プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2010年08月31日

臓器移植の僕の考え

35年前の開店当初から来ていたお客様が当時から勤めていた
店長の復活と供に再び良くきてくださるようになった。

当時は20代のそのご夫婦も今は、60歳に手が届く。

僕も顔は良く覚えていて、昨日は他のお客がいないこともあり、会話に花が咲いた。

昨日は、あるすし屋のカウンターで初対面の夫婦と意気投合して、
1升酒を飲んだと今日もビールの後にウイスキーのダブルを3杯目。

そのご夫婦の20代の娘が白血病になったのだが、合う骨髄提供者(ドナー)が見つかり、
一命を取り留めたという話を我が事のように喜び、
このせちがないどこを向いてもろくな話が転がっていないご時世に
久々にいい話で盛り上がったと楽しげに話されていた。

助かった娘さんも本当に良かったが、ドナーとなる方がいた事が
本当に嬉しいと我が事のように話される。

聞いていた僕もなんだか嬉しい気分になった。

本人の生前の明確な意思表示がなければ、脳死後の臓器の提供は、
家族の意思によることになったらしいが、僕は賛成である。

死んで焼かれて灰になるだけなら、自分の臓器は誰かの命のために役立てて欲しいと思う。

この話を聞いた時、僕は、単純にそう思えた。

もし、身内にそういう場面が起こっても僕は同じ判断をするだろう。

むしろ、どこかで体の一部でも生きていてくれることに喜びを感じるかもしれない。

こういうことについての思想は、賛否両論だろうが、
ちょっと考えてみた良い一夜であった。
  

Posted by ゼモグループ at 20:11Comments(0)

2010年08月30日

来るぞ!夏痩せ。

そろそろ学校も始まり、すっかり店は夏痩せモード、
夏が終わって店がヒマになる事を夏痩せと言っている。

今年は猛暑で、家庭は、エアコン買い替えや電気代など、
予想外の出費がかなり多かったことだろうから、
今年の夏痩せは、かなりきつそうだぜ!!

不在の時にあまり忙しいと心配だから今回ばかりは、丁度いい。

まるでこの事を予測したように僕は、海外に出稼ぎだ!

なんでこううまく事が進むのか怖い怖い。

  

Posted by ゼモグループ at 23:47Comments(0)経営

2010年08月30日

ミスター大阪

昨日は、朝からミスター大阪、関西クラス別の観戦に出かけた。

さすがに8時間の観戦は、知り合いが出てるとつい自分まで力んでしまうので疲れる。

ゲストは、鈴木雅選手であったが、なかなかカッコよかった。

まだ仕上がりは甘いが、今年は、大阪開催での全日本が楽しみだが、
その頃僕は、イタリアの地にいるので、観戦できない。

合戸選手が連覇を成し遂げるか?今回はとても興味深い。

関西の若手の勇、増田君も全日本クラス別では、鈴木雅選手をトップに4位。

最近の若手の台頭は、ますますボディビル界を面白くさせている。

ミスター大阪の方は、予想通り山崎岳志選手、正直全体バランスは???
ってとこだが、部分部分のでかさ、切れは、ダントツだった。

ミス大阪の方は、二人の参加でとても寂しい。

出たら入賞できますよ。さあ、あなたも今がチャンス!!

さてさて、いよいよ明日ぐらいから荷造りを始めるとしよう。

  

Posted by ゼモグループ at 12:03Comments(0)ボディービル

2010年08月30日

空手道

先週土曜日は、朝空手部が小林師範代を囲んでの飲み会を企画した。

僕の茶帯の昇級祝いも兼ねてくれた。

場所は、友人が経営する「つるとんたん」が新しく北新地に出した北新地琴しょう楼店。

http://www.tsurutontan.co.jp/kinsyoro/

130坪の敷地を贅沢に使った純和風の高級感あふれるお店でした。

当日は、高尾支部長をゲストにお招きし、2次会のカラオケでは大いに盛り上がりました。

道場以外でのお付き合いも空手道なり。   

Posted by ゼモグループ at 11:27Comments(0)

2010年08月27日

虫を無視すな!

やはり、蝉はもう鳴いていない。

蝉の鳴き声は、暑さと躍動的な空気を醸し出すBGMとなっていたが、
音がないと静かなやや寂しげな朝である。

秋が寂しく感じるのは、虫のBGMの影響が大きいなぁ。

最近は、極度に虫を嫌う若い子が多いが、人類は、
虫と共存してきたことを忘れてはならない。

虫は自然界のいろんな事を教えてくれるんだから。


審査合宿の組手で傷めた手首が、稽古の度に当たって激痛が走り、ぶり返すので、
なかなか治らないので、高重量のウエイトが扱えない。
最近は、甥っ子に付き合って、プールに逃げ込んでいたので、
8月はほとんど、まともなウエイトトレーニングができなかった。

旅に出ると、おそらく道場通いはできなくなるので、
またウエイトトレーニング中心の毎日になるだろう。

今日は久々に胸トレ、筋肉のパンプアップは、やはり気持ちよい。

空手の方は、今のうちに、せめて型を覚えてしまおうと、一般稽古後は、
1時間ほど自主トレで型をやっている。

新たに「三戦」と「突きの型」を覚えた。

イタリアには、かつて、大山総裁が撒いた種を拾って、
極真の道場がたくさん芽吹いている。

本部の息のかかったとこから、わけのわからんとこまでたくさんある。


通うには、地理的な事が問題なので、とりあえず、
宿泊地から一番近いとこの門をたたいてみるかな。

茶帯とはいえ、空手母国日本からの来訪やから下手な型は見せれないな。   

Posted by ゼモグループ at 19:26Comments(0)

2010年08月26日

カウントダウン

昨日は、うっかり耳の診察日であったのを忘れて、
国際免許証を取りに門真運転免許試験場へ行ってきた。

ついでに普通免許の8トン限定解除の試験も受けて中型免許にしようと思ったが、
飛び込みでの1発合格は、難しそうなので、今回はパスした。

中型になると29人乗りまでのバスが運転できるようになるが、
残りの半生で、必要になる場面はあるのだろうか?

診察の方は、出発までに再予約が取れた。
うまいこと言って、旅の間の常備薬をたんと出してもらわねば・・。

フィットネスクラブへの休会届けも25日までに出さないといけないのも忘れていた。

こちらも支配人に電話でお願いして、休会届を受理してもらえた。

旅立ちまで後10日、カウンダウンが始まったぜ!
  

Posted by ゼモグループ at 16:58Comments(0)海外遠征

2010年08月25日

秋の足音

朝は、だいぶ涼しくなってきたが、稽古は依然、汗が噴き出す。

そういえば、今朝は蝉は鳴いてなかったのではなかろうか?

朝の蝉が鳴きやむと夕暮れに鈴虫やコウロギが鳴き、秋の足音を告げる。

店のメニューも夏の味覚~秋の足音に変更していかないとな。

今年は秋の味覚の代名詞、サンマの水揚げが悪いと聞く。

なるほど、市場もまだ、売り込んでこない。

季節の食材で、秋のサンマとまつたけが僕は、一番好きかも知れない。

昨年の冷夏は、大漁で安く買えたが、今年はどう動いて行くのかしらね。

サンマも食えん不景気は、あまりにも悲しいぜ!


  

Posted by ゼモグループ at 22:57Comments(0)料理

2010年08月24日

夏の思い出

昨夜は、ロイヤルホテルにて、知り合いの還暦パーティーに招かれ、
久々にスーツを着込んで参加した。

友人もたくさん集まったので、イタリア行きの報告が一気にできて良かった。

久々に酒も良く飲んだが深酒はせず、気持ちよく酔えた1日であった。

今朝も日課の朝稽古で始まったが、甥っ子は、今日が最終日。

子供とは言え12日間ほぼ毎日の稽古をするとかなり覚える。

週1回通う子の3カ月分を連続でやるわけだから、上達はそうとう早い。

習い事は、初期段階においては、毎日すべきである。

太極1~3、足技1~3くらいは、なんとか動けるようにはなった。

今日は、皆の前での発表会をしたが、うまくこなしていた。

せっかくここまでやったのだから、東京へ帰ったら、
お母さんに頼んで近くの極真道場へ通わせてもらいなさい。

押忍!といい返事はしていたが、はたして、やるかな?

家に帰ったら、大阪の思い出を作文にして、メールで送ったや!
とも言っておいたが、はたして、やるかな?!

大山総裁もおっしゃた。

君達が極真空手に憧れてきて、空手教えるのは、私の仕事、
しかし、本気でやるかやらないかは、君たち自身の問題だよ。

物事は、万事そうである。特に10歳くらいまでの子供は、
ある程度は、親の熱心で思い通りに育つが、10歳ぐらいからは、その子自身の問題となる。

甥っ子は、10歳までとてもいい子に育ったようだが、
10歳までの教育において親がどういう下地を作ってあげたかが、
その後を左右するといっても過言ではなかろう。

今回の夏の甥っ子との触れあいで、これからどういう子に育っていくのか、
楽しみが一つ増えた気分である。

で、稽古が終ると、がんばったご褒美に、ひらパー&プールへ。

2時間の稽古の後、炎天下で、プールと遊園地で7時間ほどぶっ通しで遊ぶとさすがに疲れた。

その後、甥っ子は、実家へと帰ったが、僕はさらに深夜3時までの仕事が待っている。

大人はつらい。

3年前の僕ならとてもできなかった荒行だが、今の僕は、すごぶる元気である。

そこのご老体!

しんどいのを老化のせいばかりにしてはいけまへんで!!

自分の体は、自分ででしか鍛えられませんからね・・・。

やるかないかは、あなた自身の問題だよ。

                  押忍!!

  

Posted by ゼモグループ at 21:41Comments(0)教育

2010年08月22日

立ち位地

海外に出るに当たり把握しておかなければならないのが通信事情だ。

今回のバンコク、ミラノについては、携帯電話、パソコンのネット環境については、
日本と同じようなレベルで使えるようだ。

ただ携帯は、1分100円と割高になるがスカイプなどのネット通話は無料でできるので大変ありがたい。

日頃、日本の不景気の根源はネット環境の普及にあると公言しているが、
海外雄飛においてはなくてはならない文明の力である。

人間は、自分の立ち居地が変わると考え方も必要なものも大きく変化するのである。

海外生活で立ち居地が大きく変わるが僕の人生観も大きく変わるのだろうか?
  

Posted by ゼモグループ at 16:26Comments(0)海外遠征

2010年08月20日

旅立ち

今日も朝稽古で1日があける。

足腰が筋肉痛と蓄積疲労でベットから起き上がる時に一苦労。

足を引きずりながら道場へ着くころにやや慣れてくるが、柔軟体操は硬い硬い。

それでも不思議と稽古が始まると気合で痛みがぶっ飛ぶが終わった後のダメージがまたきつい。

いったい楽にこなせる日は訪れるのだろうか?

楽になれば、その分、内容が濃くなるので、これは、ひたすら肉体酷使と超回復との戦いだな。

と、空手に明けくれてるうちにいよいよ旅立ちまであと2週間となった。

色々とやっておくべき事が多く、多忙な日々となりつつある。

旅の日程は、9月4日~10日がタイはバンコクで、
9月10日~11月2日がイタリアは、」ミラノである。

学生時代のアメリカ1カ月の旅に次ぐ、2度目の海外ロングステイである。

どんな旅になるのだろうか?   

Posted by ゼモグループ at 19:20Comments(0)海外遠征

2010年08月18日

残 暑

おっと、ちょと油断したら、またまた2日もブログをサボってしまった。

甥っ子は、小学5年だが、職場体験と称して店で昨日と一昨日の二日間、働かせてみた。

頭を坊主にカットしたこともあり、マルコメ坊やみたいでかわいらしく、
客うけがよく、この不景気に2組のお客様から3000円のチップを稼ぎよった。

目配せも良くできていて、いい動きをしていた。

もう10歳にもなるとそういうことが身についてるかどうかは、
日常の環境や親の教育によるんやな。

しかし、さすがに朝空手とプールの後の労働はきついようで、
4時間もすると疲れた表情になるので、帰らせた。

今日も朝空手のあと、店で働くことを条件に野外プールに連れて行き、
700メートル泳がせるとさすがにクタクタモードで、
帰るとパタンキューと寝てしまったので、今日の労働は勘弁してやった。

働くというのがいかに大変なことか彼なりに悟った事でしょう。

僕の職場デビューは小学3年生のときだったので、
彼は、2年ほど遅いが、いい経験になった事だろう。

お盆も明けたが、今日の大阪は、マジで暑かった。

さすがの僕もお昼の炎天下のプールにはいささかまいった。

プールの水は、温水と化し、浸かっていると体が温もるという状態だった。

お昼に炎天下で働く人には、ほんに大変な夏だなあ~~。

残暑お見舞い申し上げます。

  

Posted by ゼモグループ at 20:59Comments(0)教育

2010年08月17日

柔軟性

空手で大事なことは、

柔軟性、筋力、スピード、闘争心、スタミナである。

この中で、年齢とともに厳しくなる順番は、僕の場合、
1柔軟性、2スピード、3筋力、4闘争心であろうか。

今一番苦労しているのは、柔軟性である。

僕は、もともとは、体が硬いようで、高校の体操部時代も相当やってたが、
そこそこにしか軟らかくならなかったので、この年から柔軟性を取り戻すのは至難の業である。

一緒に始めた友人も相当固く、股を開くとエベレスト山状態で、これをこの年で、
下までつけるのは、無理でしょうと空手経験のある整骨院の院長もいっていた。

僕は、ようやく天保山(日本一低い山)ぐらいには開いたが、ここからがかなり厳しい。

毎日、朝夕2回柔軟体操を行うが、初めて3カ月になろうとしているが、
少し軟らかくなったかなという程度である。

柔軟こそまさしく自分との戦いで、自分で追い込まなければ、どうにもならない。

ひたすた痛みに耐えて、筋を伸ばす。

相撲部屋での新弟子の股割は、無理やり開いて、鳴き叫ぶのを無視して、
筋を切ってしまうほど、激しくやるらしいが、
ほんとに強制的にそれぐらいやらないと、飛躍的な開脚は難しいだろう。

道の探求は、課題との出会いの繰り返しだなぁ。
  

Posted by ゼモグループ at 18:02Comments(0)格闘技

2010年08月16日

おじさん

そういえば僕にも良く遊んでくれたおじさんがいた。

同じマンションの階下に住んでおり、親父より良く銭湯や遊園地などにつれてくれた。

小学4年の時は、そのおじさんの会社の広告のポスティングを手伝った事もあった。

兄貴と二人、朝の4時にたたき起こされ、2時間ほどで300枚ほどの
封筒をビルのテナント1件1件にポスティングする仕事だ。

真冬は寒く手がかじかんで封筒をうまくつかめなかったりと子供にはきつい仕事であったが、
帰りに食べる熱々の立ち食いうどんはとてもうまかった。

労働とその達成の喜びを知ったよき体験であった。

子供には比較的早い時期に労働というものを体験させるといいのではなかろうかと
自分の体験から思う。

そのおじさんは、42歳と言う若さで亡くなってしまった。

思えば、もう僕は、その年を越えてしまった。

今の自分と照らすとおじさんはもっと大人だったような気がするな。
  

Posted by ゼモグループ at 06:22Comments(0)体験

2010年08月13日

両 立

今朝もだいぶ涼しくなっている。

稽古も終盤までクーラーなしでやり通し、道着はびしょ濡れだ。

汗べトで帰るのが不快なので、クールダウンは、クーラーを入れて汗を乾かす。

お昼寝をしてから今日は久々にジムで筋トレ、手首はまだ痛みがあるが、
騙し騙し、胸と背中を軽くしておいた。

体重は、少しづつ増えてきて、今日は66kである。

体のカットは消えてきて、丸みがでてきた。

同じ筋量でもやはりカットが消えると見栄えはしない。

空手は、ある程度の体重はほしいがボディビルは、絞らないかん、
空手は、早く、持久力のある筋肉がいり、ボディビルは、でかけけりゃいい。

この二つの両立は、実に難しいかもな。   

Posted by ゼモグループ at 17:31Comments(0)ボディービル

2010年08月12日

叱 る。

空手を始めた甥っ子に、毎日、日記をつけて空手で習った事や、
1日の生活を記録して行きなさいとノートを渡した。

初日は、ちゃんと書いていたが、2日目は、テレビを見ながら寝てしまったようで、
ちゃんと書くように注意をしたら、今日は、2日分書きますというので、様子を見た。

すると今朝も書いていない。

今朝は、朝から、何も話さず、黙々と支度をして、道場まで無言で歩いた。

いつもと違うムードに少し戸惑っている様子だが、道場について着替えが済んだら、
神前で正座をして、黙想しておきなさいと告げる。

前に座って、黙想を解いたら、そのノートで頭を張り倒す。

ノート書いてないじゃないか!(激怒風でかい声!)

昨日、自分が2日分書くと言ったんじゃないのか!

どうして自分が言ったことをちゃんとしないんだ!

おじさんは、お前のために一生懸命空手を教えてるよな!

教えた事、書いとかないとすぐに忘れるんじゃないのか!

おじさんも忙しいんだから真剣しないなら、もう教えないよ。

一生懸命やらないなら、もう東京に帰りなさい!

半泣きになって、ごめんなさい。これから、ちゃんと書きますというので、
ひとまずゆるして、すぐに書いていない2日分を書かせる。


教育も真剣勝負である。

自分が真剣にやることをまっすぐに子供にも伝えるべきである。

子供だから仕方ないとか大人ぶる必要はない。

むしろ子供にこそ同じ目線で真剣に叱る必要があると思うのだ。   

Posted by ゼモグループ at 18:00Comments(0)教育

2010年08月12日

叱 る。

空手を始めた甥っ子に、毎日、日記をつけて空手で習った事や、
1日の生活を記録して行きなさいとノートを渡した。

初日は、ちゃんと書いていたが、2日目は、テレビを見ながら寝てしまったようで、
ちゃんと書くように注意をしたら、今日は、2日分書きますというので、様子を見た。

すると今朝も書いていない。

今朝は、朝から、何も話さず、黙々と支度をして、道場まで無言で歩いた。

いつもと違うムードに少し戸惑っている様子だが、道場について着替えが済んだら、
神前で正座をして、黙想しておきなさいと告げる。

前に座って、黙想を解いたら、そのノートで頭を張り倒す。

ノート書いてないじゃないか!(激怒風でかい声!)

昨日、自分が2日分書くと言ったんじゃないのか!

どうして自分が言ったことをちゃんとしないんだ!

おじさんは、お前のために一生懸命空手を教えてるよな!

教えた事、書いとかないとすぐに忘れるんじゃないのか!

おじさんも忙しいんだから真剣しないなら、もう教えないよ。

一生懸命やらないなら、もう東京に帰りなさい!

半泣きになって、ごめんなさい。これから、ちゃんと書きますというので、
ひとまずゆるして、すぐに書いていない2日分を書かせる。


教育も真剣勝負である。

自分が真剣にやることをまっすぐに子供にも伝えるべきである。

子供だから仕方ないとか大人ぶる必要はない。

むしろ子供にこそ同じ目線で真剣に叱る必要があると思うのだ。   

Posted by ゼモグループ at 18:00Comments(0)教育

2010年08月11日

おっちゃん!?・・・か。。。

そろそろお盆のムードかな、下ろしたてのせいか、お勘定は、1万円札ばかり。

客層もいつものお客が孫を連れてきたり旧友ときたりと変化に富んでいる。

孫も小さい時はおじいちゃんとよく来ていたが、
大きくなるにつれ、連れ立っては、来なくなる。

久々に連れてくると思うと立派に成人してるではないか!

店も創業35年ともなると、お客様も3代に渡ってお越しになる。

昔、じいちゃんとよく来たので、帰省したら懐かしくなって来ました、
とうれしいことを言ってくれる。

僕がお年玉をあげたことも覚えていた。

ふふ、10年越しの投資がやっとリターンしてきたぞ!

僕のところにも今、夏休みを使って、甥という存在が遊びに来ている。

彼に話しかけるとき、「おっちゃんは、・・・」
となるのだが、どうも違和感がある。

お兄ちゃんは?、俺は、?、僕は、?、私は、?

他の言葉が見つからない。

やはりおっちゃんしかない。

なんかしゃくに触るが仕方がない。

俺は、ついに叔父になってしまったと自覚した。

今日は、朝稽古の後に、昼からプールに連れて行き、一緒に1キロを泳覇した。

子供のゆっくりペースなので、少し物足りないので、
最後に50mフルパワーのタイムを測ったら、34秒であった。

まずまずの速さではなかろうか!?

50mの泳覇ぐらいでは、途中でスタミナ切れすることはない。

水泳は久々であったが、なかなか、基礎体力は上がってる。

1km泳覇のご褒美は、花火大会であるが、3年前に買った花火、
果たして使えるのだろうか?・・。

  

Posted by ゼモグループ at 21:49Comments(0)人生

2010年08月10日

恐怖心

手首と足の負傷は、だいぶと回復に向かっていたが、
今日の師範代との組手は、負傷を忘れて、やってしまった。

師範代を前にして、負傷をかばってやる余裕などない。

不思議と道場で気合が入ると一瞬痛みを忘れ、負傷した手と足で思い切り蹴り、突きがくりだせる。

腹にいいのをもらうとすぐにスタミナが切れる。

上段蹴りは、いまだに見えず、1発くらって、数発は、ほほをかすめる。

手加減してくれなかったら3秒もたないな俺。

同じ人間の五体なのに、なぜ、あんなに速く、一発一発が重いのか!?

見せ筋は、俺もええ勝負してるのに・・・・?

幸い、負傷個所をさらに傷めることはなかったが、新たにスネにまた打撲。

こんな調子では、昇段審査の10人組手は、まさしく命がけとなる。

怖い、痛い。

そういう恐怖心をぬぐうのは、ひたすらな稽古しかない。

考えてみれば、人間のモチベーションというのは、
恐怖心が下地になってる場合が多いのではなかろうか?

貧乏が怖いから真面目に働く。

老後が怖いから、今の欲を断ち切って貯蓄に精を出す。

負けるのが恐いから強くなろうとする。

老いて汚くなるのが怖いから美しくいれるようにと色々努力する。

楽しくない日々は怖いから夢を抱いて、希望を持って生きようとする。

より強く前に進める人は、そういう恐怖感を強く抱いている人ではなかろうか?

賢い人は、未来予測能力に長けているから人より多く恐怖感を感じ、
対策を講じる。

真の強さは、恐怖を知ることから生まれるのではなかろうか!?

9月~タイ、イタリアへの出張が2ヶ月あるが、ミラノにある
極真会の道場でも稽古ができるようにと調べている。

2ヶ月も稽古をしないと、とても来年5月までの昇段は、難しい。
  

Posted by ゼモグループ at 19:07Comments(0)格闘技

2010年08月09日

山越え

今日から甥っ子が稽古に参加している。

仕事ばかりの20年で、甥っ子との交流はほとんどなかったので、よい機会である。

小学5年ともなると、見よう見まねである程度は、できるようだ。

通常より、やや軽めの稽古メニューではあったが、最後までよくついてきていた。

明日はジムも休みなので、朝稽古の後は、プールに行く予定。

甥っ子は、今、500Mは泳げるというのでこの2週間で1Kを泳げるようになろうと話してる。

確か、僕も小学校時代に1Kは、泳げていたと記憶する。

手首も足も少しづつよくなっているが、まだ本調子とはいかないので、
ボディビルの高ウエイトは、避けている。

筋疲労もピークに来ており、整骨院の院長が、かなり張ってきていると言っている。

いつ、この山を越せるのだろうか・・・?
  

Posted by ゼモグループ at 18:20Comments(0)格闘技

2010年08月08日

苦は楽のもと。

昨夜に続き今日は、涼しい朝の幕開けである。

クーラー無しの稽古もそう苦にはならない。

毎日、厳しい環境で体を追い込むと体がその環境に順応してくる。

暑さにも相当慣れてくる。

この夏を乗り切れば、相当な基礎体力が身につくと師範代が言っていたが、その通りだろう。

何事においても厳しい環境にいた方が、次に楽になるし、
楽な環境に甘んじていたら、次にしんどい思いをすることになる。

楽は苦のもと、苦は、楽のもとだ。

今、楽だな、幸せだなと思っている人は、少し厳しい環境に飛び込んでみたり、
しんどい事をしてみるといい。

その楽や幸せにさらに磨きがかかるから。

今日から甥っ子が東京から遊びに来る。

妹が軟弱に育ってるので鍛え直して欲しいと言う。

朝稽古から初めて、店の仕事も手伝わせて、僕と同じ生活パターンをさせてみる。

小学5年生には、厳しい生活となるだろう。

果たして、彼は、この苦から何を学ぶ事だろうか?
  

Posted by ゼモグループ at 15:46Comments(0)教訓