プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2011年01月31日

泥 棒

その事件は、昨夜の深夜2時ごろおこった。

僕が、テレビを見ながらベットで寛いでいると、ドスンという鈍い音がした。

僕の家の近辺は、空き巣が流行っていて、
僕の住んでるビルの1階のテナントにも僕がイタリアに行っている際に入られたし、
お隣もすでに1回はいられている。

もしや!?と思って4階の窓からのぞくと、長髪で手袋をした不審な奴がウロウロしている。

道路を行ったり来たりしてて、何をしてるかわからない。

と、次の瞬間、袖から大きなレンチを取りだして、隣の窓ガラスを叩いたような感じ。

お隣は、美容室の店舗で、夜は、空き巣である。

ああ、間違いない、こいつは、泥棒や!。

と思ったが、まだ、窓が割れているのを確認したわけでもないので、断定は難しかった。

僕は、念のため警察に電話して、しばしそいつの動きを伺っていた。

一度たたくと、周りの様子をうかがいながら離れて、きょろきょろ辺りを見ている。

恐らく音で誰かが出てこないか見てるのだろう。

周りをぐるぐる見渡すうちに隣の窓から覗いている僕の方を凝視しだす。

ん!気づかれた?

僕も暗めのとこから見ていたので、誰かいるのかと伺うような目で私の方をじっと見ている。

私も隠れる事もないなと思い、息を潜めて目を離さずじっと見ている。

「こら?なにしとんねん!」というたろかと思ったが、
まだ、人がいると認識していないかもしれんので、黙って見ていた。

結構長い時間見つめあい、ふっと目をそらしたかと思うと、
路地に隠していた自転車にまたがり逃げて行った。

下に降りてお隣を見るとやはり、窓ガラスを4カ所ほど、叩いた跡、
鉄線入りのガラスなので、簡単には、割れなかったようだ。

しばらくすると警察が現れたが、結構な時間がたっていた。

犯人の特徴を教えると、探しに行きますわと警官立ち去る。

今思えば、もう少し、見つからないように見て写真でも撮ったらとか、
すぐに出て行って、捕まえたらよかったかなとか色々思うが、
とっさの場面では、なかなかできんもんやなぁ。

見つめあうのが精一杯でした。

今日は、お隣からお礼を言われたが、捕まえたら英雄やったなぁと、
ややチャンスを逃した気分である。

  

Posted by ゼモグループ at 23:09Comments(0)生活

2011年01月30日

あと2週間。

いや~~、昨日は、初めてサッカーをライブで、最初から最後まで見た。

サッカーはあまり興味がないのだが、
稽古から帰るとちょうど始まったので、釘づけになってしまった。
ゴールを決めた時は、やや、熱狂したが、お名前が「李」と出てややガクッときた。

日本のサッカー?も強くなったもんだ!

自分の試合まであと2週間となった。

この2週間は、予定通り週5回の一般稽古をやり遂げたが、
負傷と疲労蓄積で、体はボロボロである。

昨日も2段の先輩から膝蹴りを脇にもらい、息が止まった。
今朝は、やや痛みが残っているが、骨は、大丈夫そうだが、
あと2週間で回復するかやや気になる。

痛みが取れなければ、確実に弱点となってしまう。

しかし、おかげで、スタミナは、確実に上がっているし、
組手の感覚もだいぶとつかめてきた。

技術の前に確実な基礎体力、スタミナがないと話にならないのは、
稽古の中でいやというほど思い知ってる。

あと2週間は、、新しい怪我をしないように注意し、
スタミナの増強と怪我の回復に努めたいと思っている。


  

Posted by ゼモグループ at 17:50Comments(0)空手

2011年01月27日

アドレナリン

今朝はやや冷え込んだが、朝の寒さにもだいぶ慣れてきた。

今朝の稽古は、ステップワーク、デフェンスが中心で、スパーリングは行わなかった。

あちこち痛めているので、やや助かった。

思えば、2年前にボディビルを始めてから、
体のどこも痛くない日はなかったような気がするなあ。

ボディビルのウエイトトレーニングはまだ、分割法でしていたので、
1~2か所の痛みで済んでいたが、
空手は、全身運動なので、最近は、全身が痛く、起きた直後は、起き上がれない。

目が覚めて、痛みを認識し、少しずつ痛みに耐えて動かすうちに不思議と痛みが引いてくる。

たぶん、寝てる間は、動きがないので痛みを認識しないので、
アドレナリンが分泌しておらず、起きた直後は、痛みが大きいのだろう。

起きて痛みを認識し、動くことで、アドレナリンが徐々に分泌し、
痛みを麻痺させてくれているのだろう。

道場に入り、道場の臭いをかぐとアドレナリンは、さらに分泌を増し、
寝起きは、あんなに痛かった部分の痛みがうそのように消えているのだ。

気合いで痛みも吹っ飛ぶというが、まさしくその通りで、
人体というのは、実にうまくできておる。

アドレナリンの事を調べているとついでにドーパミンについて以下のような記事を見つけた。


ドーパミン(dopamine)は、神経伝達物質の一種なんだよ。
DNAによって、脳内にあるドーパミンのレセプター(受容体)のタイプが異なっていて、これが好奇心などの性格に影響しているんだ。
ドーパミン・ハイのタイプの人は、「当たり前のこと、日常的なもの」にスグ飽きてしまって、
「変わったこと、新しいもの」を求める傾向が強いんだ。
転職が好き、引越しが好き、恋人を変えるのも好き。
ケータイはいつも最新機種で「この機能(ワザ)知ってる?」
なんて自慢をするのですぐ分かります。

ただし、ドーパミン・ハイといってもそのレベルにはいくつかの段階があるんだ。
ノーマルからアブノーマルまでの3段階で解説してみるね。
「ええ~!アブノーマルがあるの!」とビックリした? あなたは、どれに当てはまるかなー!?


まずは、ノーマルなドーパミン・ハイの人。やる気にあふれ、スポーツなんかも得意です。
このタイプの人は、動きがキビキビしているのが特徴だよ。
表情が豊かでニカッとした笑顔が多いね。
性格は外交的で、話をするのが大好き。
会話にリズム感があるんだ。
好奇心が強くて、様々な知識を得るのも大好き。

どうでもいいようなことをなぜかよく知ってる雑学博士みたいな人もいるね。
いわゆる、頭イイ!って人が多いんだ。

そして恋愛は“目移りしちゃって長続きしないタイプ”が多いです。
もちろん浮気性で、本人の外見がいいと二股三股も当たり前! 不倫もOKです。
女性の方は、スリリングな恋に燃えるという形になって現れることもあります。
周囲が反対したりすると余計にのめり込んじゃうよ。

次に、ドーパミン・ハイ+の人。ドーパミンのレベルがさらに上がった人だよ。
ともかく、飽きっぽくて、通常の刺激ではガマンできない人。
冒険・探検好きで、刺激のためならリスクを犯すことも平気なんだ。
ここ重要だよ、「リスクも平気」ってとこ。
時々ギャハハとオーバーアクションの笑い声を出すタイプ。
そして目がキラキラしてるんだ。
スポーツも危険な競技を選ぶ傾向が強いんだ。
あと、電気製品も新発売・新製品が大好き。
車もしょっちゅう乗り換えます。
フェラーリのようなエキゾチックな車とか大好き。

このぐらいのレベルになると、日本人には少なくて、欧米人に多いといわれているよ。
起業家や発明家にもこのタイプが多いんだ。
ちなみに、アメリカの調査では、ドーパミン・レベルがかなり高い人は、
SEXに対しても好奇心旺盛で、同性愛を経験した人
(あくまでも一般の恋愛嗜好=異性愛者)が多いそうだよ。
もともと同性愛の人も異性と寝た経験が多いそうだよ。アブナ~イ!!

そして、さらにドーパミンが過剰な場合は総合失調症になりやすくて、
ありもしないものが見えたりする“幻覚”や、いつもだれかに狙われていると感じる
“被害妄想”などの症状を見せるようになるんだ。
ただ、全ての統合失調症がドーパミンに関係するとはいえないんだけどね。ま、何でもほどほどが大切ってことなんだね。


ん~~~?、僕は、ドーパミン、ハイかもしれないな!?

いやまてよ!

逆に使う能力は、進化する。

若いうちにスポーツをすることで、ドーパミンをたくさん作る能力が進化すると仮定すると、
やはり、若い時にスポーツをしてきた人は、
ドーパミン、ハイの傾向になるのかもしれないな!?   

Posted by ゼモグループ at 02:02Comments(0)体験

2011年01月26日

柔軟の極意

ウエイトによる高負荷、小レップスのトレーニングにおける筋肉の超回復は、
僕の場合、筋肉痛が二日目にはじまり、3~4日で、ほぼ回復するが、
空手の稽古では、筋肉痛プラス筋肉が延びることによる痛みを伴う。

毎日、結構な痛みを伴う柔軟体操を行うが、筋肉が伸びる事により起こる筋肉痛は、
普通のウエイトトレーニングとは、少し違う感じがある。

筋肉をでかくする場合は、回復を待って、また破壊、回復を繰り返すのがよしとされているが、
筋肉を伸ばしたい場合は、完全回復を待つとまた元の所まで縮んでしまうような気がする。

先日、この事を松井館長と話したら、
「それはねぇ、痛くても、またその上から伸ばすんだよ」
とおっしゃった。

酒の席だったので、冗談だろうと、軽く聞き流していたが、
最近、やはりそうなのかと気づいてきた。

柔軟は、筋肉をでかくするのとは、逆に、回復を待たずに、
痛くても痛くても毎日伸ばし続けることが極意ではなかろうか!?

まあ、医学的根拠はないが、今のところ、そのやり方がいいように私は、思っている。

いづれにしろ長年筋肉が記憶している縮みの常識を変えてやるのは、至難の業である。

通常は、若い時はできていたけどな~~と40代の先輩が語るが、
44歳の僕が完全股割ができる日は、はたして、来るのだろうか?!

  

Posted by ゼモグループ at 01:02Comments(0)空手

2011年01月23日

播州カップ

播州カップまであと21日である。

この10日間は、予定通りの稽古ができたが、体へのダメージがかなり蓄積している。

稽古量に比例して、食量も増し、昨日は、70kを超えた。

僕のクラスは、70k以下なので、ここらで炭水化物を避けていかねば・・。

ウエイトトレーニングをしていないので、見かけは、筋量が減った感があるが、
足などは、ぐっと太くなり、インナーマッスルが大きくというより
強くなってきてる感じがある。

柔軟性と瞬発力もだいぶついてきた。

稽古をしながら、疲労回復が理想だが、今の稽古内容は、僕の回復力をやや超えているようだ。

最近は、稽古と仕事以外の時間は、家で大人しく体を休めている。

前回稽古では、帰り道で右足が傷むと思ったら、打ち身で足の指が腫れ上がっていた。

さすがに試合直前に体を痛めたくないので、どこまでガチでやっていくか考えてしまう。

まあ、とにかくやるしかない!

  

Posted by ゼモグループ at 21:14Comments(0)空手

2011年01月19日

無心の猛稽古

今朝の朝稽古は、5人の参加で、そのうち3人が選手ということで、
いつもより激しい稽古メニューになっていた。

よく考えてみると、フルコンの試合は、当日まで誰とも知らない奴といきなり対面して、
いきなり殴りあうという公のケンカである。

勝敗は、相手との力(気力、体力、根性)の差が決めるが、
誰とも知れない架空の相手をイメージすると、いささかの恐怖心と緊張感が僕を襲う。

上級の先輩と当たると、力の差を歴然と感じる。

同じ道場の先輩は手加減してくれているが、
もし、こんな奴が本気で向かってきたらやばいな~~!。

恐怖心は、募る一方である。

恐怖心を払拭する悠一の手段は、猛稽古である。

稽古の途中で息が上がると、こんなんでは、駄目だ!ダメだ!と、
稽古を重ねるたびにいけてない自分が浮き彫りになる。

戦国時代の戦なら、それはもう即、死を意味するのだから・・・。

厳しい稽古内容は、そういう意味でも大変ありがたい。

一人稽古では、とても踏み込めない世界がそこにはある。

しかし、相手も同じように怖いはず。

ファーストコンタクトで力の差を見せつけられるように、
あと24日でどこまでやれるかで結果が決まる。   

Posted by ゼモグループ at 21:00Comments(0)空手

2011年01月18日

無理と無茶

おっと、また2日も飛んでしまった。

最近、ブログの方は、油断モードで書いたり書かなかったり。

先週は、空手の方で、一般稽古に2回参加して、毎日稽古で、体のダメージがひどい。

今日はぎりぎりまで体がベットにへばりついていて、離すのに一苦労したが、
予定通り、昼から道場へ入ったものの軽く体を動かす程度しかできなかった。

試合にでるという明確な目標がなければ、
今日は100%道場にすら行かなかった事だろうっていうか一般稽古も出たかどうか・・?

志こそ行動の原動力なり。

ボディビルはフィギャー競技のため、倒されたり、
明確な敗北とおいう結果を生まないので、比較的マイペースでやれたが、
今度は、格闘であり相手があり、下手をすれば、KOされたり、
痛めつけられるという公の場で屈辱的な目に合う。

その場面は想像するだけで武者震いが走り、僕を稽古へと駆り立てるのだ。

こんな僕を見て、周りの近い人からは、無理をしないようにとよく言ってくれるが、
はたして、無理なくして成果は得らるのだろうか?。

無理を超えて、無茶、無謀の世界に入るのは、いささか大人げないというか、
一応の社会的責任も背負っているので、ブレーキは自然とかかる。

師範代からも「無理はすれども無茶するな!」

というわけのわからん訓示をいただくが、無理と無茶の一線ははたしてどこにあるのだろう?

無理を辞書で引くと
「道理に反すること。筋道の通らないこと。また、そのさま」とあり、
無茶を辞書で引くと無理と同じような意味に、
「程度がはなはだしいこと。度を越していること」が付け加えられている。

度を越すということが、限界を超えるという風に言いかえるなら、
人間は、自分の意志、行動で自分の限界はなかなか超えられるものではないと思う。

自分の限界なんて実は想像もできないもっと高い所に存在するもので、
自分の意志でやってる範囲は、すべて無理ではない可能の範囲内の事なのである。

可能な範囲内の中で、無理だとかできないとか考えてるにすぎないのである。

だから、無理をするなと言わないで!

だって、今から試合に出るということがすでに無茶な事なんだから・・・。


  

Posted by ゼモグループ at 00:36Comments(0)空手

2011年01月14日

気力はあれど・・・・。

大会の出場に向けてトレーニングメニューの見直しをした。

朝稽古の自主トレは、スタミナ、筋トレの追い込みがどうしても甘くなるので、
月曜のみとして、一人の稽古は、主に必殺技の研究を行う。

水曜日は、師範代の朝稽古。

火曜日、木曜日、土曜日は、夕刻の一般稽古に参加する事にした。

昨日は、昼から1時間ほどの一人自主トレを行い、
仕事が終わってから一般の合同自主トレに初めて参加したが、
僕と選手二人の参加で、いつもの一般稽古よりさらにきつく、
より実践的な内容であった。

立ち方が後傾だと指摘されて、前傾を意識するとかなりふくろはぎに負荷がかかる。

そのためか、後半の組手の際に左足のふくろはぎが攣ってしまい、
残念ながら組手は、途中で見学となった。

やはり気力はあれど、体がついてこん、44歳。

人3倍精進せねば・・・。

  

Posted by ゼモグループ at 18:37Comments(0)空手

2011年01月12日

また、言ってもた。

今日は、新年、初の師範代の稽古であった。

年末年始で結構空いたので、久々に気合いの入ったいい稽古であった。

稽古の最後に師範代が、2月13日の播州カップという空手の大会があるが、
出る人は、明日が締め切りなので、今日中に申し込んでくださいという。

僕は、この年から試合に出るということは、あまりイメージしていなかったが、
師範代が、「風本さんもでますか~~?」と振ってきたので、
思わず「押忍」と答えてしもた。

ボディビルのの時もそうだったが、こういう場面で僕は「NOと言えない日本人」と化す。

「来るを拒まず、去るを追わず、有言実行」が僕の信条である。

試合に出るとなると自分の中で、しておかなければならない課題が一気に浮上する。

後わずか1カ月であるが、スーパーモデルチェンジしなければ・・。

  

Posted by ゼモグループ at 17:52Comments(0)空手

2011年01月11日

ご利益とは?

今日は、残りえびすでお客さんの数人が笹を持って入ってきた。

そのうちの一人が数個の飾りをつけた立派な熊手を持っていた。

大阪人の悪い癖で、その熊手いくらしました?

と聞くと、いくらに見える?とホステスに年齢を聞いた時のような受け返し。

5000円くらいですかというと、1万円だったという。

どう見ても5000円やんな~~、高いと思ったが縁起もんやから値切れなかったらしい。

確かに値切るぐらいなら買わない方がいい。

なぜかそこから神様の話に花が咲く。

以前の僕なら、神様の話には、興味を抱かなかったが、
最近は、道場に通っているせいで、「神前に礼」というのを行くたびにやることと、
極真会の道場訓に「神仏を尊び献上の美徳を忘れざる事」
という一文があることもあり、以前より信心深くなってきた。

それに伴い、なぜか神社にお参りに行く機会も以前より増えている。

最近は、パワースポットとやらで、神社参りが流行っているらしいが、
僕の生活にも自然と入り込んできている。

神社の話になり、そのお客様がこんな話をしてくれた。

そのお客様は、以前家を建てたときの棟上げのために三輪神社に、
棟上げセットをいただいたそうだが、
棟上げをした次の日に隣が火事になり類焼で骨組みが全焼したらしい。

何の御利益もないがな!?と怒って他の神社を探したが、
その辺りでは、三輪神社が一番いいとのことであったので、
しぶしぶ再度、棟上げセットをいただきにあがる。

火事で燃えたことは、言わないつもりだったが、巫女を前にした時、どうしても
腹の虫がおさまらなくなって、つい、お宅の棟上げセットすぐ燃えて、
何のご利益もありまへんがなとかみついた。

すると、あるで、待ってましたとばかりに、
その巫女は、「ご家族にお怪我はありませんでしたか?と。

ないよ。

よかったですね、神様が守ってくれたのですよ。

・・・・・・。

彼は、それ以上何もいえず、再び上棟セットを買ってかえったそうな。

なかなかすべらない話であった。

  

Posted by ゼモグループ at 23:09Comments(0)教訓

2011年01月10日

朝稽古経て懐石

土日の休養で体はすっかり筋肉痛から解放されている。

今日は、昼から懐石料理の予約があるので、その前に一人朝稽古にでかけた。

今日は、型とサーキット、サンドバックで1時間30分は、あっという間に過ぎた。

体を動かした後の仕事は、立ち上がりが早い、朝から捗る。

お客様も時間通りに見えたので、快調な仕事であった。

今日の献立


    懐石料理
                   
先付 白子豆腐 雲丹 わさび

前菜  サーモン手毬寿司 出汁巻 もずく
     蛍いか沖漬 あん肝 合鴨八幡巻 

造り 寒ぶり 鯛 まぐろ いか 
            つま一式 

油物 海老 穴子 かき 大葉
    玉葱 薩摩芋 おくら 天つゆ

蓋物 南京饅頭 海老 きくらげ
      鶏 人参 ゆず餡かけ 

酢物 セル牡蠣 ポン酢

焼物 寒ぶり柚香焼  はじかみ
      車海老鬼瓦焼 レモン

飯物 たらばかにごはん 
     人参 干椎茸 竹の子 榎

吸物 あおさ汁 あさり 三つ葉

香物 白菜 胡瓜

デザート 抹茶アイス 胡麻団子

平成二十三年 一月十日
  
        大坂 あそこ 謹製
  

Posted by ゼモグループ at 14:01Comments(0)料理

2011年01月08日

有暖者

ラスト勤務明けは、2時間ほどしか寝れない上にこの寒さは、きつい。

おまけに蓄積した筋肉痛が全身を襲っている。

何度、やめろ、やめろと僕の悪魔がささやいたことか!

しかし、もし他の道場生が来て、一人になったらかわいそう。

そんな思いが僕の重たい体をベットから引き離す。

道場も冷え切っていて、寒いというより足先などは痛い。

ふとエアコンをみると「暖房」という表示が出ている。

冷房だけかと思ったが、暖房もあるんや!

考える間もなく、僕の人差し指は、そのボタンをポチリと押していた。

有暖者となってしまったの図である。

すぐに暖かい風が出てきて、寒さの苦痛はややましになり、体も動きやすい。

基本稽古が終ると体が温まってきて、今度は、暖かい風が気持ち悪くなり、暖房を切る。

夏場の途中から冷房をいれるのと逆である。

2月の稽古が思いやられたが、これで乗り切れそうである。

最近の稽古は、基本をさっと流して、スパーリングに終始している。

来るべき10人組手に向けて、毎回2分のスパーリングを10回は、こなしておきたいのだ。

後は、スタミナを付ける稽古。

今日もラストにサンドバック200本の蹴りこみの後、
スクワットで追い込んで、脚はがくがくである。

がくがくの脚で、散髪屋へ。

髪がのびのびなので、また坊主にしようと思っていたが、
この寒波に負けて、普通のカットをしてもらう。

仕事の時間まで爆睡して、ジムに行ったが、サウナだけで、引きあげた。

この土日で、超回復しておかねば・・・。

  

Posted by ゼモグループ at 00:12Comments(0)空手

2011年01月06日

塩漬うに

3日前に魚屋が北海道産の塩漬けうになるものをもってきた。

普通の塩ウニより塩分がとても強く、マイナス25度の冷凍庫に入れても凍らない。

通常は、使っていない食材なので、使い方を思案している。

まずは、簡単に胡瓜や大根に挟んであてにする。

塩辛いがウニの風味が生うによりも濃厚にしっかりと残っていて、
日本酒のあてには最高である。

今日は、ネットからレシピを引っ張り出して、うにのクリームスパゲッティ―に挑戦したが、
これがなかなかの出来で、まかないでスタッフに食べてもらったが、皆、絶賛してくれた。

調子に乗って、明日は、こいつで、炊き込みウニご飯に挑戦だ。

この道、23年めに入ったが、たまにこういう自分では、
わざわざ買わない食材を魚屋が押し売りのように持ち込むことがあるが、
頭からいらんと断らず、せっかく持ってきたなら置いていきと買ってみる。

そして、どうしたらメニューになるかなどを考えてみるのは、とても楽しい。

うまいもんができるとさらに嬉しい。

こんなささいな喜びが僕の人生の瞬間を彩っているんです。  

Posted by ゼモグループ at 22:57Comments(0)料理

2011年01月05日

トレーニング目標

今年は、幸先がよく、年始からお店は、忙しい。

久々のブログになったが、朝稽古は、3日の稽古初めから~毎日いって、
ジムも昨日、今日とつめて通い、トレーニングも調子がよい。

昨年は、手術やら体調不良、負傷などが多かったので、
なんとか怪我のない1年にしたいところである。

今は、負傷していたカーフ、手首もほぼフルに使える状態に回復しているので、
無理はせずに無茶をしたいと思っている。

昨年の耳の手術の経過も良好で、今日の定期診察では、
主治医から太鼓判をいただいた。

今年の目標は、365日中、朝稽古200日、ジムでの筋トレ250日は消化しておきたい。

師範代の許しが出たら、秋には、昇段審査に挑みたいところである。

                    押忍

  

Posted by ゼモグループ at 18:03Comments(0)空手

2011年01月02日

364日の営業

昨夜は、昼から実家に出向き、年玉をばらまいて、1日中飲み食いをした。

今年は年末に氷見の11Kの天然ぶりが入ったので、造りで食べたが最高にうまかった。

稽古のおかげか、お酒を飲んでもすぐに酔いが回復する。

生まれて44年、元旦は家族で過ごすというしきたりを守り続けている。

お腹がやや出てきて、体重も70Kの大台に乗ってきた。

トレーニングなしでまともに食べるとすぐに体重が増える。

30日の稽古納めから、トレーニングなしの生活は、
3日しかたっていないが、体がなまってる感、満載である。

昨年は、365日中、イタリアの2カ月60日をのけると、
305日中250回は、朝稽古かジムにかよった。

完全に日課にすることができた。

ジムは、明日からスタートで、朝稽古は、4日からである。

初仕事は、今日の昼から始まっている。

何事も「初」という響きは、心新ためる感じでよい。

本日からまた、364日の営業と人生の修行が始まる。   

Posted by ゼモグループ at 15:19Comments(0)人生

2011年01月02日

謹 賀 新 年

昨年は、ほんとにいろんな事に挑戦でき、とても充実した1年でありました。

例年通り、1年364日の営業を休むことなく完遂できた事を
お客様、取引先様、スタッフに深く感謝しております。

本年度は、仕事、プライベートで掲げている目標を両立させて、
より深い内容にしていきたいと思っている。

今年もがんばるぞ~~~。
  

Posted by ゼモグループ at 14:34Comments(0)