プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2009年07月17日

マイトレーニング



ボディビルダーと自覚して、トレを始めて、9ヶ月目に突入です。

あれよ、あれよ、とう間に1年が過ぎてしまいます。

この9ヶ月、自分の人体実験と様々な先輩ビルダー達の体験談やご指導を通じて、
僕流のトレーニング法がまとまってきた。

僕が模索するトレーニングテーマは、以下の3点に集約される。

1、週4~5日、仕事前の1時間30分でやる事。

2、体力消耗を最小限に押さえ、最大限に筋肉に効かす事。

3、2年でチャンピオンレベルの体を作る事。

結果的に、昨日、紹介した「一撃トレ」にたどりついた。
当面は、この方法で、やっていくが、細かい内容は、日々進化していく。

僕のトレの考え方の基礎は、こうである。

同じトレをしていてもドーピングをすると筋肉は飛躍的に肥大する。

と言うことは、筋トレの量、内容が早い筋肥大を促進するのではないと言うことだ。

薬物の投与で脳が、たんぱく質を筋肉に取り込む指示(ホルモン)を
多く出すために筋肥大が早く、多く起こる。

つまり、トレの目的を筋肉を使うことではなく、
脳からの指示を出させることに主眼を置くべきなのである。

では、どうすれば、指示が出るか、ハード負荷により、筋肉が破壊された時である。

ゆえに、高重量のウエイトトレーニングが主力となる。

つまり、1セットの中にでも、筋肉が悲鳴を上げ、破壊され、
脳に助けを求めるレベルを強くすれば、筋肥大は、早く起こるということである。

期限の2年まで、あと1年と2ヶ月しかない。

年齢的にもゆっくり構えてできるわけでもないので、
いかに賢く、筋トレ馬鹿になるかが、明暗を分ける。
  

Posted by ゼモグループ at 22:07Comments(0)ボディービル