プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2009年10月31日

筋肉ゴルフ

今日で中5日、筋肉痛は、80%回復している。

明日は、久々のゴルフなので、筋肉アップがショットにどう影響してくるのかが楽しみである。

今朝もトレ休養で仕事前に、時間があったので、パットの練習をしたが、まずまずである。

ゴルフは、大学時代から講義の合間に学校の裏にあった練習場で、
暇つぶしの打ちっぱなしからはじめた。

社会人になると、仲間内でコンペなどを企画して定期的には、行っているが、
年齢差のある方とも同じ土俵で遊べるという点では、最高のスポーツであるが、
僕は、競技自体は、そない好きではない。

同じ費用を使うならもっと他の楽しみ方をたくさん知っている。

それに、ゴルフは、1日つぶれるので、あまりはまると商売がおろそかになる。

はまってシングル維持のために会社をつぶした友もいたな。

よって、交際の手段として恥ずかしくないプレーができる程度を心がけている。

久々ではあるが、この1年の肉体改良の成果を発揮したところだ。

よし、明日は、100を切るぞ!!

とまあ、ゴルフの腕前は、この程度でございます。   

Posted by ゼモグループ at 20:44Comments(0)趣味

2009年10月30日

筋肉バカンス

昨日からついに、筋肉バカンスに入った。

この1年は、中4日を休んだのが1度だけで、ほぼ2日は空けずにトレを続けた。

胃痛から始まる不調の波が持病の耳にも派生してきたので、
いよいよ疲労のしぐなると認識し、今日で休養4目、
1日には、ゴルフに誘われてるので、このまま1日までの6日間は、
筋肉バカンスとして、少し体を休めてみようと思う。

4週やって、丸1週間休むというようなトレ法を取り入れてるトップビルダーもいるらしいが、
これを機会に、真似事でもしてみよう。

ジムから足が遠のいてはいかんので、今日は、有酸素とサウナ入浴だけは、してきた。

今月は、前半はよかったが、後半ガタガタで、14日しかできてない。

まあ、こんな月もある。   

Posted by ゼモグループ at 22:29Comments(0)ボディービル

2009年10月30日

病は、教える

最近、起床時間が早い。

胃具合の不調のために、寝る前食事とアルコールをやめている。

ここ5日は、寝る前は、プロテインとトマトジュース。

目覚めが早いのは、アルコールを抜いたせいであろう。

アルコールは、寝つきを良くし眠りを深くいざなっているのか?

それとも体に負担をかけているから、回復のために長く寝てしまうのか?

微妙に難しいとこである。

僕が晩酌をするのは、強いて飲みたいわけでなく、日ごろから飲み慣れていないと、
付き合いで飲みに出た時に酔いが早く回るのを懸念している。

しかし、これは、実際、飲まない生活をもう20年以上していないから予測に過ぎない。

よし、この機会に飲まない生活が、たまの飲酒にどのような影響を及ぼすか試してみよう。

2年後のコンテスト臨戦態勢に入れば、どうせ飲めないのだから、
今のうちに飲まない生活に慣れておこう。

病が生んだ生活改善である。

  

Posted by ゼモグループ at 01:45Comments(0)健康

2009年10月28日

GOODLIFE MAKE GOODSTYLE

昨日、ドラマ「リアルクローズ」を見ていると黒木瞳が、
「20歳までのスタイルは、自然からの贈り物、
50歳からのスタイルには、その人の人生が現れる」

と語っていた。

服装だけでなく体系にも同じことが言えるのではなかろうか?

女性も男性も20歳くらいまでの成長期は、何もしなくとも美しい。

しかし20歳くらいからは、その人の人生というかライフスタイルで、
その体系(スタイル)は大きく変わるのである。

つまり、20台からのスタイルには、自身の責任が付きまとうということになる。

アメリカのビジネス界では、肥満=自己管理ができない=仕事もできない、
というレッテルが貼られ、いい企業は、そのスタイルも採否の対象とするらしい。

日本もようやくメタボなどがいわれるようになり、
社長は、でっぷりお腹のでたワンマン風という構図は崩壊しつつあるようです。

健康的な美しい体系をグッドスタイル

知的に健康的な生活を作るのをグッドライフ

「グッドライフ メイク グッドスタイル」

いつも意識しておきたい僕の合言葉である。   

Posted by ゼモグループ at 22:10Comments(0)

2009年10月27日

秋の健康管理習慣

今日は、胃痛の原因究明のためピロリ菌チェックと
その他採血でわかる血液データのチェックのため例によって、伊東くりにっくを訪れた。

ピロリ菌は胃粘膜に住み着く細菌で、胃潰瘍、胃炎、
ひいては胃がんの原因として、すっかり有名になった。

兄のクリニックでは、ピロリがマスコミ等で騒がれだす以前の
16年以上も前から積極的に検査、除菌療法を行っていた。

当時、僕の友人で胃に自信のない人をことごとく検査したら、やはりほとんどが陽性で、
除菌療法で除菌を済ませた後は、皆さん口をそろえて、
うそのように胃の調子がいいという声を僕は目の当たりにしてきたので、
健康管理上、見逃してはならない重要項目だと思ってる。

検査も採血だけでわかるし、もし、陽性でも薬を1週間ほど飲めば、
除菌できる簡単なものなので、胃が弱いと自負されている方は、
是非、白黒をはっきりさせておいたほうがいい。

僕は、43年間、胃が痛いと自覚したことは、まったくといっていいほどなかったので、
今回の胃の不調を単に食べすぎが原因とは考えにくく、
今回のピロリ検査を実施した。

実は、30代前半に検査した時は、陰性であったが、以後に感染した可能性を疑ったいるのだ。

もし、陰性であれば、胃の使いすぎか、他の胃の病気が疑われるが、
とにかく原因の塗りつぶしに取りかかっている。

この2日は、寝る前の食事と暴飲暴食をセーブしてるので、
今日は、だいぶましみたいである。

どうせ採血するならと、採血でわかるあらゆる検査をお願いしたので、
気になっていた尿酸値も明らかになる。

健康管理というものは、医者任せにせず、ある程度の医学は、勉強し、
いいものは、先手、先手で取り入れて自分の健康づくりに反映させるべきである。   

Posted by ゼモグループ at 17:28Comments(0)健康

2009年10月26日

変身の時来る!

今日は、サウナに入ると、いきなり、
「今里新地で店してるらしいね!結構大きなええ店らしいやん」
といつも顔を会わすおじ様連のリーダー格がら声をかけられた。

先日、同じおじ様連に属する一人が、宴会のパンフレットを取りに店に来た際に、
僕がここの店主であることがばれていたのだ。

その情報がすでにおじ様連に広がっていたのだろう。

今日のこの瞬間まで、無愛想な寡黙を決め込んでいた僕は、
笑顔の商売人に変身することを余儀なくされたのであった。

2~3事交わして、サウナを後にしたが、
宴会の予約でも入れてくれようものならいよいよ親父連の仲間入りか・・・!?たぶん僕が最年少だろうな。

まだまだ、青年でいたかったなぁ・・・・。。。

まあ、人生、一期一会を大切にいきましょう。

先般からの胃の不調があるので、昨夜寝る前に1週間ほどトレを休もうと決意したが、
サウナだけのつもりでジムに行ったが、虫が騒いで、胸トレをしてしまった。
調子づいたので、二頭のダンベルカールに入ったが、肩に痛みを感じやめた。

ボディビルの先輩方の経験を統括するに、痛いときは、無理をしないと決めてる。

胃の方は、暴飲暴食を普通に戻して、胃薬を飲みながら様子を見るとする。
  

Posted by ゼモグループ at 17:33Comments(0)ボディービル

2009年10月25日

今日の献立(晩秋)

仏事懐石御膳

前菜 出汁巻 サーモン手毬寿司 
     たこ山葵 いくらおろし 
       もずく酢 ばい貝

造り かんぱち ひらめ あおりイカ 
               つま一式 

揚物 鱧香梅揚 海老 たこ
     さつま芋 茄子 おくら 
       天つゆ おろし

蒸物 南京饅頭

焼物 キンキ塩焼 スダチ はじかみ 
     かきグラタン

酢物 セルかき ポン酢 薬味

飯物 松茸ごはん 鶏 三つ葉

香物 水なす 蕪 

吸物 松茸 あさり 銀杏
        三つ葉 スダチ

デザート 柿 胡麻団子 抹茶アイス

平成二十一九年十月二十五日
 
            大坂 あそこ 謹製

今回は、これから旬に入るセルがきをグラタンと生で楽しむのがポイント、
去り行く松茸の後姿を送りつつ旬の牡蠣の到来に舌づつみ、
そんな晩秋の香りをお届けいたしました。
  

Posted by ゼモグループ at 15:07Comments(0)

2009年10月22日

増量あるのみ。

今日の体重は、73.6kg。

がんばって食べているが、脂肪が多さを占めてる。

いよいよ、店の制服ズボンのウエストがアッパーにきた。

10月目標74kgまであと少しだが、軌道修正は許されない。

ひたすら増量のみに集中する。

年越しは、75k越しそばと行きたいとこだ。

食べても腹を出さない方法は、重量を上げ、筋破壊を増やし、
食べた分を超回復で使い果たし、脂肪に変えさせないことだ。

今日の背中は、1時間30分かけて、みっちりやった。
ジムがすいていたので、かなり集中してできた。

わがままな話だが、計画してるマシンが詰まっていたりして、
余計なインターバルがあったりすると、リズムが狂い、
集中力を欠くことがあるのだ。

懸垂は、いつもより重く感じたのは、筋疲労が残っていたせいか?体重が増えてきたせいか?

体重が増えると扱うウエイトも大きくできるから脂肪でも何でもバルクアップ期は、
とにかく体重を増やせというのが師匠の指令だが、
懸垂など、自重のトレでは、明らかに負荷は増えてくるよな。

それにしても、もう1年も毎日筋肉痛と戦っているが、
師匠は、ダイエットも含め28年もやっとる。

ほんまようやるわ~~~。

  

Posted by ゼモグループ at 20:47Comments(0)ボディービル

2009年10月21日

忘年会、お早めに!

1週間ほど前に、忘年会1番乗りの予約が入った。
第2週の金曜日で、一番よい日である。

12月のこの辺は、例年、集中するので、大人数になると早く押さえないと、席が取れなくなる。

今日は、店頭に忘年会のパンフを取りに来た人がいた。

よく見るとついさっき、ジムのサウナでご一緒していたおじさんだ。

話したことはないが、ほぼ、毎日出会う。

そういえば、あの方は、以前も店に来たことのあるお客様のようだ。

僕も裸で会うときには、気づいていなかった。

ああっ、ジムでよく会いますよねと声をかけるが、僕を見てもピンとこない様子。

裸とユニフォーム姿では、感じがぜんぜん違うのだろう。

せっかく寡黙を保つジムのサウナであったが、次回から愛想よくせないかんことになってもたわ。
  

Posted by ゼモグループ at 17:09Comments(0)経営

2009年10月20日

比較心理と満足感

今日は少し早起きして、布施のティップネスへ行っていました。

ジムエリアは結構広くとっていたが、ランニングや、バイク、ジョーバなんどの有酸素系のマシンが全体の半分以上を占め、
ダンベルやベンチ、ケーブルなどの筋肉作りに不可欠な設備は、なかった。

ここは、マッチョは、外でマッチョって!という感じ。

ダンベルがひとつもないジムなんて有りか??

マシンは、いいものもあったが、美容と健康志向のジムに徹してるという感じであった。

常連さんに井上式錬筋術を2~3指導しながら、僕は、胸と脚と腹筋トレを軽く流した。

マシンが変わると同じ部位のトレでも軌道が微妙にかわるので、
軽くしかしてないが、筋肉サプライズにはなったのではなかろうか?

駅前ジムのせいか、布施だからか、うちのジムのお昼時よりは、
見れるグッドシィプな女性が何人かいた。

お客さんとは、ジムで別れて僕は、サウナへ。

ここのサウナは、そこそこ広く、清潔でよく乾燥していて、90度もあったが、
乾燥のせいで、例によって体感温度は、ぜんぜんで、いつもの6分いても
あまり汗をかかないので、さっさと退散。

帰る前に布施の商店街をブラブラしていると、元祖、元禄寿司が現れた。

ここは、日本で始めて回転寿司が始まった聖地といわれてるまさしく元祖な店。

小腹もすいたので、入ってみた。

カウンターの中で、手で握ってくれているが、そないうまくない、いや、まずいかも?

8皿をさらっと平らげて、店を出た。

今回の出張トレは、グッドシェイプな女性会員以外は、僕のホームジムのほうがいいな。

ささやかな比較心理の中で、満足感に浸って帰ってきたのであった。   

Posted by ゼモグループ at 23:26Comments(0)ボディービル

2009年10月18日

奇遇な1日

昨夜は、弊店間際に先輩がほろ酔い気分で来店された。

6時の新幹線で東京に行くが、帰って寝るには中途半端な時間なので、
朝まで付き合ってくれという。

久々にカラオケでもということで、閉店後、南に繰り出す。

僕は、小腹がすいていたので、一蘭という福岡から来たラーメン屋に寄った。

7年ほど前に福岡を訪れた際に、人気の店ということで、食べたことがあったが、
大阪に進出していることは、この日知った。

ラーメンに集中できるようにと一人ずつ仕切られたカウンターだが、
僕は、養鶏場の鶏になった気分であまり好きでない。
種類は一種、醤油とんこつだが、カウンターに置かれたオーダー用紙で、
だしの濃さ、麺の固さ、辛味調味料、ねぎの種類や量など
自分好みにチョイスできるようになっている。

接客も行儀がよく、お客様の好み重要視型こだわりラーメン屋という感じでおもしろい。

小腹を満たすと宗右衛門町面す2階の文化祭のような内装の
ミラーボールがつるされたバーに連れて行かれた。

芸術系のマスターが一人で朝まで営業している店でありカラオケもある。

数曲歌うと、一人のプレスリー風の男がフィリピン人女性2人を連れて入ってきた。

先輩は、この店で面識があったようで、フレンドリーに接していた。

しばらくするとスーツの男とやさ男が入ってきた。

スーツの男は、1階店舗のしゃびしゃぶ屋のオーナーだと紹介されたが、
どこかで見たことのある顔。

聞けば、お住まいは、今里というので、僕の店のことを話すと、知っていて、来たこともあるという。

この日は、店にフットネスクラブのスタッフが店に食べに来るなど奇遇な1日である。

もう一人のやさ男は、桜川で居酒屋をやってるという。

しばらくすると、プレスリーがチラシを出してきて店の宣伝を始めた。

どうやら、フィリピンクラブをしてるらしい。

今から行きませんかと言われたが、時間もないし、興味もないので断ったが、
スーツとやさ男は、拉致されて、店を出て行った。

マスターは、人の店でキャッチするか~~~と少しふくれていた。

すぐに二人は、戻ってきたので、僕は、やさ男と料理談義に花が咲きかけたが、
先輩の新幹線の時間が迫ったので、店を後にした。

生ビール1杯とハイボールを5杯ほど飲んでほろ酔い気分、外は、白々と夜が明けて、
気候も気持ちのいい感じだったので、家に向かってテクテク歩く。
疲れたらタクシーに乗ろうと思ったが、約40分歩くと家についていた。

基礎体力があるというのは、いいことだ。

  

Posted by ゼモグループ at 18:09Comments(0)体験

2009年10月17日

主(ぬし)の遺伝子

昨夜は、僕のすすめでフィットネス仲間に引き込んだ常連さんとフィットネス談義に花がさいた。

彼女は、まだ、入会して半月ほどだが、ほぼ毎日通っているらしく、
明らかに顔がシュッとして、表情もさわやかに変貌している。

調子もよさそうである。

やはり、男も女も40歳くらいからは、日常的に運動をしないとダメですね。

彼女は、サウナが好きでいろんなとこに行くらしいが、
女子のサウナには、どこへ行っても必ず主(ぬし)がいるという話をしてくれた。

他聞にもれず、そのジムの女子サウナにも主がいて、周りがその人を気遣うムードと、
誰かがジムに対するクレームめいた事を話すと、
「よし、わかった!私が言うといたる!」
とボス振りを発揮する発言。
まさしくこの期間帯の主はこの人やな、と確信したという。

僕のジムでも時間帯で顔ぶれがほぼ決まっていて、おじさん連は、仲良くしているが、
主と呼べるような存在はない。

学校時代には、クラスには、必ず女子のグループが数個できるが、
大人になっても女子は、グループ荊妻をする習性は変わらないようだ。

古代狩猟時代にさかのぼると、男が狩猟に出てる間、女子は、集団で洞穴で暮らしていた。
小さな洞穴で数人がうまく暮らしていくには、やはり総括するリーダー(主)
の存在が不可欠であり、長期にわたりそういう生活をしてきた遺伝子が、
今も女子の中に息づいている。

洞穴のような退屈な狭いサウナに集まるとふつふつと本能たる遺伝子が騒ぐのだろうか?

男は、外で一丸となって、狩猟という危険な仕事をしないといけないので、
仲良くチームワークを大切にする遺伝子が備わっているのだろう。

昼下がりのローカルエリアの女子サウナ、想像するだけで恐ろしい。

くわばら、くわばら。。

  

Posted by ゼモグループ at 23:50Comments(0)その他

2009年10月16日

プルトン3回目の脱皮録

プルトンは、3日前に当家での3回目の脱皮をしていた。

目が白くなってから4日目に脱ぐというのは、どうやら、基本のようだ。

今回は、今までのようにきれいに1箇所に脱ぎ捨てるのではなく、
皮があちこちに散らばり、体の所々にも日焼けの皮剥けのように皮が残っている。

おまけにでかい黒糞もたれていた。

白糞は、えさ後3日くらいで出すが、黒糞をする周期には、規則性はなく、
気まぐれにもよしいたときにしてるようだ。

普段は、清潔で匂いもないが、この黒糞が出たときは、爬虫類くささが漂う。

それにしても脱皮が今までと違うのは、なんでかな? 
不調なのか? 空気の乾燥のせいなのか? 保温マットのせいかな?

などなど、しゃべってくれないペット飼育は、観察力と予備知識との戦いだ。
  (ていうか、しゃべるペットなんかいないのだが・・)

昨夜は、えさを与えたが、最近は、えさ用の木製ロングトングを僕が持つと
水槽のガラス越しに発見し、ムクッと反応し舌をぺろぺろだす。
舌はセンサーの役割をしていて、温度を感じ相手との距離感などを測っているらしい。
また、体温がないもは、死んでいると判断し襲わない。
ゆえに冷凍ねずみは、体温まで暖めてやらないといけない。
そして、ねずみを持って近づくとすぐに立ち上がり、戦闘態勢に入る。

条件反射がだいぶ育ってきた。

以前は、顔の近くをちょろちょろさせないと反応しなかったが、
今は、ねずみを近づけるだけで、水槽の上まで伸びてきて、食らいついてくるので、
間際まで隠しておかないと上から飛び出して、手元を襲われる。

今は、まだ70センチほどだが、生態の1300エンチほどになったら、怖いもんがあるな!

子猫ぐらいなら食べてしまうのではないだろうか?

食欲はかなり旺盛なので、健康上の問題はなさそうだ。

実家の屋根裏部屋に60センチの水槽が眠っているので、近いうちに取りにいかねば。

今日は、昨日の背中トレが効きすぎているので、休養にして、サウナだけにした。

背中トレは、懸垂が一番効くような気がする。

昨日は、15回を5セットしてやった。

後半は、自力では、上がらなくなるので、床を蹴って上まで上がり、
ゆっくりとネガティブに降りてくる。

気温の低下とともに水風呂の水がちゅめたい。

最近は、水風呂は、5分耐えるようにしてるが、おかげかどうか、
今だ半そででもなんとか夜中のバイクもいけている。

寒さに強くなる特訓としては、よい。

さあ、明日は、今日サボった肩だぜ。

肩トレは、サイドレイズの高重量がとても憂鬱である。

だって、包丁より重いもの持ったことない僕だもん。

人間も脱皮して大きくなれたらいいのにな・・・。

抜け殻、怖そうやけど・・・。   

Posted by ゼモグループ at 21:22Comments(0)ペツト

2009年10月15日

うまいもんと通風

今日は、禁止している午前中の電話でたたき起こされ、不快な1日のスタートであった。

寝る前にマナーモードにするのを忘れたのが、敗因だが、
何回言っても、たまにここの魚屋は、午前中に電話をしてきよる。

内容は、頼んでいた活けのズワイガニを何ケースいるかということと、
3~4点のおすすめ商品の売り込みである。

かには、1ケースでいいといってあったのだが・・・?。

目覚まし電話で機嫌が悪く、他のおすすめは、ことごとく断ったが、
たら白子は、前回分が良品であったので、いらんけど、取った。
かには、せっかくだから、2ケースにしてあげた。

あまったら、今夜は、白子鍋じゃ!いや、かにすきにするかな?

僕は、お客様に出すものは、たまに持ち帰り、腹いっぱい味わうことにしている。

旬の素材は、特に鮮度はよくても味がよくなかったりすることが、ままある。
厨房でのちょこっとの味見では、わからない部分があるのだ。

トレは、もちろんだが、筋肉を養殖する睡眠時間を最近の僕は、特に大事にしている。

大好物のたら白子だが、栄養素がやや気になるので調べてみた。

しらこには、エネルギー代謝を促すビタミンB1と
ストレスに対抗する副腎皮質ホルモンの分泌を促すパントテン酸がおおく、
疲労回復に役立つようである。亜鉛も含まれる。

バルクアップ期のビルダーには、もってこいやあ~~りませんか!
といいたいとこだが、プリン体が爆発的に多いぞ!

僕は、30台前半に尿酸値が高かった(異常値ではないが、)時期があり、
通風をひそかに警戒していて、ビールもひたすら、
プリンタ体カットを選んで飲んでいる。

最近は、寝る前に足の親指の付け根がしくしく痛むことがあり、
やばいな~~~もしや?と思ってもいる。

カーフトレでつま先立ちという、あまり慣れない運動をしてるのが原因であってほしい願う。

たら白子、数の子、うに、明太子、カラスミなどハイコレステ、ハイプリン体な卵系が、
僕は、富に好きなので、通風への道をまっしぐらって感じだが、
通風経験のある先輩の話を聞くにつけ、通風の痛さにびびっているのだ。

近いうちに採血でもして、チェックしておく必要がある。
  

Posted by ゼモグループ at 21:50Comments(0)健康

2009年10月14日

冬の味覚



今日は、上着を持って出るのを忘れ、Tシャツ1枚でバイクに乗った。

さすがに、だいぶ寒い。

ジムまでは、3分で着くし、トレ後は、燃えているので、
あまり寒さを感じないので、取りには帰らなかった。

帰りは、少しきついかもな。

店の食材もすっかり冬めいてきて、1週間程前からセルがきを入荷している。

待ってましたといわんばかりにとても良くでる。

牡蠣好きには、たまらない季節だ!

牡蠣肉エキスは、筋疲労の回復にもとても有効と聞いているで、
今年は、積極的に取りたいところだ。

生でポン酢が、主流だが、酒蒸し、焼き、土手焼きもいい。

肝系のものは、生と焼きとでは、味がころっと変わるが、牡蠣肉も肝系なのだろうか?

牡蠣は、なんといっても伊勢の的矢湾まで出向いて、現地の店で食するのが最高だ。

今年は、いけるかしら? 行きたいなぁ。

たら白子も今日のは、だいぶ白く熟成したものが入っている。

たら白子は、たらの精巣である、卵巣は、おなじみのタラコ。

真だらのものが良品で、最も熟成してくると、
お腹のなかは、ほとんど白子でいっぱいになり、
全魚体の半分くらいの重量を占める。

一見脳みそのようで、気持ち悪いが、食べると格別の味である。

10年ほど前までは、知る人ぞ知る味覚であったが、
ここ数年は、冬場の一品料理では、人気ナンバーワンである。

いよいよ、冬の味覚到来といったところだ。

僕は、白子が安いときは、多く仕入れ、たっぷりの白子を持ち帰り、白子鍋がよくする。

野菜と白子だけで、他のものは入れない。

醤油焼きもいいが、シンプルにさっとボイルして、
ポン酢でフハフハ食べるのが、一番うまいのではなかろうか?

今年は、誰とさし迎えで食べるのだろうか?

ここで川柳を二句

「白子鍋 湯気の向こうに 妻の笑み」

「白子酒 すすめる彼女 にやけてる」

ちょっと、大人な川柳でした。

わかるかな? この感じ!
  

Posted by ゼモグループ at 23:52Comments(0)料理

2009年10月13日

ミスター日本観戦紀行

いや~~、さすがに日本最高峰の大会だけあって、錚錚たるメンバーが出揃った。

ずらりと並ぶと2連覇中の合戸さんも息を潜める圧巻ぶりである。
が、合戸さんは、青パンだったので、目立っていた。

ファイナルの12名は、誰をとっても非の打ち所がなく、
まさしく、審査基準と言うか、何を重視するかや好みで、決まるような感じである。

僕の好みというか、見た目で迫力を見せ付けていたのは、
30番下田雅人選手である。

小柄な須江、合戸選手とは、異色のでかさと迫力をかもし出していた。

僕の中では、ひそかに、今年は、王者交代なのでは?と思っていたのだが、
ふたを開けてみると結果は、1位合戸さん、2位須江さんは、昨年と変わらずで、
昨年5位の下田さんは、3位に食い込んだ。

ん~~?、代わりばえしない審査員の先入観が強いのでは、と思ってしまう。

僕の評価では、この3人の順位は、1位下田さん、2位合戸さん、3位須江さんといったところだ。

師匠井上さんは、ファイナルに残り、12位と、入賞を根性でもぎ取ったが、
僕の好み的には、1位下田さん、2位井上さん、3位合戸さんという感じである。

部分、部分のバルク量を分けて比較すると、
確かに合戸さんの厚み、でかさは、すごいものがあるが、
僕は、まだまだ素人に近いので、全体バランスやシルエットやデザインを重視する。

かっこいいスタイルかどうかを重視するのである。

一方、女子の方は、5連覇中の西本朱希さんが、連覇を伸ばしたが、
こちらは、ダントツというか、誰の目からみても
ナンバーワンにふさわしいと思える美しく、
たくましいでき栄えであった。

地方大会と違い、女子も全日本となると見応えがかなりある。

帰りにプレジャッジで敗退した増田選手を
伊東先生に紹介してもらい、腕を握ってみた。

なんちゅー太さや!

彼は、まだ27歳で、ボ暦は、5年。

昨年ミスター大阪優勝、今年ミスター関西優勝とエリートコースを邁進中。

来年に向けて闘志を燃やしていたが、僕は、先の長さに気が遠くなる。

まあ、僕が、ここに出ることは、ありえないが、一応、お山の頂点を見れて、とてもよかった。

帰りの新幹線では、睡眠不足が炸裂してほとんど寝たきりビルダーであった。

また、明日から、淡々とトレーニングに励むです。

  

Posted by ゼモグループ at 23:45Comments(0)ボディービル

2009年10月10日

いよいよ、ミスター日本

はぁ~~、今日は、腹筋と有酸素でクタクタや~~。

明日から東京でのボディビル日本選手権観戦のため、
トレも3日間の休養に入るので、いつもよりがんばってみた。

ブログも2日間のお休み。

わが師匠、井上浩は、万全の体制で臨むようだが、
本人曰く、今年の面子では、ファイナルに残れないかもしれないと話していた。

やはり、全日本は、厳しいようだ。

しかし、僕的には、映像で見る限り、全体的な美しさ、バランス、かっこよさという面で、
井上さんは、一番であると思っているが、
生の試合の全貌を見たときにどう写るのかが楽しみである。

この夏は、コンテスト巡りに明け暮れ、選手達のブログなどを拝見するにつれ、
ここに至るまでの減量の厳しさや、壮絶な努力を知っているので、
見え方もずいぶん変わり、それだけに見ごたえというか醍醐味を感じる。

東京では、友達がこの夏、渋谷にオープンした店「あっぱれ、誠三郎」
http://r.gnavi.co.jp/g465410/
に行ってみようと思っている。

後は、適当、といってもそない時間はないのだが・・。

  

Posted by ゼモグループ at 20:47Comments(0)

2009年10月09日

プルトンの冬支度

今日は、おっさんがジムのドライヤーでチン毛を乾かしてるのを目撃してしまった。

僕は、ドライヤー使わない主義(使うほど髪が長くない)
なのだが、あのドライヤーは、使いたくないな~~~。

ええんかな? 一応、ヘアーだが・・・・?

まあ、余談はさておき、今日のトレは、胸、二頭。

いつもどおりがっつりやれた。

昨夜の帰りは、ずいぶん涼しくなっていたので、プルトンの水槽に、
買っておいた保温マットを引いて、熱が逃げないように網のふたの下に、
通気口だけ開いたプラスチックのふたをした。

もっと寒くなると、水槽を発砲スチロールか何かで囲って、、
保温効果を高めたほうが良さそうである。

少し大きくなってきたので、水槽を一回り大きくもしてあげたいところだ。

人間も蛇も入れる器が小さいと大きく育たないもんだ。

今日覗くとマットの上できれいにトグロを巻いて、
ペロペロ、舌を出していたので、気分は良さそうだ。

チン毛ドライヤーで少し気分を害したが、今日も張り切っていってみよ~~~。

  

Posted by ゼモグループ at 19:35Comments(0)ペツト

2009年10月08日

台風18号

やはり、大阪は、かすめる程度で済んだようだ。

もろにきたら、店のテントぐらいは、吹っ飛ぶかなと覚悟していたが、被害はなく、ほっとした。

被害は、家のトイレの通気口の蓋が飛んで割れていたぐらいである。

大阪は、ほんまに台風が来ないので、助かる。

さて、今日のトレは、四頭筋である。

前回、井上さんから上半身の発達の割りに足ができてないと指摘された。

確かに足は、自分でも甘いと思うし、仕事が立ちっぱなしのため、
あまり追い込むと仕事がきつくなるので、無意識に甘くなっている。

やはり、結果はうそをつかない。

やっていないとこは、発達が遅れるのは当たり前のことである。

今日は、四頭だけに手中してがっつりやった。

どうしてもMAXになると声が出てしまうので、周りの人がイラッみる。

まあ、しゃない。

声を出すと、限界を少し超えられるのは、なぜだろう?

つらい意識が声でまぎれるのだろうか?

声を出す=呼吸することに関係があるのだろうか?

アドミナブル・アンド・サイのポーズでは、腹筋に力を入れる際に息を「は~~」と吐き出すが、
力を出す時に無意識に腹筋の丹田部分に力を入れるために息を吐き出す必要が生じ、
限界に来た時に息を出そうとしてて、その際、あごや、声帯にも力が入ってるために、
うめき声となって、発せられるのだろうか?

いや、ほんとは、声にしなくてもいいのだろうが、声を発することで、
自分に気合を入れていることでもあるような気がする。

などと、勝手な考察をしている。

台風一過で、空気がきれいで、今日もすがすがしい1日のスタートだが、
今夜は、僕の脚に台風が上陸するぞ! くわばら、くわばら。

  

Posted by ゼモグループ at 18:20Comments(0)ボディービル

2009年10月07日

たかじん還暦BDパーティー


昨日は、たかじん還暦BDパーティーに行ってきました。

500人以上は、来ていたのだろうか?!2割くらいは、新地のねーちゃん連である。

装花には、鳩山総理の名前も・・・。

みやねさんの司会で、次々に有名どころが挨拶をしていました。

読売テレビ社長、関西テレビ社長、桂ざこば、天童よしみ、
ハイヒールももこ、なんでも言って委員会のメンツなどなど。

たかじん半生期のメモリアル映像と途中、なぜか、
マグロの解体ショーがあり、真っ先にたかじんに振る回れ、
みなさん、空気を読んで絶賛していたが、僕の目から見るとあまりええマグロやない。

合間合間のみやねさんとの掛け合いもおもろい。

最後はたかじんのミニコンサート。

東京、やっぱ好きやねん、大阪恋物語、未練などヒット曲を熱唱した。

たかじんのライブは初めてであったが、60歳とは思えないええ声である。

舞妓さんが来ていたので、2ショットをいただいたりして、
3時間ほどのパーティーは、あっという間に終わりました。

  

Posted by ゼモグループ at 18:50Comments(0)体験