサルの実験で、同じ環境で飼育したが、片方が年齢とともに毛が抜けて、
肌がたるみ老けていくのに対し、もう一方は、そのような老化現象は見られなく若々しいのだ。

この2匹の環境で変えていたのは、片方の食事量(摂取カロリー)
をもう片方より30%少なくしていたということだけだ。

つまり、片方は、常に空腹飢餓状態で生活していたということである。

実際に他の動物実験でも明らかに飢餓状態に置いた方が長生きをしたらしい。

なるほど、ボディビルの減量で3ヵ月ほど、ほとんど食べない状態で過ごした時は、
疲れるどころか、逆に頭は冴えるし、体もとても楽になったという体験をしたが、
その時は、この遺伝子が目覚めていていたのかもしれないな。

秦の始皇帝が探し求めた不老長寿の薬は、実は、誰もの体内に存在していたのだ。

アメリカでは、10年前に発見されたこの遺伝子の存在を受けて、
すでにサーチュイン遺伝子を目覚めさせるサプリメントがたくさん販売されているらしい。

めざせ!飢餓状態と簡単にいっても自分の基礎代謝から
30%のカロリーを落とす生活は、けっこうきついよ。

腹八分目、医者いらずとは昔から言われているが、
現代人もやっと臨床でそれを証明できた。

さて、この遺伝子、眠ったままにしておくか、おこして、若返りするか!?

それは、あなたの意志ひとつである。   

Posted by ゼモグループ at 23:51Comments(0)健康

2011年07月03日

水の都計画

昨日は、中之島の周りをボートでぐるりと周遊した。

僕の友人が、中之島の川辺で来年、大型レストランを開店するにあたり、
水上でも食事やクルーズを楽しめるサービスを検討中で、
視察のために僕の知り合いにボートを出してもらい、
川から眺める大阪の景色とクルーズコースを検証した。

友人が出してくれたボートは、12人乗りのイタリア製、
総マホガニー張りの購入価格4000万円の代物。

しばし、セレブな気分に浸る。

大きな問題は、橋げたの低さである。

大阪水上バスなどを見ればわかるように、大型船をあの川で運航する場合、
橋げたが低いためにぺたんこの不細工な船の形になってしまう。

中之島を一周するには、水面から1.2Mほどの高さの船しか無理なのである。

干潮のきつい時や大雨などの影響も大きく受ける。

この難問をいかにクリアして、在来船にはない
おしゃれ感をいかに演出できるかがテーマであろう。

水の都と言えば、昨年訪れたイタリアはベネチアが鮮明に思い出される。

ベネチアと大阪の川事情の大きな違いは、川からの景観にある。

ベネチアでの移動は、ファボレットという水上バスがメインで、
建物は、運河からの景観を第一に考えて建てられているので、
バスやゴンドラに乗ってても景観を十分楽しめる。

逆に大阪の川は、ほとんどのビルが川に背中を向けていて、
見るに絶えない不細工な作りをしてるところが多いのだ。

最近は、少し川向きのカフェなども登場してきて、少しましになりつつあり、
中之島界隈の発展も手伝って、川遊びがこれからの
おしゃれスポットに成長するのは間違いないが、
船会社のおっさんが考えるものは、屋形船一つにしてもどうもダサい。

今回の開発は、大阪府との共同開発でもあるので、
友人の経営手腕でどこまで、水の都大阪にメスを入れてもらえるのかとても楽しみである。

視察の後は、川遊びついでに、屋形船をチャーターして、
友人の会社の社員達13名ほどで水上宴会を行った。

水面から見る大阪もなかなか味があり、2時間ほどのクルーズ宴会であったが、
大盛り上がりで、一同は、すっかりでき上がってしまった。

下船してもまだ明るく、ええ~~まだ5時やん!

勢いがついたので、その足で阪神のビアガーデンへ突入したが、
飲み食べ放題で3500円。 おまけに凄い人。

今年は節電ブームでビアガーデンが人気なのか!?

というか、土曜のこの時期、この時間帯は、こんなもんなん?!?

ほとんど、この時間帯にこういう場所に来る事がない俺は、圧倒された。

こんなとこで飲むと船酔い、酒酔いに続いて、人酔いそうや!。

予約はしてあったものの、屋形船で懐石料理をたらふく食べていたこともあり、
こりゃやめとこということになり、ドタキャンして、飲み屋街ヘ乱入。

串カツ立ち飲み、ショットバー、おばはんスナック、中華料理を梯子して、解散、帰路についた。

たまには、こういうのも良いが、また、ダイエットはやり直しナだな。

いや、昨日は、チートデ―だった、ということにしておこう。

  

Posted by ゼモグループ at 22:50Comments(0)その他

2011年07月01日

7月の課題

7月突入、今日は、朝からの雨のせいで、やや涼しく過ごしやすい。

稽古は、ジムスタジオで、型の稽古と柔軟、補強、
マシンで二頭を少し、高重量からしばし離れていたので、ウエイトは、少しずつにしている。

部分的な激しい筋肉痛は、空手の稽古に支障をきたすからな。


僕は、依然、足腰が弱い。

どうも足の補強は、苦手だ。

若いころから、あまり走り込みの必要なスポーツををしなかったせいだろう。

苦手だからしない、しないから弱い。

当たり前の話だ。

よ~~~し、7月は、足の補強に力を入れるとするか!

取りあえず、スクワット100回は、素でできるようにならんとな。

  

Posted by ゼモグループ at 22:08Comments(0)空手