プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2008年04月04日

口コミ

2ヶ月程前に幼稚園のママと子供の会、総勢50名の宴会に使いたいという問い合わせがあった。
うち子供が30人である。

幼児なので、あまり食べれない事もあり予算の相談を受けた。

お昼の時間帯であった事と子供の事でもあったので、先方の予算の相談を全て受け入れた。

通常やっていないお昼にスタッフを投入して営業するには、
正直、商売としての採算は、難しい予算である。

子供は、食事が済むと退屈で大暴れ、ホールスタッフは、
サービスというより子供の世話に追われる。

お客さんと思うから余計な仕事がでてきて大変に思う。

子供は、社会の宝である。

社会が守り育てていくべきものである。

この店の存在価値は、何も飲み物や料理を売って商売をするためだけにあるのではない。
営業を通じて地域社会に貢献するという経営目的があるはずだ。
これは、経営目的に沿ったとても意義深い仕事なんだ。

子供が暴れて大変だとこぼすスタッフを僕はそういってなだめている。

料理内容も予算度外視で奮発して提供する。

子供用に麦茶をちゃんと煮沸して、作って飲み放題にしてあげる。

時間も次の予約もなかったので、いたいだけいてもらう。

そんな対応にお客様は、大変喜んで帰られました。

それから、この2ヶ月で3件の大型ママさん宴会が入って来ている。

当店がとても良かったと言いふらしてくれ、紹介、紹介で予約を入れてくれているのだ。

これぞ、口コミの力やな〜〜と改めて思うと同時に、
ママさんネットには怖いもんがあるな。  

Posted by ゼモグループ at 14:35Comments(0)経営

2008年04月04日

白鳥の絵

昔、我が家の居間に白鳥の絵が飾ってあった。

古いマンションの狭い居間であったが、
水面を悠々と進む白鳥の絵がミスマッチに浮いていた。

少年の僕に母は、この絵を見ながらよくこんな話をしてくれた。

男は、水面では、この白鳥のごとく悠々と振舞わなければいけない。

しかし、水面下では、必死に足で水をかいでいる。

水面下の姿は、決して人に見せてはいけない。

それが男ってもんだよ。

ましてや商売の世界でやっていくのなら、なおさら人に弱みを見せてはいけないよ。

少年の頃は、良く意味もわからず、聴いていたが、
知らず知らずに身についているこの白鳥の絵の感覚が
ビジネスのステージでは、とても重要な
要素である事に気づくのである。  

Posted by ゼモグループ at 00:52Comments(0)体験