プロフィール
ゼモグループ
ゼモグループ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2013年02月24日

妹 よ



今日は、昨日に続き、下の妹の誕生日である。

僕には、妹が二人いる。

別居するようになって、20年が経つ。

実にあっという間である。

その間、この二人は、結婚したり別れたり、子供ができたり、色々あった。

先日、東京で妹と初めて外食をした。

世間では、兄弟が食事に行く事は、よくあることのようだが、僕は、ほとんどなかった。

外食する時は、大体、両親とか家族がセットになっていて、
妹と、まあ、もう一人友人がいたが、
親が混ざらない状況での初めての外食ではなかっただろうか?

意外とマンツーマンの付き合いはしていないのである。

特に我が家の兄弟構造は、親の指導でとても封建的で、
兄貴の言うことは、絶対!的な主従関係的な一面があり、同居していた時期も
あまり対等にお話しする事もなかったような気がする。

食事中の話の中で、私は、やや閉所恐怖症なのだというので、なんでや?と聞くと、
幼少の頃に僕が布団にくるんで上に乗って、よくいじめたのがトラウマになってるとか?!

いかに封建的であったかを伺わせる話である。

また、僕自身が、学生時代は、家にいる事はないくらい外で遊ぶ子だったし、
社会に出ても家は寝るだけという生活だから、そういうことに時間を取る余裕もなかった。

お互いが社会人になってからは、すっかり疎遠ではあるが、仲が悪いわけではない。

高校になって、今の家に引っ越すまでは、3LDKのマンションの
6畳一間に、この4人が2段ベット二つに分れて、寝ていたので、
思春期もくそもあったものではなく、団子のようになって暮らしたのがよかったのだと思う。

あまり会わずとも家族の絆みたいなものが色あせているようには感じないのは俺だけだろうか?

そういう下の妹も今年、42歳にして結婚することになったらしい。

晩婚の時代なんだね。

いまさら? と耳を疑ったが、するみたい。

子供を産みたいというのが一番の理由のようだが、果たしてできるんかいな?

照れ隠しにできんかったら、2~3年でもどってくるわ~~と、
フランクなことも申して居るが、是非、骨を埋める覚悟で、
生涯を共にしてほしいと思っている。

まあ、人生は、あっという間、悔いのないように生きてください。

お誕生日&婚約おめでとう。   

Posted by ゼモグループ at 16:28Comments(0)家族