プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2009年05月31日

新たなる出会い。

旅の疲れが出たのかな? 今日も、目覚めるまで完璧な熟睡であった。

ジムがOFF日なので、コーナンに日用品の買出しに行く。

フラフラっとペットショップに寄ってしまう、寄るとどうなるかはわかっているのに・・・。

ボールパイソン、セール価格で8700円がなんと4980円になっている。

これが安いか高いかの判断ができる知識はまったくない。
この瞬間まで蛇を飼おうとは考えていなかったので・・・。

4匹いたが、そのうちの1匹を手に取るとなんともかわいくフィーリングを感じる。
例によって、耳元で「どうする〜〜〜アイフル〜〜〜のメロディーが流れる。

丁度、亀を買っていた水槽が空き家でさびしかったので、思わず購入。

エサの冷凍二十日ねずみと布団のおがくづも一緒に買う。

前回は、ここで、金魚を衝動買い。

どうも、見ていると飼いたくなる習性があるようだ。

蛇は、昔、神社で捕まえたアオダイショウを飼った事があるので、2回目。

蛇は、鷹同様に冷ややかな目が好きである。

女の子なので、「プルトン」と名づけた。

体調は1・3M程になるらしい、現在は、50cmほどである。

今日は、新たなる出会いに帰宅を楽しみにする僕である。
  

Posted by ゼモグループ at 21:10Comments(0)ペツト

2009年05月30日

軍艦島が教えるもの

時代のスピードに反して寿命が伸びすぎたようだ。

長崎の旅で見た軍艦島で働いていた人達は、その後どうして暮らしたのだろうか?

石炭資源が花形で、家族で島に移住してまでその仕事に生涯をささげるべく専念していたのに、
ある日、石油資源が台頭すると一気に閉鎖され、島からの移住を余儀なくされ仕事も失う。

最近では、ネット社会への移行の様子と似ているような気がする。

若き頃から手に職を付け生涯の仕事として、やってきたことが、
ある日突然、もういらない仕事と化し、淘汰されてしまうのだ。

IT革命とは、まさしく革命で、様々な業種、職業にその影響を与えている。

福沢諭吉は、心訓の中で、
「世の中で一番楽しく立派な事は、一生涯を貫く仕事を持つことである。」
と書いているが、果たして、今の時代に通用するのだろうか疑問である。

人類は、自分達が作り上げた文明のスピードについていけないまま、
寿命だけが伸びてしまったのではないだろうか!?   

Posted by ゼモグループ at 17:16Comments(0)教訓

2009年05月29日

旅はいいもんや!

中3日の久々のトレは、背中。

時間が押したので、サクッと2種目を流す程度にしておいた。

重量感は、そう感じなかったので、筋肉的には、いい休養になったようだ。

やっぱりトレーニングは、いい。

3日間、相当、3食きっちり、飲食をやったので、
脂肪が増えているだろうと、恐る、恐る体重計に乗る。

69.5K、500Gくらい増えた程度で、さほど変わらない。
和食の鮮魚中心のタンパク質な食事が中心だったせいだろうな。

こっそり、バルクアップしたんちゃうかな!

アクティブに遊んだ事も脂肪燃焼に役立っていたようだ。

店の方は、スタッフが良くがんばっていたようで、
トラブルもなく、いい営業ができたようです。

たまには、抜けるのもスタッフには良い刺激になるようだ。

僕がいないほうがいいという説も浮上したりして・・・。

久々の旅であったが、やはり旅はいいもんだ。

いろんな事に気付けるし、心の洗濯になる。

人生を掛けた旅立ちまで、まだまだ、消化しないといけないことがたくさんあるが、
一つ一つをクリアーにして、悲願達成の決意を新たにする。


  

Posted by ゼモグループ at 17:05Comments(0)

2009年05月29日

長崎の旅(3日目)

ただ今、帰宅して、お風呂を浴びて、領収書をひっくり返して、
旅の経費精算書を作成し、やっとブログにたどり着いた。

旅の間は、ブログをサボろうかとも思ったが、楽しみにしてるなどのコメントを
いただいてしまったで、変に使命感が出てしまったのと、
ドリームゲート http://dgblog.dreamgate.gr.jp/
というところの社長ブログというところにも毎日、ブログアップをしているのだが、
旅立つ前にランキングを見てみると13位になっていてるのを見て、
こりゃ〜〜サボってる場合やないがな〜〜〜というのが、サボらない本当の理由。

よって、今日も旅の疲れで放蕩としていますが、レッドアイ片手に書いております。

3日目といっても、今日は、起きたら、朝風呂、朝食の後、すぐに大阪向けて出発だ。

また、ロングドライブ、帰りはお昼のドライブだから睡魔は来ないが、
疲れているのか、休憩サイクルが早くなる。
大阪着が9時だから約11時間かかった。

恐らく、僕の生涯で、長距離ドライブは、これが最後だろう。

普通では、この計画は、まず、立てないだろうからな・・・

もう少し時間に余裕があれば、キャンピングカーにでも乗って、
気ままにそこらを転々とする車の旅も面白そうである。

今回の旅で気づいた事がいくつがあるが、それはまた、
明日以降のブログに書くといたしましょう。

なには、ともあれ、無事に帰ってまいりました。

ではでは、おやすみなさ〜〜〜ぃ。  

がくっ、・・・zzz。
  

Posted by ゼモグループ at 01:16Comments(0)

2009年05月27日

長崎の旅(2日目)

昨夜は、ブログの後、部屋へ戻るとすぐに撃沈、夜中にすごい雷が落ちていたらしいが、
まったく気付かず、朝まで熟睡であった。

8時に携帯のアラーム音目覚め、寝ぼけたまま、部屋の露天風呂で朝風呂。

朝食は、バイキング形式で少々食べ過ぎた。

温泉場での朝風呂の後の朝食のうまいこと!

ヨットクルーズの待ち合わせまで少し時間があったので、
防波堤で横になったら寝てしもた!
携帯で起こされて、ヨットに乗り込む。

朝はなぎで風は、ほとんどなかったが、沖に出ると少しづつ風が強くなり、
空は、薄曇りの絶好のセイリング日和となる。

軍艦島に向かって走らせるが、近ずくほどになんともいえん、
歴史の重みを感じさせる不気味なオーラを放っている。

面積:63000?(6.3ha) 島の周囲:1200m 島の長さ:南北480m、東西160m.
直径320M×180Mの島にピーク時は、5000人が住んでいたという。
島には、学校、病院だけでなく、映画館やプールといった娯楽施設も揃っていたという。

三菱が炭鉱地として開発したのだが、良質の石炭が取れるため、
どんどん人を送り込み80年間にわたり、操業し続けた。

今は、廃墟と化し、海の上にポツンと浮かぶコンクリートのマンション群に、
かつての賑わいを重ねるとなんとも日本とは思えないエキゾチックなムードが漂う。

軍艦島を後にして、爽快なクルージングを楽しみながら、
友人が船を止めている本土のサンセットマリーナに到着。
友人とともに中華街にちゃんぽんを食べに行くことになる。
友人の勧めで、江山楼という店に入る。

期待どおりのうまさ。だしまでなめ尽くしたが、
後からどんと腹にのしかかる感じだった。

その後、中華街、出島資料館を散策し、帰りの渡し船に乗りこむ。

渡し船でも横になると一瞬で熟睡に入り、着くまで寝ていた。

島に着くと、ボートの管理に関する注意事項を説明し、一風呂浴びて、夕食タイム。

伊勢海老、さざえ、あこうの造りにあこうの荒だき、伊勢海老の香草焼きなど、贅沢三昧。

食後は、生まれて初めての酵素風呂にチャレンジ。
天然の米ぬかに酵素を加えると、分解するときの発熱が50度〜65度になる。
その糠の中に裸で埋まり、約15分間温浴するというもの。

あまり期待はしていなかったが、実際に入ると、ほんまに自然にこんなに熱くなるんかいな!
というくらい熱い、約7分で顔中に汗が吹き出し、
15分埋まっているのが精一杯である。

上がって、シャワーを浴びると肌は、すべすべで、体の芯まで温もっているのがわかる。

ん〜〜酵素風呂恐るべし、なかなかの優れもんじゃ!

原料は、ただ同然の糠だし、酵素は、最初に入れれば、ずっと生き続け増殖していくので、
減った糠と水分を与えるだけでよいらしい、ここのは、もう、3年物。

管理スタッフの手間が大変といえども、つきっきりのマッサージ程の人件費もかからない、
仕入れも知れてる、ええ商売を考えよるもんや。

酵素風呂が終わり、気分は最高潮におやすみモードだが、
いかん、ブログ、ブログ。

今日もなんとか、ここにたどりつけました。

明日は、朝一で大阪向けて帰ります。

おやすみ。
  

Posted by ゼモグループ at 23:53Comments(0)

2009年05月26日

長崎の旅(初日)

今日は予定通り20時40分には、高速に乗り、一路、長崎温泉 伊王島へ。

道中は、セオリー通り、2時間に1回の休憩を4回ほど入れて、長崎に到着したのは、明けの9時。
休憩を入れて約10時間のドライブであった。
さすがに後半は、座り慣れてないので、腰がだるくなり、かなり疲れた。

長崎に着くと、早速先方のスタッフが迎えに来てくれて、渡し船の出る港まで先導。
出港まで1時間ほど余裕があったので、グラバー園を見物する。
グラバー園には、グラバー邸をはじめ数軒の異人の家が集合している。
丁度、神戸の異人館街のような感じである。
時間が余れば、長崎ちゃんぽんでも、と思ったが、グラバー園が思ったより広く、見所も多かったので、全然時間が足りなかった。

港に着くと、車を10台位載せられる車専用の渡し舟が待機しており、クルマごと乗りこむ。

入り組んだ入り江に生きるたっぷりな自然ときれいな海と港町の
美しい共存風景が、なんとも絵になる。

沖に出ると耳元をすり抜ける潮風が長いドライブの疲れを癒す。

しばらく走ると、沖に何やら、異様な島が・・・?

船頭さんが双眼鏡を貸してくれたので、覗いてみるとそれは、噂に聞いた軍艦島である。

写真映像は、チェック済みであったが、実物はなかなか異様なムードを醸し出している。

かつて、炭鉱で栄えた島で、当時は、世界で最も人口密度の高い島であったらしい。

日本で初めてコンクリートのマンションが建てられた島とも言われていて、
島の3分の1ほどが、コンクリートのマンション群で埋め尽くされている。
遠くからみるとまさしく海に浮かぶ軍艦船のようである。

双眼鏡をのぞいていると少し気分が悪くなり船室に入り仮眠を取る。
10分ほどであったが、かなりすっきり!

いよいよ、伊王島上陸である。支配人が出迎えてくれ、船を引き渡す。
大仕事であった「船の嫁入り」は、無事完了したので、ほっとする。

徹夜のドライブ明けでもあったので、取りあえず、温泉につかりリフレッシュ。

昼食前に冷え冷えのビールをグビッ、あ〜〜〜うま!!
長いドライブと一仕事の達成感、温泉の癒しが、いっそうビールをうまくする。

ビールがはいったら、もうねむねむ、昼食をさっさと済ませ、
部屋へ帰る途中のハンモックがつってあったので、
ポージングパンツに履き替えて、ハンモック日光浴。

横になると数秒で撃沈。1時間ほど熟睡する。

起きるとすっかりパワーが戻っているので、今度は、自転車を借りて島内サイクリング。
夕陽がきれいな灯台やチャペルなどをみながら、海岸沿いを10kほど走り回った。

戻る頃には、すっかり日が落ちて、夕焼けこやけの夕食タイム。

またまた、ビールのうまい事!

例によって飲むとねむねむになる僕なので、部屋に戻って部屋付きの露天風呂へ。

またまた、リフレッシュして、ただいま、ブログ完成!

明日は、朝食後にもう1度サイクリングと温泉を楽しんだあと、
ヨットで軍艦縞1周クルージング。

旅先でもゆっくりできんのは、性分かしら?
さすがに、トレは、休養でした。
  

Posted by ゼモグループ at 23:48Comments(0)

2009年05月25日

トラブル転じて福となす。

さあ、今夜、旅立ちである。

万全の体制で、11時に起床、昨日は、
ワクワクして6時まで寝れなかった。

ジムで一汗流して、レンタカー屋へ2tトラックを借りに行く。

手続きを済ませ、車に乗り込むと、あれ?ミッションやんけ!
これは、借りれんわ!オートマと変えてくれ!と。

この種の車は、当店には、オートマ車がないんです。と説明。

はあ??ほんなら、何で、申し込みの時にそない言わんのや!
他をあたるがな!
どっちにしてもこれでは絶対行けんから直ぐ段取りしてくれ!
とやさしく言う。

15分程待たされ、他社にも当たりましたが、
今日、用意できる物が、見つかりませんという。
あげく、この種は、もともとオートマはないんですなどとうそぶくので、
プチッと少し切れて、「以前、トヨタレンタリースで借りた事あるわい!
トヨタ行って借りて来い!」と少し、ほんの少し声が大きめ。

さらに15分待たすので、船を積み込む予約を入れているから
もうタイムリミット、店員を呼んで、「もう時間がないから、
これでいいけど、今から僕もミッションを運転出来る
ドライバーを雇うために金がかかるから、この車代は、払わんぞ!

と、もう少し声を大きめで言う。

すると店員は、困った顔で引っ込んだ。

しばらくして、スーツ姿の体格がでかく、いかついパンチパーマをあてたお偉いさん風が来た。

普通の人は、たぶん、あのでかさと顔にビビッて言う事いえんようになるでしょうな。

そういう自分を知っているのか、少し横柄な態度で、僕に話してきた、
「お客さんもオートマ指定をしなかったんだから、お互い様でしょ、
何とかこれで、行ってくれまえんか?」という。

僕は、すかさず、「お前誰じゃ?」

「偉そうにしゃべるんやったら名刺くらい持ってこい!」 声は、かなりでかい。

この一撃で、少し、相手の顔が引きつる。

「こっこの辺の地区長です。」という。

「お前、耳聞こえへんのか!名刺持って来い!いうとんじゃ!」

すると名刺を持ってきた。地区長って書いてある。

せやけど、オートマ指定しなったお客さんもわるいでしょう?とまた、ぬかすので、
あんなぁ、お前ら車貸すプロやろ、それぐらいの事は、申し込みの時に確認するのが常識やろ、
俺は、素人や、きょうび、ミッションなんかレンタカー屋にあると思わんわい!。
それに、お前地区長やろ!自分の従業員教育悪いのんを棚に上げて、
客に向かって、あんたも悪いとは何ごとじゃ〜〜〜。
わしは、やから飛ばしとんたない、
あんたらのミスでわしが余計な金を使うん矢から、
その分払え!ということや!

もう、声は、ピークにでかい。地区長さんもさっきまでの横柄な態度はなくなり、
返す言葉なく、唇をピクピクさしとる。

もう時間ないんじゃい!ただでこの車か貸すんか、オートマ車探すんかはっきりせんかい!

僕では決めれませんので、本社に連絡します。といって、引き下がる。

しばらくして、戻ると、今度は、おもっきり下手になって、なんとか、車を見つけました。
少し遠方のトヨタレンタリースで借ります。
そこまで車で送りますから、そこから高速でいってくれませんか?
費用については、半額(3万引)にさせていただきます。

・・・・・

ほうか、ほな、早よ連れてくれ!と言う事で、
約1時間のロスタイムをして、港に船を取りに行った。

ピーク大声で怒鳴ったのは、そうやな、半年ぶりかな?
なんかすっきりして、長旅の出鼻に花を添えたな。

まあオチは、ちょっとラッキーやから、ここの会社名は、伏せておこう。
  

Posted by ゼモグループ at 19:27Comments(0)体験

2009年05月25日

ネット先生

最近、料理の事やら、趣味の事やら、調べ物をネットですることが多い。

昔は、分からない事は、周りの人に聞きまくったり、
店の人に聞いたりして、必要な情報を集めた。

そこには、常に人とのかかわりが関与していた。

しかし、最近は、どうだろう?ネットを駆使すれば、
得られない情報はないのではなかろうか!?

それだけでなく、簡単な事を人に聞く事が、恥ずかしい行為のようにも思えてくるのだ。

「そんな事ネットで調べた方が早いやん!」っていう感覚がどこかに芽生えている。

僕のようなアナログ世代で育ち、デジタルでもまれる人間でもこんな感覚をもつのだから、
生まれた時からネット環境に浸る今の子供達は、どんな感性の人間に育つのだろうか?

人とのかかわりや付き合いを軽視し、先生(先人、先輩)
を軽んじる人間が多くなるのは、間違いない。

もうなってるみたいだけど・・・。

だって、昔は、先生や先輩に聞かないとわからない事が、
ネツトを使うと早く正確に多く知ることができるんだもんな。

つまり、知識を教える先生、先輩はいらん、ということである。

では、何を教えるべきか!

これからの先生、先輩は、ここを良く考えないといけまへんな!
  

Posted by ゼモグループ at 00:49Comments(0)教訓

2009年05月23日

ドライブな旅

もうすぐ、旅じゃ。

店の体制は、ほぼ、僕が抜けても大丈夫な状態に仕上がっている。

船を持っていく都合で、先方とも日程をももくり、いや、やりくり、
僕もかなりいがくりしているので、この旅は、はずせん。

後は、イレギュラーな何かが起こらないことを祈るのみ。

長崎まで約8時間かけて、車でというのが、普通の旅より緊張感というか、ワクワク感あり。

車のロングドライブは、学生の頃の大阪〜東京経由〜青森以来だ。

20歳の時は、苦もなく行けたが、果たして43歳、
自称肉体年齢20代は、どこまで通用するかいな?

インフルにもかかったら行けなくなるので、
ここ1週間は、基本生活以外の事は、極力せんように勤めている。

飛行機でぴょんと飛ぶのは、楽だけど、遠くに旅した感じがせんよな。

学生の貧乏旅行の船で沖縄まで、船中2泊とかの旅の方が、
しんどいなりに思い出にのこっとる気がする。

伊王島では、僕が紹介した元NHKのカメラマンのヨット仲間がいて、
オプショナルツアーで体験ヨットクルーズを運営している。
彼に連絡をしていて、2日目は、軍艦島周遊クルージングを楽しむ予定だ。

ヨットも久々である。

後は、まあ、海を見ながら、のんびり温泉とうまいもん三昧といきましょう。
  

Posted by ゼモグループ at 18:55Comments(0)

2009年05月20日

筋断症状

今日は、目覚めが遅く、社員に交代でGWを取らせているので、
早めに店に入らないといけないこともあり、急遽トレをパス。

どうも最近は、トレをしないほうが元気が出ないというか、むずむじする感じであるな〜〜。

肩トレでであったが、店に着いて、生ダル19L(約20K)
で軽くサイドレイズだけしておいた。

そして、仕込みを終えて一服がてらプロテインを飲むとまた、筋断症状で、動かしたくなる。

カウンターの桟を使って、腕立て伏せ、負荷が物足りないので、スタッフに乗ってもらう。

自分で休養と決めた日に休むのはなんでもないが、
今日のように、自分の怠慢でジムをサボった時は、
決めていた日課は消化しないとどうも気持ち悪いのだ。

すっかり、筋トレ病の僕なのである。


  

Posted by ゼモグループ at 18:38Comments(0)ボディービル

2009年05月19日

一富士二鷹三茄子

そういえば、昨日のBDの朝は、鷹の雛を飼っている夢をみたぞ!

と言う事で、今日は、ことわざのお勉強!

「一富士二鷹三茄子」は昔からのことわざで、
夢に見るものの中でめでたいものの順番を指すことばです。
とくにお正月の初夢でこれらを見ると大変縁起が良いといわれてきました。

一番の富士山は日本最高峰の霊山、二番の鷹は、鷲とともに鳥の王者。
ですからめでたいのは当然ですが、ではなぜ三番目が茄子なのでしょう?

このことわざは江戸時代の初めごろから言われてきたようです。
このことわざの説明として次の三つが挙げられています。
 
 1.駿河国(するがのくに・今の静岡県中央部)の名物を順にあげた。

 2.徳川家康が、自分の住んだ駿河国の高いものを順にあげた。
   鷹は鳥ではなく、富士山の近くにある愛鷹山(あしたかやま)のこと、
   茄子は初物(はつもの・その年の最初の収穫品)の値段の高さをいう。

 3.富士山は高くて大きく、鷹はつかみ取る、茄子は「成す」に通じて縁起が良い。

と言う事で、43歳のBD早々に縁起のいい夢を見たもんだ。
しかし、今日は、インフルエンザで世間で異常な事態が発生したり、
兄貴の裁判の初公判があったりと縁起がいいのか悪いのか?

行楽地の飲食は、ガタガタ状態と利くが、当店は、
ローカルだけに営業はさほど変わりなくのんびり、
大口の出前がぽつぽつ入るのは、インフルエンザ経済効果なのかしら?
  

Posted by ゼモグループ at 18:11Comments(0)教育

2009年05月18日

43歳のBD

今日は、43回目の誕生日。

僕の42歳を振り返ってみる。

前半は、厄年の名残りで自粛生活。

連続勤務記録450日と言う記録を作ってみたり、
毎日ブログを書き、ジムにも毎日通うと言う自分磨きの1年であった。

特に後半は、ボディビルダー井上浩さんとの出会いをきっかけとして、
ボディビルに取り組んだ事は、一番の収穫ではなっただろうか。

43歳は、この1年で培った生活習慣を継続し、清く、正しく、美しく、
マイライフに少し彩りを付けて、デザインしていきたいと思っている。

現場仕事からは、少し距離をおいて、業界の客観的見直しをして、
事業の再構築も考えていかないといけないとも思っている。

今日の目覚めの夢は、鷹の雛を手に入れて、育てている様子だった。

今年は、鷹匠になる夢を実現できるかなぁ思っている矢先にインフルエンザの大流行の予見。

鳥インフルの事もあり、鷹の飼育には反対の意見が多い。

求めよさらば与えられん!僕は静かに求めていると、自然とほしいものが手に入る習性がある。
鷹は特殊なものなので、あまり焦らず、静かにチャンスを待つとする。

家を出るとすれ違う人のほとんどが、マスク、マスク、マスク、
ジムでもスタジオプログラムは、今日から休講、世間では、学校も休校。

世間は、僕のバースデーにふさわしい賑わいを見せている。
  

Posted by ゼモグループ at 23:02Comments(0)人生

2009年05月17日

ポージングパンツ新地デビュー

昨日は、久々の新地の遊び会であった。
メンバーは、先輩と後輩と僕の3名。

北へ出るついでと井上さんの勤務日でもあるので、15時〜GGへ行きひと汗流す。

脚と背中であったが、背中は、新しい種目を教えてもらったが、
かなり利いて、今日は、背筋がむちゃ痛〜〜い。

先ずは、先輩が経営する「雅しゅとうとう」でお食事から。

ここは、高級志向の和食店であるが、盛り付けや食材に一工夫されている。
旬の稚鮎で鮎の洗い、鮎寿司、一夜干の炙り焼き、定番の鮎塩焼きと
名物の泳ぎいかの姿造りとふんだんに盛り込まれ、
とても楽しく、おいしく食事を楽しめた。

ここには、バースペースもあり、食後は、バーに移って、
デザートを食べながらカクテルを楽しむ。

そうしていると、先輩社長の携帯が鳴った。

ボーリング業界の大手企業の社長からで、新地にいるから合流しようというのだ。

大物には大物との付き合いがあるもんや!

その後、催促の電話が何度か鳴るので、合流する事になるが、
途中でちょっとバーに寄り道。

そこは、落ち着いた雰囲気で、年配のママがやってる老舗バーである。

店に入ると丁度、そこのママが他の店のママと電話で話していて、
先輩が来た事を話していた。するとすぐにそのママが飛んできた。
顔を見に挨拶に来てくれたようだ。

1杯を飲み終わらないうちにまた電話が鳴り、
もう他の店に移ったので、早く来てくれとの事。

そして、その店へ。

ビップルームが貸切になっていて、シャンパンが次々抜かれて、盛り上がってる。

しばらく飲んでワイワイしていたが、先輩がさっき挨拶に来てくれた
ママの店に顔を出したいから、少し抜けようというのである。

義理堅い人である。後輩を残してその店へ。

そこは、新地で30年以上の歴史を持つ老舗ラウンジ、
クラッシックな落ち着いた内装に和服姿の年配のふくよかな貫禄あるママが良く似合う。

閉店前でお客は僕達だけであった。

話してるうちに何故かボディビルの話になり、脱ぐはめに。

丁度買いたてのポージングパンツを持っていたので、履き替えて披露。

せっかく買ったので見せたいモードになっていたこともある。

まだまだ大した体ではないが、素人に結構受けていた。

先輩からは、お前そんなことしてんともっと金儲けせんかいといわれつつ、
その後は、パンツ一丁で飲んでいた。

半年後にまた店に来て、体見せてよと言われその店を後にし、久々の新地の夜の帳はおりた。
  

Posted by ゼモグループ at 21:03Comments(0)ボディービル

2009年05月15日

嫁入り日決定。

現在、USJの前の港においている愛艇の嫁入り日がやっと決まった。

出発は25日の夜中、輿は2トントラックで、大阪発〜長崎温泉やすらぎ伊王島まで、
約751.8K、8時間23分の旅だ。

瀬戸の花嫁じゃないけれど、瀬戸内海を縦断する。

長崎温泉やすらぎ伊王島 http://www.ioujima.jp/
 は、僕の友人が経営するリゾート施設で、
我が愛艇は、ここの夏の海洋レジャーのオプショナルで使ってもらうことになったのだ。

オープニングセレモニーに呼ばれていったが、日本とは思えない自然とムード、
掛け流しの温泉など充実した施設とサービス、料理があり、
一度破綻した施設ではあったが、友人の会社が乗り出し、
見事に生き返らせ、今は、ものすごい盛況振りである。

物が物だけにハイ送りますというわけにもいかず、
メンテや使い方などの指導も含めて僕が届ける事にしたのだ。

大阪の寂しい港でたまにしか乗られないより、
長崎のきれいな海でお客様の笑顔と共に暮らす方がきっと幸せになれることでしょう。

せっかくだから向こうで2泊ほどして、久々のバカンスを楽しむつもりである。
  

Posted by ゼモグループ at 18:07Comments(0)

2009年05月13日

岩盤日光浴

今日も起きると天気がいいので、そのまま屋上に上がって、日光岩盤浴。

裏表30分づつの合計1時間。

なぜ、日光岩盤浴かというと、屋上のコンクリート日中の太陽熱で熱々になる。
その上にタオルを引いて寝転んで日を浴びるので、
下からの熱を受けながらの日光浴なので、僕が日光岩盤浴と名付けた。

健康的な日光浴のコツは、短時間で行なう事。

日頃ほとんど焼かないのに、行楽や旅、海に出かけたとき長時間、
日を浴びて一気に焼け、赤くなるというのは、最も皮膚に悪い。

短時間の日光浴をこまめに行なうのが、体に優しく、皮膚にもいい。

日頃こまめな日光浴で皮膚を慣らしておけば、
たまの海などでの遊びのときも、
焼けて痛いなんて事にもならなくて済むのだ。

まあ、予防的効果もかねている。

日光岩盤浴をしているとパワーがみなぎるのがわかる。

よし!今日はGGに行こう!

ということで、日光岩盤浴が済んだらGGへ向かった。

GGに来ている人達は、皆パワフルで、見ているだけで、参考になることが多い。

実は、今日の目的は、BDフォトグラフメモリーに備えて、
ポージングパンツの購入もあったのだが、協会指定のものは、予約注文になってるらしい。
今、注文したらいつ来るの?
という問いに、いつかわからないというあやふやな返事だった。
他のとこなら、「そんなええかげんなことで、注文でけるか〜〜」
と怒るとこだが、お世話になってるジムでもあるし、
ボディビルの協会の体質なのかわからんし、その物が、
そういうもんなんかもわからん、遊びの道具なんで、ここは大人しく引き下がる。

どっか、すぐ送ってくれるとこ探さにゃな。
  

Posted by ゼモグループ at 23:47Comments(0)

2009年05月13日

午前中はダメよ。

今日は、朝からメールが三連発も入って不愉快に目覚めた。

最近のお付き合いのある人は、僕への午前中の連絡がタブーなのは、浸透しているはず。

普段は、無視して寝るのだが、三連発は、さすがに気になって、開いた。

知り合いからのメールで画像が添付されている。

1枚目は、なんと、松田聖子とのツーショット。

2枚目は、なんと、矢沢永吉とのツーショット。

3枚目は、なんと、谷村新司とのツーショット。

どういうこっちゃ?

この件は、後で確認するとして、また寝た。

しばらくして、今度は電話が・・なんとなく起きていたので、
着信をみると、僕が大変お世話になり、尊敬する先輩。
あわてて、出た。何故か背筋が伸びてて、声もはきはき。

長い事、ゆっくり話してないから、飯でもいこうやという誘い。

最近は、少し仕事も抜けれる体制なので、OKする。
ここ3年は、ほとんど断っていたのだ。

久々の繰り出しなので、楽しみである。

まだ、午前中だったが、目が冴えてしまったので、一気に起きた。

今日は、ジムが休みの日なので、仕事までたっぷり時間がある。

外を見るといい天気。

取り合えず、日光浴でもしながら、もう少し寝よ。

だいぶ、日差しも夏モード。裏表40分ずつ焼いて、シャワー。

後は、いつもどおりの仕事でおます。
  

Posted by ゼモグループ at 01:56Comments(0)その他

2009年05月11日

疲労のメカニズム

疲労感とはなんだろう。

分解すると肉体疲労+精神疲労=疲労感になろうかと思う。

肉体と精神は、1日の生活の中でせめぎあい、1日の疲労感を作る。

トレーニング中の疲労感は、短時間でやってくる。

肉体を酷使すると体が危険を感じて、脳からやめろやめろと命令する何かが出る。
痛みや辛さという形で精神と肉体に襲い掛かる。

それらを跳ね除けて、少しでも多くの筋肉を破壊していく事が、
ボディビルにおけるトレーニングの目的である。

そして、破壊された筋肉は超回復へと向かい、次に備えて筋肉を大きくしておこうと成長する。

疲労感が残るという現象は、自分の体が持っている回復力を
上回る疲労を体に与えた時に自覚する。

私は、40歳くらいで、それまでと同じ生活をしていても疲労感が残るという経験を始めてした。

これは、使わない期間の肉体疲労と精神疲労から来る退化(老化ともいう)から来る。

立ち仕事なので、足がつった感じが朝起きても残っており、
疲労感がやる気や前向きな思考を奪う。

なるべく疲れない生活にするため、いろんなものを消去法で削除するが、追いつかない。

明らかに自分の回復力を上回る疲労を背負って生活していたのだ。(オーバーワーク)

この世界から抜け出すには、二つの方法しかない。

ひとつは、仕事を減らし、疲労するようなことをもっともっと削除する。

ひとつは、自分の回復力を上げる。

後者を選んだ僕は、ジム通いを始めた。

ジムに行くと最初は疲れる。

ただでえ仕事で疲労困憊している上にジムでのトレは、本当にきつい。

しかし、能力の進化、成長というものは、いつもやっていく
キャパシティに追いついていく形を取る。

わかりやすく言うと、5の生活では5の体力しか必要がないので、
体は、5以上の余計な体力を付けようとはしない。
必要のない体力をつけると余計なエネルギーを使うだけなので、
体は、必要分の5だけしかつけようとしないのだ。

動物の世界は、それでいいのだが、多様化する社会で生きる人間には、
様々な形でストレス、突発的な用事などが日々混在するので、
体力が、生活レベルのキャパシティーしかないと何かの時にすぐキャパを超え、
その度に疲労がたまるという現象が起こるのだ。

日頃からトレーニングで10の体力を使い、回復力を鍛えておくと、
日常生活の5が余裕で消化できるだけでなく、突発的なことにも冷静に対応できるのだ。

このように疲労のメカニズムを深く理解することで、
体を超日常生活レベルで動かす事がいかに大切かが理解できると思う。

私は、強くすすめたい!中年からのボディビルを!
  

Posted by ゼモグループ at 22:20Comments(0)ボディービル

2009年05月10日

母の日


今日は、昼から慶事懐石と舟盛活造りの予約があった。

母の日にちなんで、80歳(傘寿)81歳(半寿)のお祝いの席に使いたいそうだ。

僕は、舟盛りのマストに祝傘寿、祝半寿と書き入れて、カーネーションを飾りに使った。

今日から当店が面している商店街の夜店が始まるようである。

今の時期から夏場に掛けて、0のつく日の恒例行事だが、
ここ数年は、めっきり店数も減り衰退の一途をたどっている。
不景気、少子化、衛生面と露天の夜店が衰退するのは、時代の流れで仕方ない。

しかし、僕のような年代は、夜店の明かりを見ると何故かワクワクしてしまうのだ。

輪投げ、金魚すくい、鰻釣り、鉄砲、りんごアメ、ベビーカステラ。

古きよき日本の文化、なくなってほしくはないが・・・・。

母の日も日本独特の文化と思っていたが、
アルバイトの中国人に聞いて見えると、中国にもあるらしい。

アメリカにもおあるのかな?ヨーロッパは??
  

Posted by ゼモグループ at 17:41Comments(1)その他

2009年05月09日

プリンター買い替え。

一昨日、店のプリンターがつぶれた。

以前使っていて、倉庫に直していたものを引っ張り出して、付けたが、どうもうまくいかん。

こいつもつぶれてるようだ。

プリンターがないと、毎日のおすすめ料理のメニューが作れないので一大事。

取り合えず昨日は、家のパソコンで出力して、対応したが、
当店は、夕方に活魚店から直送されるものを、すぐにおすすめメニューに上げているので、
店でプリントできないとリアルなおすすめメニューが作れない。

今日は、色々予定があったので、買出しの分早起きして、
ビックカメラにプリンターを買いにいく。

店内には、定額給付金大売り出しで、色んな商品がずらり並んでいるが、
流行や機種の事はまったくわからない僕は、いつものように賢そうな店員を捕まえて、
僕のニードを説明し、今日一番のおすすめは何か問う。

僕のニードは、SDカードからの写真プリントが出来、
きれいにプリントできるシンプルなものだ。

これが今、一番のおすすめ、お買い得品ですという商品が、
エプソンの23000円だったので、5秒で決めて購入。

以前の購入でポイントが18000円ぶんあったので、5000円程の出費で済む。

持ち帰りで包んでもらうと、意外と箱が大きく重い、
時間つぶしに道具屋筋で黒板も買ってしまったので、GGへ向かう戦意を喪失。

お家へ戻りセットアップに小一時間。

家のをはずして店へ持っていく準備完了。

ホームジムヘ矛先を変えたがまだ時間がある、久々の晴天なので、日光浴に屋上へ。

なかなか良い日差しであった。

後は、いつもどおり、ジム&お仕事。
  

Posted by ゼモグループ at 22:20Comments(0)パソコン

2009年05月09日

鷹 匠

僕が今一番ほしい物、ではなく、生き物は「鷹」である。

僕は、昔から鷹が好きな動物のひとつだった。

以前、神戸でオープンした伊勢海老料理とワインの店に
「ラ・ファルコン」という名をつけたほどである。

小学生の頃は、動物園に良く行って、熊やサルにエサをやるのが楽しみにひとつであった。

虎やライオンとは、にらめっこで勝負をするが、彼らは、目おそむけるか、
無視か、うなるかのどれかの行動を取る。

しかし、鷹は、じっと無表情で冷ややかな眼をして何時間も微動駄にしない。

前で、手をふったり、いたずらしても完璧に無視である。

ガキのころから鷹は、「一味違う不動心を持っている」と思っていたのがほしい理由だ。

以前からほしくて何度かペットショップを覗いたが、
ある程度大きくなったのは、見かけたが、雛はいない。

同じ飼うなら雛から育ててみたい。

今日は、ネットで色々検索していると、鷹を繁殖させているとこを見つけた。

鷹といってもいろんな種類があり、種類によっては、雛で50万もする。

僕の目的は、鷹狩りが出来る腕に乗せれる大き目のシンプルなかっこいい奴だ。

鷹と一緒に成長したマッチョな僕が、太い腕に鷹を乗せている図をイメージしている。

家の屋上で飼って、屋上から空高く飛ばすのが夢である。

それがなんという種類に当たるのかもまるでわからない。

もう少し研究してから購入を検討しよう。

エサは、冷凍のうずらやねずみである事は、わかった。

戦国の武将が鷹狩りを好んでしたというが、飼う事でその気持ちもわかりたい。

鷹よ、空から降ってこないかな?
  

Posted by ゼモグループ at 01:51Comments(0)趣味